カテゴリ:Lake Miyagaseko( 101 )

2016.5.12 今日は声だけ・早戸川林道・コゲラ他

一難去ってまた一難。いや弱り目に祟り目。
最近ご無沙汰だったぎっくり腰が出てしばらく寝床生活でした。
多分、怪我の間の運動不足が原因していると思いますが、ちゃんと運動しておけば良かったと後悔しています。

やっと動けるようになったので近場の早戸川林道に行って来ました。
でも到着が遅く、鳥が全然出てきてくれません。
やっと見つけても林の奥深くか梢のてっぺんで見えない程高い位置です。
こんな時は囀りを聞くことにしているのですが、今日は囀りもなかなか聴けませんでした。
それでも一応オオルリ、キビタキ、クロツグミ、センダイムシクイなどの囀りを聞くことはできました。
サンコウチョウがそろそろ到着しているのでは無いかと思いましたが、今日は囀りは聞くことが出来ませんでした。

オオルリ、今日はこんな写真しか撮れませんでした。何時になったら新緑と夏鳥が撮れるのでしょうか。
c0269342_17024540.jpeg
コゲラ、近くに来てくれるのはコゲラぐらいです。皆んな子作りに忙しいのだと思います。
c0269342_17035817.jpeg
ps.今日の小笑い・キビタキの鳴き真似

野鳥が鳴き真似をすることは既知のことですが、キビタキも良く鳴き真似をします。
今日はキビタキがなかなか近くに来てくれないので、バードコールの替わりに口笛を吹いてみました。
すると親切なキビタキ君が私の下手くそな口笛に合わせてメロディーを奏でてくれます。
面白いので下手なりにも少しメロディーを変えて口笛を吹いてみると、今度も口笛に合わせてくれます。
キビタキ君は近くには来てくれませんでしたが、写真が撮れなくて悲観している私を慰めてくれました。

ps.野鳥の生態・帰巣本能

私は野鳥の帰巣本能について、ある仮説を持っています。
日本にやってくる夏鳥の多くは、自分が生まれた場所に戻ってきているのでは無いかと言うことと、生まれた場所に戻ってくるための目印は川では無いかと言うことです。
夏鳥たちは島伝いに、或いは大陸の海岸線伝いに北上し、自分の生まれた川の河口に到着すると、今度はその川を遡上して生まれた場所に戻って来るのでは無いかと言うことです。
私がよく探鳥する丹沢の場合は、多くの夏鳥たちが相模川と酒匂川を遡上してくるのだと思っています。

この仮説が正しければ、野鳥の営巣地までの経路になっている川の流域には、営巣地の候補になったり、野鳥の移動の時期には希少種が立ち寄ったりすると言うことになります。
例えば、コマドリの繁殖地として有名な山梨県の峠の場合は、私の仮説だと多摩川を遡上しているか、または富士川を遡上しているのだと思っています。
そこで、コマドリの観察場所を探す場合は、多摩川や富士川の流域や源流の中に生息に適した環境があればコマドリがいる可能性が高いということになります。

私はこの仮説の検証をライフワークとして取り組んでいきたいと思っています。

[PR]
by kitachan0123a | 2016-05-12 18:01 | Lake Miyagaseko

2016.4.26 年年歳歳・早戸川林道・オオルリ他

今年も林道に夏鳥たちが来てくれました。
時の流れは時には早く、また時には遅く、しかし綿々と続きます。
この地に来るオオルリ達もここで子育てし、親から子へ命を繋いでいきます。
私たち人類はこの悠久の自然を大切に次の世代に引き継いでいく責任があります。

オオルリ、お馴染みの朴の木でラブソングを奏でます。
c0269342_16515278.jpeg
c0269342_16521037.jpeg
c0269342_16574223.jpeg
キビタキ、隠れ上手で開けた場所には出て来てくれません。
c0269342_16523066.jpeg
クロツグミ、高い木で綺麗な歌声を聞かせてくれました。
c0269342_16525191.jpeg
センダイムシクイ、隠れ上手でちょこまか動き回ります。
c0269342_16571121.jpeg
ps.徒然・休止中の出来事

・悲しかった事 No.1(冬場の鳥見がほとんど出来ませんでした)

去年の暮れにバイクで交通事故をおこして、肋骨を4本も骨折してしまいました。
この年齢ではなかなか治らず、完治までに4ヶ月を要してしまいました。
治療中も鳥見には時々出掛けましたが、カメラを持って行けないのでイマイチ満足のいく鳥見にはなりませんでした。
やっと最近カメラ持参で鳥見に出掛けられるようになって、鳥見鳥撮りの楽しさを改めて実感しています。

今でも傷が時々痛みますが、事故の状況を考えれば、この程度のケガで済んで幸いでした。
八百万の神様に感謝して、折角助かった命を大切に、これからも鳥見鳥撮りを楽しもうと思っています。

・悲しかった事 No.2(写真を保管していたHDがクラッシュしました)

これまで撮り貯めた写真を壊れたHDに全て保管していたので、しばらくショックで力が入りませんでした。
多分、壊れたHDからデータを復旧してくれるサービスがあるので、依頼すれば復旧出来ると思いますが、これまでのブログを振り返ってよ〜く考えれば、それほど貴重な写真も無いことに気が付きました。

それよりも以前に撮った写真よりももっと良い写真を撮ろうと言う意欲が沸々と湧いてきました。
それと共に色んな探鳥地にもまた行って見たいと思うようになって、それを考えると今からワクワクしています。

・嬉しかった事 No.1(新しい趣味が出来ました)

事故のトラウマでしばらくはバイクに乗る気がしませんでしたが、傷の回復と共にバイクに乗る楽しさも蘇って、またバイクに乗りたいと思うようになりました。
でも原付バイクでは私が求める楽しさを味わうのは無理なので、もう少し大きなバイクに乗ることにしました。
とは言っても、大きなバイクに乗るには免許を取得する必要があります。

還暦でバイクの免許を取ってどうするのかとちょっと悩みましたが、バイクに乗りたいという気持ちが勝って、普通二輪ATの免許取得に挑戦することにして、四苦八苦いや七転八倒の末、やっと免許を取得することが出来ました。
これからはもうすぐ手元に届くビックスクーターを駆って颯爽とツーリング&鳥見に出掛けたいと思っています。
赤色のちゃんちゃんこの変わりは真っ赤なライダーズジャケットにするつもりです。

・嬉しかった事 No.2(自分のやりたい事が整理出来ました)

ブログ休止中に自分の趣味やブログについてよく考えてみました。

①私の趣味は野鳥の生態観察と野鳥の居る風景写真を撮影することです。これからもよろしくお願いします。

②てんこ盛りのブログは止めてHPを立ち上げて、コンテンツの一部をHPに移行する事にします。

本当は、今日のブログ再開までにHPの立ち上げを終わるつもりでしたが、ケガの回復が思いの外遅かったのでHPの公開はもう少し先になりそうです。
以下にコンセプトだけ書いてみます。HPは乞うご期待という事で公開に向けて頑張りたいと思います。

・Photo Gallary…鳥影(Shadow of the bird)
野鳥たちは私たちのすぐ側で影が見えるほど近くで生きています。
このギャラリーにはそんな鳥たちの何気ない姿を私の感動と一緒に切り取った写真を掲載します。

・Feeld Note…鳥跡(Footprint of the bird)
フィールドに出掛けて野鳥たちの生活を少しだけ覗かせてもらいます。
このフィールドノートではその野鳥たちの生活の様子を野鳥たちの足跡として記録します。

・Bird-watching place introduction…鳥瞰(bird's-eye view)
鳥たちは探鳥地を空からどのように見ているのでしょう。
この探鳥地紹介では人間の目線からだけでなく野鳥たちの目線で見た観点でも探鳥地を紹介します。

[PR]
by kitachan0123a | 2016-04-26 17:22 | Lake Miyagaseko

2015.10.26 気持ちの良いお散歩・早戸川林道・ジョウビタキ(Comfortable walk)

今日は早戸川林道に行って来ました。厚着をすると汗をかくくらいの暖かさでした。
まだこの気温では冬鳥は来ないかも知れませんね。寒波が来てぐっと気温が下がるような日があれば冬鳥たちが来てくれると思いますが、まだ先になりそうです。
今日は小鳥がとても少なくてお散歩だけの鳥見になりました。でもとても気持ちの良いお散歩でした。

ジョウビタキ
Zyobitaki・Phoenicurus auroreus Pallas
c0269342_19074632.jpeg
c0269342_19092956.jpeg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

前回行った時からまだ数日しか経っていないのであまり様子は変わりません。
紅葉もまだまだで『紅葉&鳥見』を楽しむのはもう少し先が良さそうです。
次回も1週間以内には出かける予定なので次回の観察報告を待ってください。

ps.探鳥地情報・里山公園

最近、ちょこちょこ茅ヶ崎里山公園に出掛けていますが、結構たくさんの皆さんが来ています。
水場でキビタキを待っている人がほとんどですが、先日は池にオシドリが来ていたそうで、ジョウビタキももう到着しているようです。
これからはルリビタキ、シメ、カシラダカ、ビンズイなどが到着すると思いますが、トラツグミやクイナ、アリスイなどにも期待したいと思います。
また移動途中でウソ、ミヤマホオジロなども立ち寄ることがあるので、こちらも楽しみです。
猛禽もノスリがまた来てくれると思いますが、オオタカの枝止まりも期待したいと思います。

環境は必要以上に手を入れられていた時期よりはかなり自然が残っていて野鳥が生息しやすくなっていると思います。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-26 19:27 | Lake Miyagaseko

2015.10.21 冬の装い・早戸川林道・ジョウビタキ他(The winter clothing)

今日は寝坊したので遠出はやめて早戸川林道に行って来ました。
予報が外れて曇天で鳥の活動が鈍っていて、全然出てきてくれません。
でも、今日は今シーズン初見のジョウビタキがちょっとだけ顔を出してくれました。ありがとう。夏鳥とは違ってちょっとシックな冬の装いで、とても落ち着くジョウビタキさんです。
帰りに権現山に寄ったらキビタキが何度も水場に来てくれました。

ジョウビタキ、待ってました。
Zyoubitaki・Phoenicurus auroreus Pallas
c0269342_19295998.jpeg
c0269342_19374981.jpeg
c0269342_19404573.jpeg
メスのジョビ子ちゃんもとてもチャーミングです。
c0269342_19323800.jpeg
キビタキ、この時期は仲良しです。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_19345239.jpeg
c0269342_19443197.jpeg
c0269342_19482983.jpeg
キビメスちゃんもまだ居ます。
c0269342_19520521.jpeg
エゾビタキもまだ居ました。
Ezobitaki・Muscicapa griseisticta
c0269342_19560012.jpeg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

まだ冬鳥はジョウビタキだけですね。ジョウビタキも1箇所だけでまだまだ少ないです。
今週末になればもう少し個体数も増えると思いますが、来月に入ってからの方が確実かも知れませんね。
ジョウビタキの次に来るのはルリビタキとベニマシコですね。後2週間ぐらい先だと思いますが、来週も観察報告します。

ps.探鳥地情報・権現山

キビタキがまだたくさん残っています。11月初旬まで残っていた年もあるので、上手く行けば夏冬ツーショットが撮れるかも知れませんね。
すでにシメが来ているので、シメとのツーショットが期待できますね。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-21 20:04 | Lake Miyagaseko

2015.8.15 今日はノーシャッター・早戸川林道

今日は朝田んぼを一回りして、何も居なかったので久し振りに早戸川林道に行って来ました。
金沢林道も歩いてみましたが成果なしで、淡い期待を裏切られてノーシャッターでした。
本当は今日の狙いはジュウイチの幼鳥探しでしたが、こんなに遅くなってからでは駄目ですね。巣立ちしたてのジュウイチを見付けたいのなら7月中に来ないと無理ですね。
宮ヶ瀬湖ではもう遅いので、今度は富士山周辺まで探しに行こうと思っています。

今日は写真が無いので在庫を載せさせて頂きますが、前からどうしてもジョークで載せたいものがあったのですが、お叱りのコメントが届くと思って我慢していたのですが、暑さで頭がおかしくなってしまったので載せちゃいます。

最初に謝っておきます。鳥さんごめんなさい。洒落なので勘弁してください。
それと洒落の分からない人は読まないでください。
それと、この写真は宮ヶ瀬湖で撮ったものではありません。

タイトル:脇臭い

『誰かの脇臭いぞ』

『え、俺』
c0269342_18163882.jpg
『クンクン、俺じゃねえよ』
c0269342_18173402.jpg
『セーフ』
c0269342_18182595.jpg
『え、私』
c0269342_18192270.jpg
『クンクン、私じゃないわよ』
c0269342_18195863.jpg
『プンプン、失礼ね』
c0269342_18203182.jpg
『私、本当に』
c0269342_18221750.jpg
『クンクン、クンクン、ごめんなさい。ちょっと臭いかも』
c0269342_18235098.jpg
『クンクン、こっちは大丈夫なんだけど』

『そんな問題じゃねーよ』
c0269342_18245214.jpg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

ここで営巣するオオルリ、コサメビタキ、クロツグミ、キビタキ、サンコウチョウ、ヤブサメなどの子育ても終わって、鳥がなかなか姿を見せてくれません。
今年生まれの幼鳥達がたくさん居る筈ですが、こちらも中々見つけられません。
でも、夏鳥の移動がそろそろ始まっているので、宮ヶ瀬湖周辺でも移動途中に珍しい鳥が立ち寄ることがあって、サプライズが期待出来るのもこの時期です。8月下旬からですね。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-08-15 19:02 | Lake Miyagaseko

2015.6.24 鳥はたくさん居ますね・早戸川林道・センダイムシクイ他(There are a lot of birds)

今日は久し振りに早戸川林道に行って来ました。
探鳥地も色々知ってくると、段々楽して鳥撮り出来るところばかり行ってしまいます。
ここはこの時期、鳥を見つけ難いのと、歩く距離が長いことと、ヤマビルが出るので敬遠されがちですが、鳥はたくさん居ます。
今日も林道に入るとすぐにサンコウチョウが鳴いていました。すぐその後にキビタキがクロツグミも居ます。遠くからはオオルリの囀りも聞こえます。センダイムシクイがすぐ側で鳴いています。
と言う具合に、鳥はたくさん居るのですが、姿を見せてくれません。
今日も残念ながら、写真はほとんど撮れませんでした。撮った写真はピンボケばかりです。情けないです。

センダイムシクイ、ピンボケですがこれしかありません。
Sendai-Mushikui・Phylloscopus coronatus
c0269342_18124646.jpg
数羽の群れで一緒に行動していたので、これはおチビちゃんかも知れません。
c0269342_18141652.jpg
キビタキ、これはまだ巣立ち直後のおチビちゃんですね。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_18152385.jpg
これはキセキレイのおチビちゃんですね。
Ki-Sekirei・Motacilla cinerea
c0269342_18160244.jpg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

鳥はたくさん居ますが見付けるのがとても難しいです。
夏鳥の雛がもう巣立っているので、幼鳥は警戒心が弱いので出会えるチャンスがありますね。
でもヤマビルが今年は多いような気がします。
今日は雨の後だったので尚更かも知れませんが、とうとう吸い付かれてしまいました。
おまけに気が付かずに家まで持って帰って来ました。Tシャツがが血だらけになって、まだ血が止まりません。
ここ数年あまり見かけていなかったので油断してしまいました。くれぐれも用心してください。

ps.今日の小笑・蛇踏んじゃった

ここで探鳥するといつも上を向いて歩くので首が痛くなります。
今日もほとんど下を向かずに上ばかり向いて鳥を探していると、何かゴムのような感触の物を踏みつけました。
何かと思って下を向くと何と2mを超えるぐらいの大きな蛇が足元にいます。しかも頭を持ち上げて振り返っています。
心臓が止まりそうなぐらい驚きましたが、すぐにジャンプして遠のきたかったのですが、日頃の運動不足からほとんど飛び上がれずに、今度は着地した時に思いっきり蛇を踏みつけてしまいました。
流石にたまったもんじゃないと、今度は蛇が飛ぶように逃げて行きました。

蛇は人間が見えているようで、案外見えていないのかも知れません。
皆さんもくれぐれも蛇にご用心ください。

今日はヤマビルといい、笑えない小笑でした。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-06-24 18:40 | Lake Miyagaseko

2015.4.24 渓谷に響き渡る・早戸川林道・オオルリ(It echoes in the ravine)

今日は早戸川林道に行って来ました。
林道に入るとすぐにオオルリの綺麗なさえずりがお出迎えです。
少し進むと今度はキビタキがさえずります。
川を渡ってトンネルを抜けるとクロツグミがさえずっています。
今日の林道は鳥たちのコンサートホールになっていました。
さらに先に進んで、いつも釣りをしている私の写真の師匠と少しお話しして、今度は綺麗な写真を撮るために金沢林道に行ってみました。

金沢林道は川沿いを進む林道で、今日はオオルリのさえずりが渓谷に響き渡っていました。

オオルリ、渓谷のひんやりした空気まで写真で伝えるにはまだまだ修行が必要です。
Oruri・Cyanoptila cyanomelana
c0269342_21545197.jpg

せっかく綺麗な景色の中に居たのですが、その感動を伝えるためにはこちらもまだまだ修行が必要です。
c0269342_21124275.jpg
近くに来てくれたオオルリ君の口笛を吹いたようにさえずる時の顔。
c0269342_21173378.jpg
色も綺麗ですね。新緑によく映えます。
c0269342_21180351.jpg
ps.探鳥地情報・早戸川林道、金沢林道

オオルリがとてもたくさん居ました。でもメスは中々見つけられません。
キビタキも数ヶ所で観察しました。低い場所にも来てくれるようになりました。
クロツグミは毎年来てくれている定位置に今年も来てくれて、木のてっぺんでさえずって居ました。
金沢林道ではオオルリが綺麗な背景の中でさえずってくれます。オオルリの絶好の撮影ポイントです。

ps.徒然・誕生日プレゼント

昨日の鳥見で偶然にとても珍しい鳥と出会いました。
私は1年に150日ぐらい鳥見に出かけますが、珍鳥のたぐいのレアな鳥に出会うのは1年に1度あるか無いかです。
今年は昨日の出会いがそれだったとすれば、この後は珍鳥にはもう出会わないと思っていた方が良さそうです。
ちょうど昨日は私の誕生日だったので、鳥の神様からのプレゼントだったのかも知れません。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-24 21:26 | Lake Miyagaseko

2015.4.18 梢で囀る鳥たち・早戸川林道・オオルリ(Birds sing at a treetop)

今日は早戸川林道に行って来ました。オオルリとクロツグミ、キビタキの綺麗な写真が狙いです。
今日は車が無いので公共交通機関でお出掛けです。
私の家からは全て神奈中バスで行けるので、1日フリーパス1050円で大丈夫です。

オオルリは梢で囀る姿をたくさん見ることが出来ました。
キビタキは何ヶ所かで確認出来たので個体数はかなり増えたと思いますが、中々見える場所に出て来てくれません。
クロツグミは残念ながら見つけることが出来ませんでした。

オオルリ、良い感じです。
Oruri・Cyanoptila cyanomelana
c0269342_19044711.jpg
同じような写真ばかりですが。
c0269342_17475755.jpg
c0269342_17473920.jpg
c0269342_17483853.jpg
キビタキ、ちょっと遠いですが。
Ki-Bitaki・Ficedula narcissina
c0269342_17493127.jpg
隠れ上手なセンダイムシクイ。今度は綺麗に撮って来ます。
Sendai-Mushikui・Phylloscopus coronatus
c0269342_17500135.jpg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

今日は早戸川林道、金沢林道を回って見ました。
早戸川林道ではキビタキとセンダイムシクイを金沢林道ではオオルリを観察しました。
かなり数は増えましたが、まだピークの数にはなっていないと思います。
これから期待したい鳥はサンショウクイ、コサメビタキ、少し先になりますがサンコウチョウなどになりますが、ジュウイチやコマドリとの出会いも期待したいと思います。
GWとその前後が一番良い時期だと思います。是非早朝から出掛けて見てください。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-18 18:08 | Lake Miyagaseko

2015.4.12 夏鳥来てます・早戸川林道・センダイムシクイ(A summer bird comes)

今日は夏鳥探しに早戸川林道に行って来ました。
鷹の渡りの観察にしようか散々迷いましたが、各地から届いている夏鳥初認の観察報告を聞いて我慢できずに早戸川林道にしました。
写真は撮れませんでしたが、オオルリ、センダイムシクイ、キビタキ、クロツグミがすでに来ていることが確認出来ました。

センダイムシクイ、綺麗な場所には出てきてくれません。
Sendai-Mushikui・Phylloscopus coronatus
c0269342_21074351.jpg
オオルリ、雰囲気だけの写真。次回は綺麗に撮るぞ。
Ohruri・Cyanoptila cyanomelana
c0269342_21080224.jpg
ベニマシコ、何ヶ所かでまだ居ました。今季は近くで写真を撮れませんでしたが、今日はすぐ目の前に来てくれました。
Beni-Mashiko・Uragus sibiricus
c0269342_21084689.jpg
c0269342_21093688.jpg
c0269342_21102280.jpg
c0269342_21110121.jpg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

オオルリ、センダイムシクイ、キビタキ、クロツグミなどの夏鳥が来ています。
去年よりも早いですね。
でもキビタキやオオルリ、クロツグミはまだ数個体だと思います。センダイムシクイはそこここで囀っているのでもうたくさん居ると思います。
まだ個体数が少ないので、縄張りの主張や求愛の囀りは短くて、数分鳴いてすぐに鳴き止んで、もう鳴かないので探すのが大変です。
観察に出掛けるのは、もっとたくさん夏鳥が来てからの方が良いですね。
今週後半にまた行くので報告します。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-12 21:18 | Lake Miyagaseko

2015.3.12 春を待つ鳥たち・ミソサザイ、コゲラ(Birds waiting for spring)

今日は久し振りに早戸川林道に行って来ました。
この時期は冬鳥も移動を始めているので、これからの鳥見の下見です。
今年は野鳥の求愛行動を観察するのを目標にしていて、ミソサザイの求愛ダンスを是非見てみたいと思っていて、その観察場所の候補を探しに行きました。

林道に残っている冬鳥はジョウビタキとウソだけで、ルリビタキやベニマシコはもう移動してしまったようです。
ミソサザイとコゲラ、カワガラスがもう巣作りを始めていて、春が待ち遠しいようでした。

ミソサザイ、巣材を運んでいます。巣は数ヶ所作って一番気に入った巣で子育てします。
Misosazai・Troglodytes troglodytes
c0269342_19171117.jpg
この近くに巣は何ヶ所かあって、それぞれの場所に巣材を運んでいました。全部の巣を一度に作るんですね。
c0269342_19172081.jpg
コゲラ、巣穴を開けています。
Kogera・Dendrocopos kizuki
c0269342_19191739.jpg
コゲラはいつ見ても巣穴を全部自分で掘っていますね。
c0269342_19190842.jpg
ジョウビタキ、一番最初に来て一番最後に帰って行きます。
Zyou-Bitaki・Phoenicurus auroreus Pallas
c0269342_19221824.jpg
ウソ、林道はウソだらけです。犬も歩けばウソに当たるぐらいです。
Uso・Pyrrhula pyrrhula Linnaeus
c0269342_19225369.jpg
今年は多過ぎて人気薄ですね。でも去年は一度も見ることが出来ませんでした。
c0269342_19595636.jpg
ps.探鳥地情報・早戸川林道

この時期は冬鳥も移動を始めているので、留鳥ばかりで珍しい鳥はいませんが鳥はたくさんいます。
夏鳥が見られるようになるのは4月中旬頃からなので、それまでは留鳥だけになりますね。
でも珍しい夏鳥が移動の途中で立ち寄ることがあるので、嬉しい出会いがあるかも知れません。

ps.探鳥地情報・湘南平

レンジャクまだですね。昨日夕方見に行きましたがレンジャクはまだ居ませんでした。
桜は満開です。
去年と一昨年はは15日前後に飛来したので、もう間も無くだと思います。

ps.探鳥地情報・こども自然公園

梅絡みのルリビタキ、ジョウビタキなどを楽しみにしていましたが、先日行ったらもう冬鳥は居ませんでした。
梅絡みで狙えたのはメジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラ、エナガでした。ちょっと残念。
トラツグミにも会えませんでした。今年はもうトラツグミには会えないようです。かなり残念。

ps.探鳥地情報・日向薬師

カワガラスの巣作りはまだでした。
ミソサザイは巣作りを始めていました。
さえずりを始めていましたが、まだ1,2度さえずるだけです。練習ですね。
声は綺麗になっていましたが、声量はまだまだですね。本格的にさえずりを始めると清流の音よりも大きな声でさえずりますが、まだ清流の方が大きな音でした。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-03-12 19:37 | Lake Miyagaseko