2015.10.22 待鳥来らず・真鶴岬・ヒヨドリ他(The bird which I was waiting did not come.)

一昨年、真鶴岬でヒヨドリの渡りの観察をしました。
その時はヒヨドリさんには申し訳ないのですが、ハヤブサの狩りの様子が凄くてとても印象に残りました。

そこで今回はヒヨドリさんには申し訳ないですが、ハヤブサをメインに観察しようと真鶴岬に行って来ました。
早朝7:30から観察を始めましたが、渡りのヒヨドリの数が少なかったのと、それが原因なのかハヤブサが現れません。
ヒヨドリ君にとってはとても安心して渡りが出来て幸いでしたが、私にはちょっと不本意な観察になってしまいました。

帰りにミサゴを見ようと神川橋に寄ってみましたが、こちらも姿を見せてはくれませんでした。

今日はハヤブサ君とミサゴ君に振られて待鳥来らずの1日でした。

今日の主役のヒヨドリ達です。海岸の林からどんどん出てきます。
Hiyodori・Hypsipetes amaurotis
c0269342_21051245.jpeg
海の上を飛んでいきます。
c0269342_21124235.jpeg
ハヤブサに襲われないように海面すれすれを飛んでいきます。
今回ハヤブサが来ないのでよく分かりましたが、ヒヨドリ達はとてもビビリで、カモメやカラスが近付いて来てもちょっとパニクリます。ハヤブサに最大限の警戒しているからですが、ちょっとビビリ過ぎです。
c0269342_21161994.jpeg
左上の群が渡って行きました。比較的小さな群で500羽ぐらいだと思います。
ハヤブサ君はこの岩の上で食事をして、そして待ち伏せします。
c0269342_21443465.jpeg
イソヒヨドリ、こちらは渡りはしないので鷹見の見物です。でも今日は鷹が来なかったけど。
Iso-hiyodori・Monticola solitarius
c0269342_21190842.jpeg
ノビタキ、1羽だけでしたが海岸の草むらに居ました。
Nobitaki・Saxicola torquata
c0269342_21272125.jpeg
c0269342_21310862.jpeg
c0269342_21381077.jpeg
ジョウビタキ、ここまで来ているので、もうすぐ近場の公園などにも来ますね。
Zyoubitaki・Phoenicurus auroreus Pallas
c0269342_21332114.jpeg
キアシシギの幼鳥
Kiashi-shigi・Tringa brevipes
c0269342_21221554.jpeg
ウミネコ、この風景に良く似合います。
Umineko・Larus crassirostris
c0269342_21285502.jpeg
こちらは神川橋のノスリです。
Nosuri・Buteo japonicus
c0269342_21242492.jpeg
ps.探鳥地情報・真鶴岬

まだ早いのか、それとももう遅いのか、渡りのヒヨドリの数が少なかったです。一昨年の5分の1ぐらいですかね。
早朝7:30から3時間ぐらい観察しましたが、ハヤブサも一度も姿を見せませんでした。
純粋にヒヨドリの渡りの様子を観察するには良いと思いますが、ハヤブサとの駆け引きも含めて観察したい場合は、今日のようにハヤブサが来ないとちょっと物足りないかも知れません。
でも海岸縁には色んな野鳥が居たので、それも含めてチャラと言ったところでしょうか。
ヒヨドリの渡りは例年なら10月いっぱいは観察出来るのですが、今年はどうでしょうか?

ps.探鳥地情報・神川橋

今日も午後からの観察なので午前中の状況は分かりませんが、一度も姿を見せてくれませんでした。
ここにミサゴが来るのは落鮎を獲るためなので、まだ落鮎が来ていないのだと思います。
今はもう少し上流の方で生きの良い鮎を獲っているのだと思います。
もう少し待ちましょう。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-22 22:01 | Manazuru Cape
<< 2015.10.25 冬鳥はま... 2015.10.21 冬の装い... >>