カテゴリ:Subashiri Trail( 3 )

2016.5.21 夏のルリビタキ・須走口五合目・ルリビタキ

この時期然も数日だけしか聞くチャンスがないジュウイチの声を聞きに今年も須走口五合目に行って来ました。
ジュウイチ今年も居ましたよ。でも写真は撮れませんでした。来年のお楽しみですね。
ジュウイチは五合目から少し標高を下げて、オオルリが盛んに囀っている辺りにも居ました。
ここではオオルリに托卵するのでしょうか?

今日はジュウイチ以外にキバシリも見付けました。富士山では中々見付けられないのですが、今日は2回も見ることが出来ました。でも写真は撮れませんでした。

ルリビタキ、盛んに囀って居ました。
c0269342_18055718.jpeg
c0269342_18061421.jpeg
c0269342_18062534.jpeg
ps.野鳥の生態・トケン類の鳴き声

トケン類は姿形はよく似ていますが、鳴き声はそれぞれ独特で、鳴き声が名前の由来になっています。
カッコウ、ホトトギス、ジュウイチは正に名前が鳴き声そのものですが、ツツドリだけは鳴き声そのものでは無く、「ポポ、ポポ」という鳴き声が筒を叩くような響きからツツドリとなったそうです。

トケン類の鳴き声もこの時期だけしか聞くことが出来ません。
皆さんもトケン類の囀りを聞きに宿主がたくさん繁殖する探鳥地に出掛けてみてはいかがでしょうか。

ps.野鳥の生態・富士山の夏鳥の渡りのルート

富士山麓は野鳥の宝庫ですが、富士山には川がありません。
「夏鳥の渡りのルートは川である」と言う私の仮説だと富士山には夏鳥が来ないことになります。
そこで、このように考えることにします。
富士山麓に飛来する夏鳥たちは、富士山の麓までは川を遡上して、そのあとは富士山に沿って標高を上げていく。
富士山には北側には相模川の源流が、西側には酒匂川、東側には富士川が、南側にも何本かの川の源流が流れています。

[PR]
by kitachan0123a | 2016-05-21 18:53 | Subashiri Trail

2015.5.23 近くて遠い鳥・須走口五合目・ルリビタキ他(The bird that it is near and is far.)

今日は須走口五合目に行って来ました。
今日行った須走口五合目も含めて須走高原はルリビタキの大繁殖地です。
そのルリビタキの巣に托卵するためにジュウイチがここにやってきます。
今日のお目当てはそのジュウイチを見ることです。

小富士までのハイキングコースに入るとすぐにルリビタキが現れます。そしてすぐ近くに来てくれます。
次から次に現れて、もう犬も歩けばルリビタキに当たる状態です。

お目当てのジュウイチはあの独特な鳴き声でハイキングコースのあちこちで鳴いています。
ジュウイチ、ジュウイチと最初はゆっくりと、でも段々早くなって音色も高音になってきて、最後は早口言葉のようにジュウイチを繰り返します。
林の中にたくさんのジュウイチが居る状態を始めて見ました。多分5羽ぐらい居たと思います。
頭のすぐ上でも鳴いています。かなり大きな声です。2羽で鳴き交わし?もしています。

でも姿を見つけてもカメラを構えた途端逃げてしまいます。林の中の後ろ姿を何度も見ましたが、残念ながら写真は撮れませんでした。今日のジュウイチは近くて遠い鳥でした。
でもこんなに間近でジュウイチの声が聞けただけで今日は成果がありました。

梢でさえずるルリビタキ、これは遠くて遠い鳥です。
Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_22320307.jpg
同じくウソ。ウソもここで営巣します。
Uso・Pyrrhula pyrrhula Linnaeus
c0269342_22330495.jpg

同じくカッコウ。ジュウイチと同じく托卵を狙ってやって来ます。
kakou・Cuculus canorus
c0269342_22335163.jpg
同じく?、遠過ぎて何か分かりませんでした。
c0269342_22343961.jpg
同じくビンズイ。ビンズイもここで営巣します。
Binzui・Anthus hodgsoni
c0269342_22354186.jpg
ルリビタキ色々、ハイキングコースに入る前からお出迎えです。
Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_22371620.jpg
c0269342_22374416.jpg
c0269342_14384691.jpg
私の周りで偵察しています。
c0269342_22385700.jpg
c0269342_22394310.jpg
c0269342_18362019.jpg
c0269342_22402798.jpg
c0269342_22414397.jpg
コガラもここで営巣します。
Kogara・Poecile montanus
c0269342_22422788.jpg
ヒガラもここで営巣します。
Higara・Periparus ater Linnaeus
c0269342_22431083.jpg
c0269342_14391912.jpg
ビンズイ
Binzui・Anthus hodgsoni
c0269342_22434125.jpg
夜明け、ご来光
c0269342_22443017.jpg
今日の富士山
c0269342_23052566.jpg
ps.探鳥地情報・須走口五合目

今日はツツドリも居たのでトケン勢揃いです。あっ、ホトトギスは居ませんでした。
森林限界まで行こうと思ったのですが、まだ通行止めだったこともあって今日は行きませんでしたが、森林限界まで行けばカヤクグリ、イワヒバリ、ホシガラスなども見られるチャンスがあります。
幻の滝にやって来る鳥も1時間程待ってみましたが、何も来てくれませんでした。
オオタカが近くを飛んでいたので小鳥たちは近付けなかったのかも知れません。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-23 23:09 | Subashiri Trail

2014.7.16 富士山は快晴・須走口五合目・ルリビタキ、ビンズイ、ノビタキ、ゴジュウカラ

今日は須走口五合目に行って来ました。五合目はこれ以上無いと言うくらいの快晴でした。
前回は富士宮口五合目に行ったので、今度は吉田口五合目に行って奥庭山荘にも行きたいと思います。
須走口五合目は標高2000mと五合目の中では1番低いのですが、登山道は森林になっていることや、小富士と言う丘があって、そこまでのハイキングコースも森林を通って行くことで高山森林の野鳥が観察出来ます。
今日はルリビタキ、ミソサザイ、ゴジュウカラなどを観察しました。

ルリビタキ、今日は鳥友さんとご一緒させていただいたのですが、鳥友さんがルリビタキの巣を見付けてくれました。
邪魔にならないようにそっと覗かせていただきました。巣の中には大中小2羽ずつ合計6羽居ます。
c0269342_20174630.jpg
c0269342_18080321.jpg
小富士までの道中でゴジュウカラが子育てしてました。
c0269342_20203540.jpg
c0269342_18071569.jpg
目が合っちゃいました。
c0269342_20213837.jpg
逆立ちも出来るよ。
c0269342_20223043.jpg
ビンズイ、梢から梢を飛び交いながら盛んに鳴いていました。縄張りの主張でしょうか?
c0269342_20253987.jpg
c0269342_20264382.jpg
ノビタキ、幻の滝への道中でノビタキが子育てしてました。
c0269342_20275334.jpg
今日の富士山、快晴です。月も出ています。双眼鏡で微かに見える登山道にはたくさんの人が居ました。
c0269342_20584751.jpg
箱根・丹沢方向でしょうか。少しガスがかかって墨絵を見ているようです。
c0269342_21001432.jpg
ps.探鳥地情報・須走口五合目
標高が2000mなので、カヤクグリやイワヒバリなどを見るためには登山道を1時間ぐらい登る必要があります。
その途中や小富士へのハイキングコースでは森林に住む小鳥が観察出来ます。
また幻の滝への道中や幻の滝でも野鳥が観察出来ます。ただ、滝の流れている時期でないと野鳥はあまり来ないようです。
富士山五合目の鳥見と言えば奥庭が有名ですが、登山道を森林限界辺りまで登って高山の風景の中での探鳥もたまには良いのではないでしょうか。
登山客の皆さんと一緒にちょこっと登山気分も味わって、雄大な景色も見れてとても爽快な鳥見です。
但し、ちょこっとと言っても登山は登山なので平地での鳥見に比べたらはるかにきついです。しっかりした準備と無理をしないことが大切です。

ps.観察情報・餌を与える順序
今年は雛を見る機会が何度かありました。親鳥が餌を与える場面も見ることが出来ました。
その時に感じたことですが、親鳥は餌を1番大きな子に優先的に与えているような気がします。
人間の親なら兄弟で分け隔てなく餌を与えるのだと思いますが、鳥はまず1番早く巣立ち出来そうな子をまず巣立ちさせるためにそうしているのだと思います。
子育ても終了するまでいつも無事でいられるとは限りません。自然界では天候や外敵など常に危険と隣り合わせです。
子孫を確実に残すためのリスクマネージメントが適切に機能していて、生き残る確率も高くなる理にかなった戦略です。
優柔不断の経営者よりもよっぽどしっかりしています。
鳥さん達のこんな行動を見るにつけ、流石何億年も進化を続けている鳥類の偉大さを感じてしまう今日この頃です。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-07-16 20:35 | 須走口五合目