2014.9.22 鷹の渡り前哨戦・矢倉岳・ハチクマ、サシバ、ノスリ

今日は矢倉岳に行って来ました。3回目の下見です。前回と前々回の反省を活かして準備は完璧です。
下見とは言いながら昨日はかなりの鷹がすでに渡りを始めているので、今日も飛んでくれることを期待しました。
ただ今日は朝のうちは空全体に薄雲が立ち込めていることや薄くガスがかかっていて視界が非常に悪かったので無理かなと思っていましたが、9時過ぎからは雲が晴れて視界も幾分良くなってきました。
視界が良くなってきた9時頃から渡りの鷹が現れ始めました。
まずはサシバでしたが、どうしたことか渡りをせずに矢倉岳の周辺を飛び回っています。時にはキッキッキッキッキとお猿のような声をあげて鳴きながら数羽で飛び回っています。
そうこうしているうちにサシバよりかなり大きな鷹が現れてダンスを始めました。
ノスリのダンスは見たことはありますが、こんなに大きな鷹のダンスは見たことがありません。
最初はクマタカかなと思いましたが、よく見るとハチクマです。このハチクマも矢倉岳の周囲を飛び回り出しました。
すると数羽で遊んでいたサシバとバトルが始まりました。

そんなこんなでビックリするような光景を見せてくれた後、鷹たちはそれぞれ富士山方向に向かって渡って行きました。

ほんの1時間ぐらいで、その後は2時まで粘りましたがサシバが1羽とノスリが1羽渡っていっただけでした。
でもとても充実した鳥見になりました。嬉しい。

ハチクマ、今日は2羽のハチクマが渡って行きました。
c0269342_18543002.jpg

c0269342_18545704.jpg

こちらはお友達のハチクマちゃんです。
c0269342_18551353.jpg

ハチクマとサシバのバトル。ハチクマ大きいですね。サシバが小さく見えます。
c0269342_01272694.jpg
c0269342_16560804.jpg
ハチクマのダンス。まずは急降下から。羽根をすぼめて一気に急降下します。時にはきりもみで急降下します。初めて見ましたが、すごくカッコ良いです。
c0269342_01322718.jpg
c0269342_17564340.jpg
止まる時は羽根を一気に広げて急ブレーキです。そしてまた上昇して急降下です。これを何度も繰り返してくれました。
c0269342_16593847.jpg
c0269342_01471314.jpg
c0269342_17592206.jpg
サシバ、今日は4羽のサシバが矢倉岳の周辺をキッキッキと鳴きながら飛び回っていました。
c0269342_13543298.jpg

いつもはゆったりと上昇気流に乗っていくサシバが今日は時にはハヤブサ並みのスピードで飛び回っていました。
c0269342_13444029.jpg
サシバのキッキッキと言う鳴き声も初めて聞きました。
c0269342_13593844.jpg
c0269342_13541191.jpg
c0269342_15164183.jpg
4羽のサシバが2羽づつ一緒に飛び回って、まるで戦闘機のドックファイトを見ているようでした。
c0269342_18091042.jpg
ノスリ、今日はサシバ君に押されておなとしかったです。
c0269342_14105273.jpg
ps.探鳥地情報・矢倉岳
今日は渡りの鷹が数羽だけでしたが、もう晴天の日であればたくさんの鷹が飛ぶと思います。例年よりも少し早いのでしょうか。
ここではたくさんの鷹を観ると言うよりも、たくさんの種類の鷹が上手く行けば1日で見ることが出来るところが魅力です。
渡りのサシバ、ハチクマ、ノスリ、ツミなどは勿論のこと、オオタカ、ハイタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、ミサゴ、クマタカまで見れることもあります。
しかもごく間近で見れるチャンスがあります。今日もハチクマが頂上の直ぐ横を飛び去って行きました。10mぐらいしか無かったと思います。去年はクマタカが同じように頂上の真上を飛んでくれました。

今年のピークはいつ頃になるでしょうか。私も後何度か行く予定です。
鷹見が初めてと言う方もこの時期であれば頂上にも鷹に詳しい人が居ると思いますので、いろいろ教えてもらえると思います。また、頂上まで登るのはちょっとと言う方には足柄万葉公園の東屋にも鷹見をしておられる方がたくさん居ますので、そちらでも十分鷹見が可能です。
興味のある方は一度行かれては如何でしょうか。但し、鷹は雨が降ったり曇りで視界が悪い時は飛びません。



[PR]
by kitachan0123a | 2014-09-23 01:41 | Mt.Yagura
<< 2014.9.24 待鳥来らず... 2014.9.21 秋探し・近... >>