カテゴリ:Fujinomiya Trail( 4 )

2015.10.25 冬鳥はまだ少ないですね・富士山麓・マヒワ他

先日は山中湖にまだ冬鳥が居なかったので、今日は富士山五合目から富士山麓を少し探鳥してきました。
五合目には小さな群でしたが、マヒワとアトリが居ました。雄の成鳥が少なかったので、まだ本隊は到着していないと思われます。これからですね。
1500mまで標高を下げてウソ、ルリビタキなどを探しましたが見付けられませんでした。
1000m辺りまで標高を下げてベニマシコ、カシラダカなどが到着していないか確認しましたが、こちらもまだでしたがアトリが居ました。アトリ間もなく丹沢辺りにも到着するのではないかと思います。

マヒワ、メスかまだお子ちゃまだと思います。
c0269342_21404613.jpeg
c0269342_21414867.jpeg
c0269342_22394140.jpeg
アトリ、あの独特な鳴き声で木から木を飛び回っていました。
c0269342_21453027.jpeg
ゴジュウカラ、せわしなく木を上り下りします。
c0269342_22405898.jpeg
コゲラ、木登り友達です。
c0269342_22413938.jpeg
シジュウカラ、木の実の皮を剥いて食べてます。意外にグルメかも。
c0269342_18063624.jpeg
キビタキ、まだ居ました。

コサメビタキ?かな。

雲海、御殿場から見た夜明けの赤富士も最高に綺麗でした。
c0269342_09172377.jpeg
ps.探鳥地情報・富士宮口五合目

過酷な環境ですが冬鳥にとっては快適なのかも知れませんね。
コガラやヒガラなどの小鳥たちはまだ居ますが、とても少ないです。
替わりにアトリやマヒワの群が移動の途中で立ち寄っていました。去年はハギマシコの群も居ました。
去年は数百羽の群だったので、今日の数十羽の群ではまだまだ本格的に到着している訳では無いと思います。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-26 09:37 | Fujinomiya Trail

2015.6.28 ベストシーズンはもう少し先かな・富士宮口五合目・ホシガラス他(Point a little more as for the best season)

やっと私の予定、車の都合、天気が噛み合って、念入りな計画と万全の準備の元、深夜からのお出掛けです。
正に満を持してと言ったところですが、鳥見はそんなに甘くはありません。

今日のお目当てはイワヒバリです。
富士宮口五合目は富士山の五合目の中では一番標高が高くて2400mあります。
イワヒバリは2500m以上の高山に生息するので、あと100mだけ登れば会えるのですが、イワヒバリにも都合があって、今日はもう少し標高が高い7合目辺りから降りて来てくれませんでした。

ホシガラス、お目当てに会えなくてがっかりして駐車場に帰って来たらホシガラスが来てくれました。
Hoshi-Garasu・Nucifraga columbiana
c0269342_18500607.jpg
写真はピンボケで大トリミングですが、まあ会えて良かったです。
c0269342_18512413.jpg
c0269342_20224957.jpg
カヤクグリ、たくさん居ましたがこちらも近くには来てくれませんでした。
Kayakuguri・Prunella rubida
c0269342_18521534.jpg
ルリビタキ、たくさん居ます。すぐ近くに来てくれるのですが、今日は嫌われていたようです。
Ruribitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_19085784.jpg
ビンズイ、ここはビンズイの大繁殖地なのかも知れません。ビンズイだらけです。
Binzui・Anthus hodgsoni
c0269342_19102571.jpg
梢で囀ります。囀りながら梢から梢に飛び移ります。
c0269342_19105058.jpg
c0269342_19124721.jpg
c0269342_19134775.jpg
ミソサザイ、ここではこれから繁殖ですね。ミソサザイもたくさん居ます。
Misosazai・Troglodytes troglodytes
c0269342_19143337.jpg
アマツバメ、群で岩場に居ます。
Amatsubame・Apus pacificus
c0269342_08381087.jpg
森林限界はこんな感じです。
c0269342_20244606.jpg
ps.探鳥地情報・富士宮口五合目

高山帯の野鳥が観察出来ます。
今日はコガラ、ヒガラ、キクイダタキなども観察出来ました。
ただ、今日はまだ少し早い感じでした。あと1,2週間すれば求愛のためにカヤクグリやルリビタキもビンズイと同じように梢で囀るようになると思います。林の中ではミソサザイ、コガラ、ヒガラ、キクイダタキなどももっと頻繁に出会えるのではないでしょうか。
ただ、富士スカイラインが夏季期間は通行規制で車では行けなくなるので、規制中は行くのがちょっと面倒です。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-06-28 19:35 | Fujinomiya Trail

2014.9.12 一足先に・富士宮口五合目・ルリビタキ、ヒガラ、ヤマガラ

今日は富士宮口五合目に行って来ました。
お目当てはホシガラス、イワヒバリでしたが、ホシガラスには会うことが出来ましたが写真は撮れませんでした。残念。
イワヒバリはどこを探しても居ませんでした。7月に来た時にはあんなにたくさん居たビンズイやカヤクグリもどこにも居ませんでした。もうかなり寒くなったので、もう少し標高が低いところに移動したのかも知れません。
今日の富士山はとても寒くてフリーズにダウン、その上にレインウェアを来ても寒いぐらいでした。
でもルリビタキのお子ちゃまがちょこちょこ顔を出してくれたので、はるばる湘南から来た甲斐がありました。と思うことにします。
今日は冬鳥のルリビタキが観れたこと、冬の寒さを体感出来たことなど一足先の経験が出来ました。

ルリビタキお子ちゃま、羽毛がふわふわで可愛いです。
c0269342_18133809.jpg
寒いので丸くなってます。
c0269342_18140605.jpg
c0269342_18143203.jpg
c0269342_18150308.jpg
c0269342_18160113.jpg
ヤマガラ、こんな標高の高いところでも住めるんですね。すごい。シジュウカラも居ました。
c0269342_18164892.jpg
ヒガラ、群れでたくさん居ました。
c0269342_18173300.jpg
富士山の花色々、ヤマホタルブクロ
c0269342_18181586.jpg
オンダテ
c0269342_18190014.jpg
キリンソウ
c0269342_18194729.jpg
オンダテ
c0269342_18204110.jpg
ps.探鳥地情報・富士宮口五合目
気温が5度ぐらいしか無いので、カヤクグリやビンズイはもういなくなっていました。
鳥も少なくてこの時期は探鳥には不向きだと思います。
ホシガラスはあちこちで鳴いてくれますが、なかなか姿を見せてくれません。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-09-12 18:28 | 富士宮口五合目

2014.7.2 六合目の鳥たち・富士宮口五合目・カヤクグリ、ビンズイ、ルリビタキ

富士山は昨日山梨県側の吉田口が山開きでした。静岡県側は7月10日が山開きの予定です。
今日は山開きの前に富士山の野鳥たちの下見に行って来ました。
生憎の天候で霧が晴れたと思ったら、すぐまた霧が出てと言う繰り返しだったことと、まだ六合目より先と一部散策路が閉鎖されていたこともあり、お目当ての鳥さんには出会えませんでした。
でもカヤクグリやルリビタキはちょうど恋の季節で、間近でパフォーマンスしてくれて、とても満足な鳥見になりました。

カヤクグリ、目の前に出て来てくれました。琥珀色の目がとても綺麗です。
c0269342_17535878.jpg
今日はたくさんのカヤクグリ達が色んな場所でパフォーマンスしてくれました。
c0269342_17545041.jpg
c0269342_17553320.jpg
c0269342_17562055.jpg
ビンズイもたくさん居てあちこちで綺麗なさえずりを聞かせてくれました。
c0269342_17592252.jpg
c0269342_18000240.jpg
c0269342_18005959.jpg
c0269342_18014104.jpg
c0269342_11235554.jpg
c0269342_22304516.jpg
ルリビタキ、夏にルリビタキが見れるのは高山ならではです。
c0269342_18031020.jpg
c0269342_18040440.jpg
c0269342_18045941.jpg
c0269342_20594306.jpg
c0269342_18061735.jpg
c0269342_21040656.jpg
晴れたと思ってもあっという間に霧に覆われてしまいます。昨日は四方八方から霧がやって来ました。
c0269342_23013762.jpg

ps.探鳥地情報・富士宮口五合目
今日は富士宮口五合目から宝永山の噴火口まで探鳥してみました。
森林の中や森林限界の七合目はまだ遊歩道や登山道が閉鎖されていたので行けませんでした。
次回は山開き後になるので、そちらにも行ってみようと思います。
今日のお目当てはイワヒバリ、ホシガラス、カヤクグリでしたが、イワヒバリとホシガラスは見つけることが出来ませんでした。次回の宿題です。
今日の写真以外では鳴き声だけでしたが、ウソも近くにいました。
富士宮口五合目は標高が2400mもあって、五合目の中では一番高いので、森林限界の七合目辺りまで登っても1時間ぐらいあれば登れます。
ただ、急な斜面や上りが続くこと、何よりも空気が薄いことなどで、平地の探鳥路に比べたらはるかにきついです。
私も今日は高山病にかかってしまいました。多分水分補給をしなかったからだと思います。
皆さんも行かれる場合は十分準備をしてケガや高山病にならないようにしてください。

ps.徒然・雨ニモマケズ風ニモマケズ
どうも今年は私の予定と天候との相性が悪いようで、計画していた鳥見が何度も延期や中止になってしまいます。
撮影機材のことを考えると雨はちょっと敬遠したいのですが、レインカバーなども一応揃えていて、雨でも撮影できる準備はしていますが、気合が入らず結局行かずじまいになってしまいます。
春から初夏はちょうど子育ての時期で可愛い雛の様子を見るグッドタイミングは数日しかありません。
これを見たければ雨ニモマケズ風ニモマケズの精神で出掛けることが重要だと遅ればせながら気付いた今日この頃です。
これからは気合を入れて計画を全うしたいと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-07-02 18:13 | 富士宮口五合目