カテゴリ:その他( 20 )

2015.10.9 紅葉の下見・富士山五合目・ホシガラス他(Preliminary inspection of colored leaves)

東北や北関東から紅葉の便りが届いています。
私の周辺では箱根や山中湖辺りから紅葉が始まりますが、まだ少し先です。
そこで今日は一足早く紅葉を見ようと思って、富士山五合目の奥庭に行って来ました。
この標高なのでもみじの赤い紅葉ではなく針葉樹林の黄色く色付く紅葉を楽しんできました。
野鳥は奥庭の水場にたくさんの小鳥がきてくれて、とても楽しい1日でした。

ホシガラス、お中道で紅葉を見ていたらすぐ近くに来てくれました。
Hoshi-garasu・Nucifraga caryocatactes
c0269342_23353520.jpeg
c0269342_23360389.jpeg
水場には何度も来てくれました。
c0269342_23371515.jpeg
c0269342_23381233.jpeg
c0269342_23391799.jpeg
ウソも何度も来てくれました。
Uso・Pyrrhula pyrrhula Linnaeus
c0269342_23402183.jpeg
c0269342_23411059.jpeg
メスに怒られています。
c0269342_23415740.jpeg
水場の近くのナナカマドの実を食べに来ます。
c0269342_23423880.jpeg
食いしん坊なので口いっぱい頬張ります。
c0269342_23431676.jpeg
カヤクグリも来てくれました。
Kayakuguri・Prunella rubida
c0269342_23442528.jpeg
ちょっと地味ですが高山に来ると会いたい野鳥です。
c0269342_23451897.jpeg
ほっぺのシワがトレードマークです。
c0269342_23461896.jpeg
ルリビタキは引っ切り無しに来てくれます。
Ruribitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_23481328.jpeg
c0269342_23502156.jpeg
c0269342_23491770.jpeg
コガラも可愛い声で鳴きながら来てくれます。
Kogara・Poecile montanus
c0269342_23514023.jpeg
c0269342_23524796.jpeg
c0269342_23534314.jpeg
ヒガラはさっと来てさっと帰ります。中々ゆっくり見せてくれません。
Higara・Periparus ater Linnaeus
c0269342_23543123.jpeg
お中道の紅葉
c0269342_23591589.jpeg
ps.探鳥地情報・富士奥庭

朗報です。スバルラインが平日無料です。たまには休暇を取って平日に行くのも良いのではないでしょうか。
紅葉はもうかなり進んでいます。来週いっぱいが見頃かも知れません。
富士山は人気なので人も車もいっぱいです。出来るだけ早めに行くのが良いでしょう。
水場にはまだ野鳥がたくさん来てくれます。
もう少し寒くなると徐々に標高を下げていくのだと思いますが、まだ居ます。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-10 00:09 | その他

2015.8.2 遅ればせながら雛ちゃんに会ってきました・近場色々・アオバズク(I met a fledgling though a little too late)

愛車が届きました。
まだじゃじゃ馬のようでとても愛車と呼べませんが、練習して早く信頼関係を築きたいと思います。
試運転も兼ねて近場をあちこち探鳥しました。やはりとても便利でフットワークが良くなりました。
でもまだ重い機材を運ぶ自信が無いのでしばらくはお散歩コンデジです。

今日は公園と神社のアオバズクと平塚田んぼ、蟹ヶ谷公園に行って見ました。
遅ればせながら神社で可愛いアオバズクの雛ちゃんを見ることが出来ました。

アオバズク、一家で羽繕い。
多分羽繕いしているのがしっかり者のお姉ちゃで、下から覗いているのがわんぱくな弟だと思います。
Aobazuku・Ninox scutulata
c0269342_15184284.jpg
c0269342_15254641.jpg
寝ている雛ちゃん
c0269342_15204444.jpg
眠たい雛ちゃん
c0269342_15213728.jpg
あくびの雛ちゃん
c0269342_15222683.jpg
伸びの雛ちゃん、はみ出しちゃいました。
c0269342_15232776.jpg
兄弟?姉妹?仲良くキョロキョロ
c0269342_15243265.jpg
お母さん?お父さん?
c0269342_15265516.jpg
蟹ヶ谷公園の蓮
c0269342_15465097.jpg
ps.探鳥地情報・湘南のアオバズク

公園も神社も同じ時期に巣立っているので成長も同じくらいだと思います。
公園のアオバズクは見付けられなかったので報告出来ませんが、神社のアオバズクはまだしばらくは居ると思います。
大磯のアオバトとハヤブサも来ているようなので、この時期の湘南名物巡りがお薦めでしょうか。
でも今年はタマシギが見つからないのでちょっと残念です。タマシギはもう少し先ですね。

ps.探鳥地情報・蟹ヶ谷公園

かなり遅ればせながら蓮カワセミが撮れればと思って行って見ました。
CMは誰一人居ませんでした。この炎天下に蓮カワセミは無理ですね。早朝か夕方でないと病気になります。
蓮はまだたくさん残っているのでカワセミの機嫌次第ですが、今年は花になかなか乗ってくれないようです。

ps.探鳥地情報・平塚田んぼ

今日もタマシギもオオジシギも見付けられませんでした。
もっとも暑くて時間をかけて探せなかったので、もしかしたら居るのかも知れません。
他にも休耕田を見て回りましたが、シギチドリも全く居ませんでした。
こちらも昼近くだったので、次回は早朝に来て見たいと思います。

ps.マナーを見つめて・路上駐車の問題

この時期、田んぼや街中の公園などで鳥見する時に路上駐車が原因で農家の方とトラブルになることがあります。
私も車の時は通行の邪魔にならないように路上駐車することがあります。勿論、駐車違反にならない場所です。
ただ、大丈夫だと思っていても農家の皆さんの邪魔になっている事があります。
私は駐車する時、近くに農家の方が居たら必ず迷惑でないか聞くようにしています。
居なかった時も、観察中に農家の方が近くに来たら、飛んで行って邪魔になっていないか聞くようにしています。

このような問題は交通違反かどうかではなく、近隣の住民の皆さんとの信頼関係のような気がします。
私はこれに限らず、田んぼで観察する時は農家の方には必ず挨拶するようにしています。
人見知りなのでカメラマンの皆さんにはちゃんと挨拶出来ていないこともありますが、農家の方や近隣の住民の皆さんには必ず挨拶するようにしています。

注記:本記事に関して事実ではないことを書いてしまったことお詫びいたします。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-08-02 16:30 | その他

2015.7.28 鳥見に行きたい

またもや、私の予定、車の都合、天候が噛み合わず、ここ10日間で2日しか鳥見に行けていません。

しかもその内の1日は今年1番のついてない鳥見になりました。
出掛けた場所は西丹沢ですが、渓流沿いで涼しく探鳥しようと思って、畦が丸への登山道に出掛けたところ、何と台風の大雨で丸太橋が数本流されたと言うことで行けませんでした。ならばと今度は富士山の登山道まで行ったのですが、すぐに雨が降り出してこちらもダメ、仕方なく権現山の水場に寄りましたが、もう辺りは薄暗くなり始めてすぐにシャッターが切れなくなりました。

もう1日は失神しそうなくらいの暑さの中、平塚田んぼまで自転車で出かけたのですが、案の定、炎天下の中で失神しそうになったので、早々に引き上げて来ました。

と言うことで、ブログネタが無くて更新が滞っています。

このままでは鳥見に出掛けられないので、新しい移動手段を検討しているところです。

薄暗い水場に来てくれた貴重な鳥さんたち
c0269342_17132860.jpg
c0269342_17145809.jpg
暑さで口が開きっぱなしのミサゴ。相模川で魚をとっていました。神川橋の辺り。
ミサゴを見たのは久しぶりだったのでちょっと嬉しかったです。
c0269342_17425795.jpg
こちらも暑くて口が開いたムクドリのお子ちゃま
c0269342_17435947.jpg
ps.探鳥地情報・西丹沢自然教室〜畦が丸への登山道

丸太橋を渡りながら渓流沿いを登って行く登山道で、亜高山帯の少し下の方の野鳥が観察出来ます。
ここでの鳥見は5月初旬が一番良いと思います。その時期であればオオルリ、マミジロ、コマドリと出会えるチャンスがかなり高いです。
今の時期でもチャンスはあります。でも橋が数本流されたので今年はもう無理かも知れません。来年再チャレンジです。

西丹沢は中央や東丹沢と違って、まだヤマビルがそれほど繁殖していません。
この渓流沿いにはブナ林もあって、私はヤマビルが居ないここにアカショウビンが来てくれることを願っています。

ps.探鳥地情報・平塚田んぼ

タマシギとオオジシギを探しに行きましたが、まだ田んぼや休耕田に水が張っていない状態なので、どちらも居ませんでした。
田んぼに水が張られる時期にもう一度見に行って見ます。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-07-28 17:29 | その他

2015.6.14 ご機嫌ななめ・ツミの公園・ツミ、オナガ(She is in a mood.)

今日は横浜に所用があったので帰りがてらにツミの公園に行って来ました。
公園に着くとすぐにオナガがお出迎え。ツミの待つ枝に着くとオスが見張り役です。
暫くするとオスが鳴いてメスを呼びます。メスと見張り役を交代します。
でも今日のメスはちょっとご機嫌ななめです。近くで騒ぐオナガにとても怒っています。
子育て中はストレスが溜まります。

お散歩コンデジの腕が上がりましたが、まだピンボケ量産です。

ツミ、ちょっとご機嫌ななめのツミちゃんです。
Tsumi・Accipiter gularis
c0269342_17151522.jpg
オナガが近くで騒ぐので怒っています。
c0269342_17164875.jpg
我慢も限界に達したようです。猛烈な勢いで追い払います。
c0269342_17194837.jpg
そしてまた見張りの枝に戻って来ます。
c0269342_17162538.jpg
c0269342_20402171.jpg
オスはのんびり羽繕いです。
c0269342_17203257.jpg
すぐに飽きてメスを呼びます。オスは呑気ですね。
c0269342_17210625.jpg
ツミに怒られているオナガです。
Onaga・Cyanopica cyana
c0269342_17233653.jpg
c0269342_17235409.jpg
ps.探鳥地情報・ツミの公園

今日も無事に子育て中です。
観察している時にご近所の方と少しお話ししたら色々教えてもらいました。
メスは去年のメスとは違うそうです。
まだこの場所に慣れていないのかも知れません。今日もストレスが溜まっているように見えました。
驚かしたりしないように静かに見守りましょう。

ps.今日のハプニング・オナガも強し

オナガはツミの巣の近くで営巣しますが、時々ツミに捕まって食べられちゃいます。
オナガにとっては笑い話ではありません。
今日もツミちゃんに追い立てられて、危うく捕まるところでした。
でもオナガも気が強いのでツミにモビングします。子育て中の親鳥は強いですね。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-06-14 17:43 | その他

2015.6.7 カッコウの企み・演習場・カッコウ、コヨシキリ他(Plot of the cuckoo)

奥日光でオオジシギに嫌われたので、今日は山中湖方面の演習場に行って来ました。
晴天を期待していたのですが生憎の曇天で綺麗な写真は撮れませんでしたが、カッコウとノビタキのバトルがとても面白かったです。

カッコウの企み①:オスが宿主の気を引いている間にメスが托卵します。
巣の近くの枝に止まって気を引きます。
Kakou・Cuculus canorus
c0269342_21172836.jpg
ワザとバトルして時間を稼ぎます。
c0269342_21175391.jpg
c0269342_21191404.jpg
カッコウの企み②:宿主はカッコウの卵と自分の卵を見分けてカッコウの卵を巣の外に捨てるようになりますが、カッコウは宿主の卵と大きさも模様も同じ卵を産めるように進化する。
c0269342_21223041.jpg
カッコウの企み③:カッコウの雛は巣の中の卵も雛も全て巣の外に落として餌を独占する。
c0269342_21241747.jpg
コヨシキリ、盛んに鳴いています。縄張りの主張でしょうか。
Ko-Yoshikiri・Acrocephalus bistrigiceps
c0269342_21253203.jpg
正面顏がちょっと面白い
c0269342_21260031.jpg
ホオアカも盛んに鳴いています。
Hoaka・Emberiza fucata
c0269342_21315151.jpg
c0269342_21272226.jpg
ちょっと羽繕い
c0269342_21280955.jpg
ノビタキ
Nobitaki・Saxicola torquata
c0269342_21290553.jpg
c0269342_21294542.jpg
c0269342_21304145.jpg
c0269342_21311961.jpg
ウグイス、幼鳥かな?
c0269342_21324837.jpg
オオジシギ、良い枝に止まってくれました。
Ohji-Shigi・Gallinago hardwickii
c0269342_21413224.jpg
好評なのでおふざけで追加します。カッコウがノビタキの巣の近くの木に止まって挑発します。
c0269342_08290945.jpg
ノビタキ登場。宣戦布告です。カッコウも応戦します。
c0269342_08311927.jpg
最初はノビタキの攻撃です。口の近くに噛みつきました。こ、これは反則か。
c0269342_08322739.jpg
カッコウたまらずクリンチします。
c0269342_08325761.jpg
次はカッコウの攻撃です。ドロップキックしますが、ノビタキがかわします。
c0269342_08341810.jpg
カッコウは接近戦を避けたいようですが、ノビタキは執拗に懐に飛び込みます。
c0269342_08345250.jpg
カッコウかなり嫌がっています。
c0269342_08364514.jpg
ついに逃走します。ノビタキの勝利です。
c0269342_08382741.jpg

ps.探鳥地情報・山中湖方面の演習場

この時期オオジシギのディスプレー飛行が見られます。雷のような音を立てて豪快に急降下するディスプレーは必見です。
今日は曇天で写真は残念な出来でしたが、晴天の時は綺麗な写真が期待できます。富士山背景で飛翔するオオジシギを一度は撮ってみたいと思っています。
ホオアカ、ノビタキ、コヨシキリ、ヒバリ、ウグイスなどたくさんの野鳥が草原で営巣しています。
演習場の周りの林にはキビタキやクロツグミなどの夏鳥が営巣しています。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-06-07 21:51 | その他

2015.6.4 スポットライトに照らされて・林道・サンコウチョウ(Be lighted up by the spotlight)

今日は林道にサンコウチョウを見に行きました。
サンコウチョウは薄暗い林の中に巣を作りますが、巣のある場所だけは木漏れ日が長い時間当たっています。
抱卵や雛が成長する上でも日当たりが良い方が有利なのだと思いますが、親鳥は暗い林の中にもそんな場所を上手に見つけて巣を作ります。
これはサンコウチョウだけでなく先日観察したオオタカも同じように日当たりが良い場所に巣を作ります。

今日観察した巣も巣場所付近は薄暗い場所でしたが、巣のある場所だけは木漏れ日が当たって、まるでサンコウチョウの巣がスポットライトに照らされているようでした。

サンコウチョウ、今は抱卵中のようです。あまり長居はしないでサクッと観察です。
Sankoutyou・Terpsiphone atrocaudata
c0269342_18243642.jpg
オスも抱卵しますが、メスの方がずっと長い時間抱卵します。
c0269342_18251372.jpg
でもオスはサボっている訳ではありません。巣の近くで常に天敵が来ないか見張っています。
c0269342_18261477.jpg
天敵が近くに来たら警戒音でメスに知らせます。ここではカラスと台湾リス、蛇などが天敵です。
c0269342_18293906.jpg
無事に雛が産まれて巣立っていってほしいと思います。この巣は林道のすぐそばにあるので人間が天敵にならなければ良いのですが。
c0269342_18290841.jpg
ps.徒然・人間との共存

私の家の近くに雨戸の戸袋でムクドリが子育てをしています。
近くを通ると必ず親鳥が餌を運んでいます。多分1日中出入りしているのだと思います。
その度に雛たちは餌をもらおうと大きな声で鳴きます。

この家の家人はさぞかしうるさいのだと思いますが、追い払うことなく優しく見守ってくれています。
戸袋も巣材や糞で大変なことになっていると思います。私の家だったら少し悩んでしまいます。

雀や鳩は人間との共存を選んで人間を上手く利用しています。このムクドリも人間との共存を選んだのだと思います。
それを決めた理由の一つにこの家の家人のような優しい人のような存在があると思います。
きっとこの家人には小さな幸せかも知れませんが必ず訪れると思います。

ps.マナーを見つめて・鳥との共存

私の趣味は野鳥の写真を撮ることです。野鳥を見るだけでは満足せず写真が撮りたいのです。
マナーの事例などで『たかが写真を撮るために』と言うキーワードがよく出て来ます。
私はこの言葉を聞くと、もうこの言葉を言う人とは対等に話が出来ないと思ってしまいます。
もう一度書きますが、私の趣味は野鳥の写真を撮ることです。それが『たかが写真を撮るために』の一言で否定されてしまうような気になります。

前置きが長過ぎましたが本題です。

今日の林道のサンコウチョウは時々林道のすぐ近くで巣を作ります。
たまたまなのか、意図的なのか分かりませんが、私は意図的だと思っています。
この場所にはカラスと台湾リスが天敵になっています。
林道の近くに巣を作ればその天敵が近付きにくくなって、子孫を残せる確率が上がります。
勝手な解釈ですが、もしそうだとすれば、前のコラムで書いたように、このサンコウチョウにとっては人間は敵ではなく優しい隣人なのです。

サンコウチョウに優しい隣人と思われたのなら、そのように振舞わなければいけません。
営巣の様子を観察するのなら、驚かさないように遠巻きに静かに観察しなければいけません。
今日もサンコウチョウが近付いて来た時にバタバタ動き回るカメラマンが居ました。
また大声を話をするカメラマンも居ました。
これでは折角人間を信頼して林道の近くで営巣してくれたサンコウチョウが営巣を放棄してしまうかも知れません。

最初に戻りますが、たかが写真を撮るために営巣の邪魔をするなとよく言われますが、私たち野鳥カメラマンは決して営巣の邪魔をしようと思っているわけではありません。
私たち野鳥カメラマンはそう言い切れるような振る舞いを心掛けようではありませんか。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-06-04 18:46 | その他

2015.5.27 公園の子供たち・近場の公園・オオタカ他(Children of the park)

今日はコアジサシとオオタカの営巣地をちょっと覗いて来ました。
去年コアジサシが営巣して巣立っていった相摸大堰ではコアジサシはまだ営巣していませんでした。
ただ2組のペアと思われる4羽のコアジサシが求愛の少し前段階の追いかけっこをしていました。
その後オオタカが営巣している公園に行って来ました。今年も順調に子育てしているようです。
今日はお散歩コンデジなので写真はイマイチですね。写りが明るすぎるのでもっと練習が必要です。

ハクセキレイの幼鳥、もう大きいのに親が餌を運んで来るのを待っています。
Haku-Sekirei・Motacilla alba lugens
c0269342_18103637.jpg
シジュウカラの幼鳥、この子はもう元気に独り立ちしていました。
Shizyuu-Kara・Parus minor
c0269342_18112647.jpg
オオタカの雛、この子はまだ生まれたてですね。2羽居ました。
Oh-Taka・Accipiter gentilis
c0269342_18125167.jpg
相摸大堰のコアジサシ
Ko-Ajisashi・Sterna albifrons
c0269342_18140130.jpg
ハクセキレイ、相摸大堰のある社家駅近辺の田んぼを覗きましたが、何も居ませんでした。
Haku-Sekirei・Motacilla alba lugens
c0269342_18145300.jpg
ツバメ
Tsubame・Hirundo rustica
c0269342_18155402.jpg
ps.探鳥地情報・相摸大堰

コアジサシはまだ営巣していませんでしたが、去年とほぼ同じ環境なのでコアジサシがもう少したくさん集まってくれば営巣を始めるのではないかと思います。
コアジサシはある程度の群れで営巣しないと繁殖が成功しないので、この場所の実績から考えると、最低でも30羽、15組のペアが必要ではないかと思います。
去年は台風による大雨の増水で巣が一度流されてしまいましたが、今年は中州が水没するような雨が降らないことを祈りたいと思います。

ps.探鳥地情報・オオタカの公園

オオタカの雛が2羽確認出来ました。まだ巣の中に居るのかも知れませんが、もう抱卵はしていないので卵は全部孵化しているのではないかと思います。
この雛たちはまだ孵化してそれ程期間が経っていないと思うので、巣立ちするまで40日程度は雛たちの成長が観察できます。観察したい人は焦らないでゆっくり出掛けてください。
巣は観察可能な場所からはかなり遠くにあるのと、枝が被って全体が見えないので写真を撮るのは難しいですね。

ps.探鳥地情報・近場の田んぼ

昨日は平塚の田んぼ、今日は社家近辺の田んぼの様子を見て来ました。
平塚はまだ水が張られた田んぼはほとんどありませんでした。
水が張られて田植えが始まるとタマシギ、オオジシギ、8月中旬になれば秋のシギチドリが観察出来ますがまだかなり先ですね。
社家近辺の田んぼでは水が張られた田んぼも少しありました。もうすぐ田植えが始まるのかも知れませんね。
田植えが始まれば平塚同様にタマシギやオオジシギが観察出来るかも知れませんね。
田植えが始まったらまた行ってみたいと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-27 19:15 | その他

2015.5.9 初物に我慢出来ないのです・葉山・サンコウチョウ(I cannot stand a firstling.)

葉山にサンコウチョウが入ったと言う初認の情報を聞いてうずうずしていたのですが、初認の時期に行くと写真は撮れないし、姿も見れないことが多いので、もう少し先まで待とうと我慢していたのですが、今日横浜に所用があったこともあり、出掛けてしまいました。

今日はお散歩コンデジなのでサンコウチョウの写真は無理かなと思って、目標は存在を確認することにしました。
林道に入って川を渡って何時ものかなり奥のポイントまで行って見ましたが、囀りも聞こえずやはり坊主だったかと諦めての帰り道で、あの懐かしい囀りが聞こえてきました。

私は昔から初物が好きで今は初認と聞くと我慢できなくなってしまいます。

サンコウチョウ、ピンボケですがお散歩コンデジなら奇跡のショットです。
Sankoutyou・Terpsiphone atrocaudata
c0269342_15105281.jpg
メスも撮れました。これから巣作りですね。
c0269342_15112897.jpg
ps.探鳥地情報・葉山

サンコウチョウはもう数羽居ました。3カ所で確認出来ました。まだ到着したてなのだと思います。
去年よりも1週間ぐらい早いのでしょうか。
まだ場所も定着していないので観察はもう少し先の方が良いと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-09 15:50 | その他

2015.3.18 春を感じて・丹沢の清流・カワガラス(Feel spring)

今日は丹沢の清流にミソサザイとカワガラスを見に行きました。

ミソサザイは相変わらず巣作りに熱心でした。まだ求愛のさえずりは始めていませんが、さえずりの練習なのか時々数回づつ囀っていました。声も随分大きくなって清流よりも大きな音で鳴いていました。

カワガラスはもう巣に餌を運んでいました。まだ小さな餌なので雛は孵化して間も無いのだと思います。雛が大きくなると運んでくる餌も大きくなってきます。雛が食べられるサイズに合わせて餌を捕って来るんですね。凄いですね。
幼鳥が巣立ちして巣の外に出て来るのは4月初旬ですね。
子育ての邪魔をしないように静かに見守ることにして、長居はせずにサクッと見て引き上げます。

カワガラス、口に餌をいっぱい咥えて巣に帰ってきます。
Kawa-Garasu・Cinclus pallasii Temminck
c0269342_19225301.jpg
c0269342_19251668.jpg


[PR]
by kitachan0123a | 2015-03-18 19:32 | その他

2015.1.26 人気者を見てきました・板橋の桜並木・カラムクドリ(I watched a popular wild bird)

今日は午前中に都内で所用があったので、ついでに話題のカラムクドリを見て来ました。
もうすっかり今の環境に慣れて、ベランダに置いてもらったみかんを美味しそうに食べたり、桜の枝に付いている何か食べ物を盛んに食べていました。
カメラマンにもすっかり慣れて2mぐらいまでの桜の枝にも止まります。
この分だともうすぐ手乗りカラムクドリになってしまうかも。

こんなフレンドリーなカラムクドリを見に今日も40人以上のバーダーが来ていました。

カラムクドリ
Kara-Mukudori・Sturnus sinensis
c0269342_18021116.jpg
ちょこちょこ歩いて餌を食べます。これが結構早くて写真はピンボケばかりです。
c0269342_18030527.jpg
意外に可愛い。でも悪ガキっぽい顔ですね。
c0269342_18063164.jpg
桜の枝に何が付いているのでしょうか?
c0269342_18052404.jpg
食べる時舌を出すこともあります。
c0269342_18055546.jpg
歩くのが上手です。
c0269342_19085480.jpg
この方向だとカラムクドリとは分かりませんね。
c0269342_18073536.jpg
虹彩は白では無くて薄いブルーに見えました。
c0269342_18033171.jpg
この御宅のペットのようでした。
c0269342_18081201.jpg
羽は光沢があって角度によっては緑色に見える部分がありました。
c0269342_18084427.jpg
c0269342_18105624.jpg
ps.徒然・恋するヒヨドリ

カラムクドリ君の定位置は川沿いにある御宅のベランダです。
彼がベランダに居る時はいつもベランダの前にある桜の木に1羽のヒヨドリが止まっています。そして時々ベランダにも降りてきます。
カラムクドリ君はそのヒヨドリが嫌いなようで、近付いて来るとすぐに追い払います。
でもヒヨドリは追われても追われてもまたすぐにやってきます。
そして何時もベランダの中にいる彼を見つめています。

きっとこのヒヨドリさんは今まで見たことのないモノトーンの貴公子に恋してしまったのだと思います。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-01-26 18:12 | その他