2015.4.13 ここにも夏鳥・日向の渓谷・クロツグミ(There was a summer bird here)

今日は日向の渓谷に行って来ました。
カワガラスの雛ちゃんはまだ親にくっ付いて餌をおねだりしていました。でももうもう貰えません。
雨が降っていたので、オオルリやキビタキが来ていないか確認して帰ろうと歩いていると、遠くの方でぴょんぴょん飛びながら餌を探しているクロツグミを発見しました。
オオルリとキビタキはこの雨と寒さでじっとしているのか確認出来ませんでした。

クロツグミ、暗い遠いでボケボケです。こんな写真はボツなのですが、これしか無いのでごめんなさい。
Kuro-Tsugumi・Turdus cardis
c0269342_16172577.jpg
c0269342_16175389.jpg
ps.探鳥地情報・日向の渓谷

今日はオオルリとキビタキは確認出来ませんでしたが、多分もう来ていると思います。
まだだとしても今週後半に暖かくなれば間違いなく来ると思います。
クロツグミは林の中にメスも居たので、ここで営巣するかも知れません。
林道を歩いているとヤマドリが飛び出してきました。ヤマドリもそろそろ恋の季節でしょうか。
カワガラスの親鳥はまだ巣の中には餌を運んでいませんでした。今は抱卵中だと思います。

ここ日向の渓谷はカワガラスで有名ですが、オオルリやキビタキ、クロツグミも来て子育てをします。
今年は早いので来週には綺麗な囀りが聞けるのではないでしょうか。
私は早朝、夜明け頃から林道を歩くのが好きです。森や林から聞こえてくるオオルリやキビタキ、クロツグミの囀りはまるでコンサートを聞いているような、素晴らしい音色ですよ。是非足を運んで見ては如何でしょうか。

ps.徒然・雨の日の教訓

最近購入した防滴機能のコンデジが故障してしまいました。どうも修理が必要なようです。
多分、雨の中で使った後、きちんと拭かずに放置したことが原因だと思われます。
以前もデジ一眼で同じような事がありました。
どちらも防滴機能なので、小雨程度は大丈夫という触れ込みですが、安心してはいけません。

去年は雨の日に鳥見に出掛けるのが億劫で貴重な鳥見の機会を何度も逃したので、雨でも鳥見が出来るように色々グッズを揃えました。
これで今年は雨でも鳥見に出掛けるぞと意気込んで鳥見をしていますが、当たり前ですが精密機器であるカメラは大事に使わないとダメですね。
今更ながらですが、せっかく買った防水用のカバーをちゃんと付けて鳥撮りすることにします。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-13 16:33 | Hinatayakushi Hill
<< 2015.4.16 夏の衣装・... 2015.4.12 夏鳥来てま... >>