カテゴリ:Yanagisawa Mountain( 3 )

2016.7.8 声だけで姿が見えず・柳沢峠・ウグイス他

今年コマドリの時期に行けなかった柳沢峠に行って来ました。
コルリやキビタキはすぐ近くで鳴いてくれるのですが姿を見せてくれません。コマドリも遠くから声が聞こえるだけです。
近くに来てくれたのはウグイスのお子ちゃまとカケス、コガラだけでした。
でも、思ったよりも涼しくて快適な鳥見になりました。

ウグイス、嘴がまだ黄色いのでお子ちゃまでしょうか。
c0269342_09150026.jpeg
最近鳥撮りに行っても写真が撮れなくてストレスが溜まっています。
c0269342_09155257.jpeg
カケス、この辺りが縄張りなのでしょうか。行ったり来たりで何度も顔を出してくれました。
c0269342_09162377.jpeg
c0269342_09173351.jpeg
ps.探鳥地情報・柳沢峠

ここはゴールデンウィークの前後がコマドリやコルリを観察する良い時期ですが、コマドリやコルリは夏場でもまだこの場所に居るので、運が良ければ会えるかも知れません。
今日はオオアカゲラ、マミジロ、キバシリを探しに来たのですが全滅でした。
観察した野鳥はアカゲラ、コゲラ、キビタキ、ミソサザイ、ゴジュウカラ、カケス、ウグイス、クロジ、キセキレイ、ホトトギス、アオジ、声だけはコルリ、コマドリ、マミジロなどでした。
夏場で鳥見に行く所がなくて困っている人は運試しに出掛けてみるのも良いかも知れません。

ps.野鳥の生態・夏鳥の移動ルート

柳沢峠に来る夏鳥は富士川を遡上してくるか、多摩川を遡上してくるか2つのルートでやって来るのではないかと考えています。
まあ勝手に予想しているだけで証明のしようもありませんが、色んな野鳥の生息地や目撃情報を考えると当たらずとも遠からずと言ったところでしょうか。

昨日は柳沢峠の帰りに身延町に寄ってくるつもりだったのですが、ちょっと体調が悪かったので寄らずに帰りました。
身延町には何があるのかと言うと、身延町はブッポウソウの保護活動をしているのですが、ここ数年繁殖の痕跡があると言うことで、もしかしたらブッポウソウに会えるのではないかと言うことで寄ってみたいと思っていました。

ブッポウソウは昔は多分日本のほとんどの川に飛来して繁殖していたのだと思いますが、今は私の近くでは天竜川沿いと信濃川沿いに人工の巣箱で細々と繁殖しているのが実情です。
もし身延町で繁殖が進めば、富士川沿いにもブッポウソウがたくさん飛来して繁殖することになって、とても喜ばしいことです。
ブッポウソウの保護活動は、天竜川でも信濃川でも1ヶ所だけで保護活動をしている訳ではなく、川の流域の複数の場所で実施していて、繁殖場所も複数で確認されています。
富士川流域でも身延町だけでなく、もう少し広域で保護活動が実施されればブッポウソウの繁殖地ももっと増えるのではないでしょうか。

[PR]
by kitachan0123a | 2016-07-09 09:24 | Yanagisawa Mountain

2015.4.28 普段聞けない囀りがたくさん聞けました・峠・コマドリ他色々(A lot of songs not to usually listen to listened)

昨日は超早起きしてちょっと標高の高い峠に行って来ました。
圏央道が開通したおかげで去年は4時間かかりましたが、今年は2時間で行くことが出来ました。すごい。
早起きしたことと、すごい回数シャッターを押してしまったので昨日中にブログの更新が出来ませんでした。

早朝5時に駐車場に着くともうコマドリの囀りが聞こえます。ミソサザイも盛んに囀っています。コルリの囀りも聞こえます。
昨日は私が普段行っている探鳥地では聞くことが出来ない鳥たちの囀りをたくさん聞くことが出来てとても満足の鳥見になりました。

コマドリ、オス、メス両方居ましたが、メスは開けた場所にはでてきてくれませんでした。
Komadori・Erithacus akahige
c0269342_08035773.jpg
藪の中では盛んにさえずってくれるのですが、開けた場所では囀ってくれません。
コマドリの囀りは本当に綺麗な声で誰でもうっとりしてしまうと思います。
c0269342_08044817.jpg
c0269342_13314762.jpg
これは遠くに来てくれたメスのコマドリちゃんです。
c0269342_13164475.jpg
コマドリはこの時期に南方から渡って来て、標高がだいたい1000m以上2000m以下で沢が近くにある笹薮に居ます。
c0269342_08073034.jpg
求愛の囀りは尾羽をピンと上げるのですが、本気の囀りの時は写真よりももっと尾羽を広げます。
c0269342_08100525.jpg
笹薮の中で羽繕いをしています。
c0269342_08122487.jpg
コルリ、コルリもメスは居ましたが開けた所には出て来てくれませんでした。
Koruri・Luscinia cyane
c0269342_08134341.jpg
コルリ、あっという間に近くに来るので引いた写真が撮れません。
c0269342_08144284.jpg
コルリ、足が長くてスマートです。
c0269342_08181074.jpg
c0269342_13173425.jpg
c0269342_13393454.jpg
ゴジュウカラの囀りもここに来ないと中々聞けません。
Gozyuukara・Sitta europaea
c0269342_08201529.jpg
c0269342_13500344.jpg
求愛の給餌が観れました。ゴジュウカラはこの近くで営巣するのだと思います。
c0269342_08214115.jpg
クロジ、何故か警戒心が無くて開けた場所にも出て来てくれます。
Kuroji・Emberiza variabilis Temminck
c0269342_08225405.jpg
c0269342_13595839.jpg
今年は冬場に見ることが出来なかったので出会えて嬉しかったです。
c0269342_08242452.jpg
キビタキの囀りもとても綺麗です。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_08264230.jpg
私はキビタキが大好きなのでとても嬉しかったです。
c0269342_15043428.jpg
正面もイイですね。
c0269342_15051055.jpg

横もイイですね。
c0269342_15053941.jpg

背中の黄色もイイですね。
c0269342_08280313.jpg
光の具合が良い感じです。
c0269342_18470438.jpg

スッキリした背景で好きです。
c0269342_15035875.jpg
キバシリも来てくれました。見つけるのが遅くて写真はダメでした。
Kibashiri・Certhia familiaris
c0269342_08295341.jpg
キバシリの目を出すのはとても難しいですね。私の腕では無理です。
c0269342_08303612.jpg
こんな色なので見つけるのはたいへんです。
c0269342_13181087.jpg
コガラの囀りを始めて聞きましたがとても可愛い囀りでした。
Kogara・Poecile montanus
c0269342_08314808.jpg
コサメビタキ、目がとても可愛いです。
Kosamebitaki・Muscicapa dauurica
c0269342_08345561.jpg
c0269342_08360036.jpg
アオジ君も居ました。
c0269342_13191633.jpg
人気薄でしたがソウシチョウも居ました。
c0269342_13200085.jpg
ps.探鳥地情報・ちょっと標高の高い峠

もうメンバーは勢揃いです。
連休中は週末バーダーの皆さんがたくさん来ると思いますので、譲り合って鳥撮り楽しんでください。
もし撮影場所が空いていなかったら、キバシリが近くに来てくれるので見つけてみてください。
それとキビタキやゴジュウカラは近くの木にも止まってくれるのでこれを狙いましょう。
コサメビタキも近くの木に止まります。コガラは木に止まって可愛い声で囀ります。
撮影場所が空いてなくても楽しむ方法は色々あります。

最後に何時もお世話いただいている皆様には本当にありがとうございます。
今年も楽しく鳥撮りさせて頂きました。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-29 09:03 | Yanagisawa Mountain

2014.5.8 柳沢ミュージアム・柳沢峠・コマドリ、コルリ、クロジ、ゴジュウカラ、他色々

今日は柳沢峠に行ってきました。
柳沢峠はまるでミュージアムのようで、そのミュージアムに小鳥達が出演しているようでした。
小鳥達は舞台に上がりお立ち台に乗って色んなポーズをとってくれます。中には綺麗な声で鳴いてくれる子もいます。
演技が終わるとジャニーズが客席の真上を飛んで行くように、小鳥達も私たち観客の頭のすぐ上を飛び去って行きます。
観客達はその度に歓声を上げて喜びます。観客達は喜んだり、悔しがったり、笑ったり、まるでミュージカルを見ているようです。

自然を楽しむ鳥見なので、柳沢峠は人工的な感は否めませんが、こんなに楽しい鳥見が出来るなら、たまには良いのではないでしょうか。

コマドリ、1番人気です。あの綺麗なさえずりを聞けば1番人気なのは分かる気がします。
c0269342_21481924.jpg
1番頑張ってさえずる時は尾羽をピンと上げて、口を最大限に開きます。
c0269342_21472189.jpg
足が結構長いです。スマートです。ツグミの仲間なんです。
c0269342_21480053.jpg
こちらはメスのコマドリちゃんです。オスよりも色が少しだけ薄いです。
c0269342_17533168.jpg
コルリ、何度も来てくれました。
c0269342_12061860.jpg
枝に止まってじっとして様子を伺います。
c0269342_12065863.jpg
地面では忙しなく動きます。
c0269342_12073578.jpg
こちらはメスのコルリちゃんです。
c0269342_22292043.jpg
コルリちゃんが怒っています。プレゼントを持って行かなかったので、コルリ君のプロポーズは失敗です。
c0269342_22283078.jpg
私との距離およそ1.5m。全く人を怖がりません。迷彩服なので落葉か倒木のように見えたのかな。
c0269342_22275530.jpg
ゴジュウカラ、今日のゴジュウカラ君はプロポーズ大作戦です。美味しそうなプレゼントを渡しています。
c0269342_22262294.jpg
メスがお尻をお刻みに震わせます。オスはその仕草を見ると餌を渡したい衝動にかられるのだと思います。
マリリンモンローのモンローウォークのように男子を虜にします。
c0269342_22271694.jpg
枝の上を上下左右に上手に歩きます。下向きに歩けるのは鳥界でもゴジュウカラだけです。
c0269342_12142341.jpg
c0269342_12144209.jpg
キビタキ、まだ色が綺麗じゃないので若い成鳥だと思います。2,3年経つと見惚れるほど綺麗な色になります。
c0269342_22332939.jpg
キビタキ君はここでも人間とは一定の距離を保っています。
c0269342_22341312.jpg
クロジ、何度も顔を出してくれました。ただの黒ではありません。青みがかった黒色で本当に綺麗ですね。
c0269342_11292691.jpg
この時期にクロジが見られるのは標高が高い柳沢峠ならではですね。後ろに写っているソウシチョウも標高が高くないと見れないですね。
c0269342_11321480.jpg
アカハラ、ここで繁殖するのでしょうか。
c0269342_11512086.jpg
c0269342_11514429.jpg
カケス、顔が怖いのは誰かを怖がらせるためでしょうか。
c0269342_22313620.jpg
警戒心が強いので普段見かけても直ぐに居なくなりますが、ここには餌があるのでしばらくは居てくれます。
c0269342_11362505.jpg
ソウシチョウ、プラモデルじゃないよ。
c0269342_22323357.jpg
餌を置くと真っ先に取りに来ます。気性も荒いし生命力が強いですね。
c0269342_11441463.jpg
ひどい写真ですがオオアカゲラも居ました。写真はオスですがメスも居ました。
多分つがいだと思いますが、メスはキョッキョッと鳴いてオスを呼んでいるようでした。
c0269342_15040293.jpg
ps.探鳥地情報・柳沢峠
標高が1400mぐらいあるので、コマドリなど平地では見ることが出来ない野鳥が観察できます。
探鳥場所は柳沢峠付近にある林道ですが、バーダーの皆さんのために写真を撮りやすいようなお世話をしてくれる方がおられて、林道の一部に写真撮影用のスタジオを作って、風景作りやまき餌、写真撮影場所の交通整理までしてくれます。
このような行為には賛否ありますが、ブログやメールでは真意が伝えられないので書かないことにします。
見られる野鳥はブログで紹介した以外にもキバシリやミソサザイなども見ることができます。
スタジオになっている場所ではコマドリやコルリ、クロジ、ゴジュウカラなどが手に取るように近くで観察出来ます。双眼鏡が無くても肉眼ではっきり観察出来ます。写真も誰が撮っても綺麗な写真を撮ることが出来ます。
今度はスタジオでは無く、林道を散策してキバシリやオオアカゲラなどを探しに行こうと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-05-08 22:42 | 柳沢峠