カテゴリ:Suyama Trail( 7 )

2016.7.5 水場の鳥見・富士山周辺・オオルリ他

昨日は暑さに負けて富士山周辺のマイナーな水場に行って来ました。
何故マイナーかと言うと野鳥がほとんど来ないからです。
でも、下界よりは幾分気温も低く、木陰でのんびり鳥見できて久し振りに満足な鳥見になりました。

メジロだけが近くに降りてきてくれました。
c0269342_11413744.jpeg
オオルリ、近くには来てくれませんでしたが綺麗な鳴き声をたくさん聞かせてくれました。
c0269342_11421290.jpeg
メスも来てくれました。
c0269342_11440216.jpeg
クロツグミ、遠くて写真はイマイチですが、夫婦同伴で来てくれてオスは綺麗な囀りを聞かせてくれました。
c0269342_11470175.jpeg



[PR]
by kitachan0123a | 2016-07-05 12:07 | Suyama Trail

2016.5.4 新緑の登山道・富士の裾野・コサメビタキ他

今日は富士山の裾野に行って来ました。
富士山麓は日本3大探鳥地(富士山麓、奥日光、軽井沢)で野鳥の宝庫です。
その中でも富士山麓は標高ごとに生息する野鳥の種類が異なっていて、標高を変えて探鳥すればたくさんの種類の野鳥を観察することが出来ます。
先日は山中湖周辺で草原を探鳥したので今日は登山道を歩いて林の中での探鳥です。

今日は風が強かったので小鳥の出が悪く写真はほとんど撮れませんでしたが、時々新緑の林の中や梢で囀る野鳥の声を聞くことが出来ました。
オオルリ、クロツグミ、キビタキ、コルリ、コサメビタキ、センダイムシクイなどの夏鳥がもう到着していました。
ここは標高が1000mぐらいなので、これから少しづつ標高を上げて探鳥しようと思います。

コサメビタキ、今日は囀りは聞けませんでしたが何とも言えない可愛い囀りで、聞けるのはこの時期だけです。
c0269342_20591885.jpeg
ソウシチョウ、外来種ですがもうあちこちにいますね。
c0269342_20593487.jpeg
コルリやコマドリなどと同じ生息場所なので、この鳥が増えすぎるとコルリやコマドリの繁殖に影響が出ないかとても心配です。
c0269342_21000057.jpeg
アカハラ、ここで繁殖するのだと思いますが、今日はたくさんいました。
c0269342_21001295.jpeg

[PR]
by kitachan0123a | 2016-05-04 21:21 | Suyama Trail

2015.7.30 快晴でも雨男・須山口登山道・キビタキ他(Man rainy even as for the beautiful weather)

今日こそは須山口登山道をハイクしながら探鳥しようと思いましたが、またしても雨にたたられてしまいました。
平野部は快晴なのに、ここに来ると雨が降り出します。完全に雨男になっています。

折角車の都合がついてもこんな鳥見では猫に小判です。
でも新しい移動手段を手に入れたので来月からは格段にフットワークが良くなる予定です。但し、タイヤが2つになるのと屋根が無いので雨には弱いですね。

キビタキ、今日は幼鳥が来てくれました。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_20372159.jpg
c0269342_20374855.jpg
c0269342_20383823.jpg
c0269342_20390583.jpg
シジュウカラの幼鳥、水場にはたくさんの野鳥が来てくれます。
Shizyukara・Parus minor
c0269342_20394402.jpg
イカルの来てくれました。
Ikaru・Eophona personata
c0269342_20403683.jpg
ps.探鳥地情報・須山口登山道

登山道を入ってしばらく歩くと水場があります。登山道の入口は富士山資料館です。
その水場にはキビタキ、オオルリ、クロツグミ、コサメビタキ、イカル、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガなどが来てくれます。
ここは標高が800mぐらいなので、もう少し登山道を先に進んで標高を上げていくとコルリ、ゴジュウカラなどが姿を見せてくれます。入口からは40分ぐらいかかります。
さらに先に進んで標高が1200mぐらいになるとマミジロ、コマドリなどが来てくれます。但し、出会えるかは運次第です。ここまで行くには入口から1時間以上かかります。
この登山道には水源が幾つかあるので水場はここ以外にもたくさんあって野鳥たちが集まってきます。

ps.探鳥地情報・平塚田んぼ

夕方、タマシギとオオジシギを探しましたがまだですね。
田んぼには水が張られて居るのでもう来ても良い時期ですね。
でも今年はタマシギが気に入りそうな休耕田があまり無くて来てくれるかちょっと心配です。
シギチドリの秋の渡りが始まっているようなので珍しいシギチドリにも期待しましょう。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-07-30 21:08 | Suyama Trail

2015.7.14 若様に会えました・須山口登山道・オオルリ他(I was able to meet a young master.)

暑い。
今日も朝から快晴です。もったいないので出掛けなければいけません。
でもさすがに毎日炎天下では体が持ちません。
と言うことで、今日は少しだけ涼しい富士の裾野に出掛けることにしました。

本当は登山道を歩いて探鳥したかったのですが、ちょっと用事を済ませてからなので、到着がお昼頃になってしまいました。しかも、快晴だった空がにわかに曇りだして今にも雨が降りそうな空模様になってきたので、止むを得ず登山道の入口にある水場で探鳥することにしました。

辺りではイカルが鳴いていたのと、この辺りにクロツグミが営巣している筈なので、来てくれることを期待します。少し待ちましたが期待は外れてどちらも来てくれません。
でも今日はオオルリとコサメビタキの若様が来てくれました。ありがとう。

オオルリ、半分だけ青くなったところが若様らしいです。
Oruri・Cyanoptila cyanomelana
c0269342_21513771.jpg
c0269342_21522260.jpg
水浴びも貫禄があります。
c0269342_21541634.jpg
こんなになっちゃいました。でも可愛いです。
c0269342_21545074.jpg
コサメビタキ、多分若様だと思います。もうほとんど親と変わらないです。
Ko-Samebitaki・Muscicapa dauurica
c0269342_21552115.jpg
こちらは親鳥だと思います。
c0269342_21555595.jpg
c0269342_21563124.jpg
ps.探鳥地情報・須山口登山道

午後からの鳥見なので鳥がほとんど見つけられません。
水場には時々鳥が来てくれますが、この時期は付近のあちこちに湧き水が出ていて、この水場だけに鳥が集まる訳ではなさそうです。
でも、来てくれる可能性から考えると、キビタキやコルリも期待出来ますね。
さらにここにはカケス、アカゲラが沢山いるので、期待できるかも知れません。

ps.探鳥地情報・湘南のアオバズク

昨日は神社のアオバズクを見てきたので、今日は公園のアオバズクを帰りにちょこっと見てきました。
もう夕方だったので、巣穴からまだ小さい雛が少しだけ顔を出してくれました。
まだとても小さいので巣立ちまではかなり時間がかかると思います。
でもお腹が空いていたのか、頭を左右に振りながら外を見ているようでした。
雛が顔を出してくれるのは、暗くなってからなので、写真は撮れません。
雛の写真が撮りたい人は巣立ちしてからにした方が良いです。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-07-14 22:01 | Suyama Trail

2015.5.6 次は会える予感・須山口登山道・ビンズイ他(I have a feeling that the next can encounter.)

今日もマミジロ探しに富士山の登山道に行って来ました。
水ヶ塚から須山御胎内までのハイキングコースを探鳥しました。
今日は完全に寝坊したので到着が9時過ぎです。
私のプロトレックは標高1350mを示しています。誤差があるので、それでもここは1400m近くあります。
この標高なら間違いなくマミジロは居る筈です。

ハイキングコースに入るとすぐにコルリが囀っています。今日は地面に居ましたが、すぐに藪に逃げ込みます。
次はミソサザイ、でもここでは見つけるのは大変です。ゴジュウカラ、カケス、イカルも登場です。
でも、みんなすぐに逃げてしまいます。そんなに嫌わなくて良いのに。

さらに先に進むと、ついにマミジロがすぐ近くの木と少し離れた木の上で鳴き交わしています。最高の場面です。
地面に降りていたり、水場のマミジロもまあ良いですが、梢で囀るマミジロはこの時期にしか見られないので、是非ともカメラに収めたいのですが見付けられません。少しだけ鳴き交わしてすぐに居なくなってしまいました。
今回は残念ながら写真は撮れませんでしたが、段々近付いているので、次回は会えるような気がします。

ビンズイ、すぐ近くに来てくれました。でもこの時期は梢で囀る姿が良いな。
Binzui・Anthus hodgsoni
c0269342_20075961.jpg
ヒガラ、最近よく会えます。
Higara・Periparus ater Linnaeus
c0269342_20083659.jpg
コガラ、つがいで巣作り中でした。足環が付いていました。
木に穴を掘って巣作りするのはキツツキだけだと思うかも知れませんが、コガラも上手に巣穴を掘ります。
Kogara・Poecile montanus
c0269342_20100285.jpg
巣作り中はチッチッと地鳴きで声をかけながらオスメス一緒に巣穴を掘っていますが、時々可愛い囀りをしてじゃれ合います。交尾の合図かも知れません。巣作りの後は交尾、産卵、抱卵と続くので、産卵も間近かも知れません。
c0269342_20104367.jpg
今日は途中で巣穴堀も終わったようで、木の葉を運び入れていました。
ここ数日中に産卵をすれば、可愛い雛が巣立ちするのは6月中旬ですね。
c0269342_20121159.jpg
カケス、地面に降りて何か食べてます。
Kakesu・Garrulus glandarius
c0269342_20091839.jpg
ソウシチョウ、今日はコマドリとガビチョウ、ウグイスの真似をしていました。コマドリはそっくりで、ここにはコマドリが居るので思わず探してしまいました。でも本物のコマドリには会えませんでした。囀りも聞けずでした。
Sousityou・Leiothrix lutea
c0269342_20113275.jpg
ps.探鳥地情報・水ヶ塚〜須山御胎内ハイキングコース

今日は到着が9時過ぎだったので、あまり囀りは聞けませんでしたが、それでもたくさんの種類の囀りが聞けました。
今まで聞いたことの無い囀りもたくさん聞きました。
ここに来る時は居る可能性のある小鳥の鳴き声を全パターン予習して来ないと、何が囀っているのか分かりませんね。
でも写真を撮るのは難しいですね。逃げたり隠れたり出来るところがたくさんあるので、すぐに見失ってしまいます。

ps.今日の小笑・ウグイスの鳴き真似

ソウシチョウはウグイスの鳴き真似もガビチョウの鳴き真似もします。
ガビチョウもウグイスの鳴き真似をしますが、ちょっとガビチョウ訛りがあります。
それに対してソウシチョウのウグイスは完璧でウグイスそのものです。
そしてソウシチョウはウグイスの鳴き真似をするちょっと訛りのあるガビチョウの鳴き真似をして、そのすぐ後でウグイスの鳴き真似を完璧に真似ます。

まるで俺の方が上手に真似が出来るよと、ガビチョウをバカにしているようでとても面白いです。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-06 20:34 | Suyama Trail

2015.5.3 登山道は囀りのシャワー・須山口登山道・クロツグミ、他色々(The mountain trail is a shower of the songs)

今日は夜明け前から須山口登山道でマミジロ探しです。
富士山資料館から弁当場を過ぎて登山道がきつい登りになるまで行ってみました。
早朝薄明るくなった頃から出発です。登山道ではもうクロツグミ、コルリが囀っています。
先に進むとキビタキ、ゴジュウカラ、イカル、センダイムシクイ、その他にもたくさんの野鳥の囀りが聞こえてきます。
でもお目当てのマミジロの囀りが聞こえてきません。今日は残念ながらマミジロとは出会えませんでした。
多分、マミジロが生息するのはもう少し標高が高い場所ではないかと思うので、次回はここよりももう少し標高の高い水ケ塚を探索しようと思います。
その後は山中湖に移動して演習場でオオジシギのディスプレィを見に行きましたが、こちらもまだ早いようで見ることが出来ませんでした。

今日はお目当てが外れてしまいましたが、早朝から囀りのシャワーを浴びたような、そんな鳥見になりました。

クロツグミ、地面に降りて餌を探していますが、囀る時は木のてっぺんで囀ります。
Kuro-Tsugumi・Turdus cardis
c0269342_21271698.jpg
c0269342_10022130.jpg
つがいで一緒に行動しています。
c0269342_21274785.jpg
これはアカハラです。
Aka-Hara・Turdus chrysolaus
c0269342_21291287.jpg
コルリ、お腹しか写せませんでした。縄張りの主張でしょうか。木の上で囀るの見たのが初めてなのでゴジュウカラと間違えてしまいました。
Koruri・Luscinia cyane
c0269342_21300570.jpg
ノビタキ、今日はたくさんのノビタキが居ました。富士山バックです。
Nobitaki・Sitta europaea
c0269342_21334493.jpg
c0269342_09542889.jpg
c0269342_09544413.jpg
メスは少なかったです。子育て中なんだと思います。
c0269342_21342281.jpg
ホオアカ、このホオアカしか見つけられませんでした。
Hooaka・Emberiza fucata
c0269342_21525316.jpg

キビタキ、演習場の水場に来てくれました。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_21303708.jpg
c0269342_21321984.jpg
c0269342_21325534.jpg
イカル、何度も水浴びをしていました。
Ikaru・Eophona personata
c0269342_21354378.jpg
c0269342_21363731.jpg
c0269342_21372028.jpg
ヒガラ
Higara・Periparus ater Linnaeus
c0269342_21383526.jpg
コガラ
Kogara・Poecile montanus
c0269342_21395881.jpg
メジロとヒガラ
Mejiro・Zosterops japonicus
c0269342_21391994.jpg
アオジ
Aoji・Emberiza spodocephala
c0269342_21410112.jpg
今日の富士山、去年よりも雪が少ないですね。
c0269342_22154573.jpg
ps.探鳥地情報・須山口登山道

囀りは早朝だけで8時頃になると静かになってしまいます。個体数が少ないのかも知れません。
この時期は葉が茂っているので写真は難しいですね。バードウオッチングなら良い場所だと思います。
熊笹も綺麗に育っているのでコルリもたくさんいるのですが笹薮から出てきてくれないので写真は難しいですね。

ps.探鳥地情報・演習場

ちょうどこの時期に草を焼くので今は枯れ野原になっています。
オオジシギのディスプレィはもう少し先ですね。
ノビタキは多かったですが、ホオアカは少なかったです。コヨシキリも探しましたが見つけられませんでした。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-03 22:11 | Suyama Trail

2014.11.4 秋色の小鳥たち・富士山須山口・ミヤマホオジロ、カシラダカ、他

今日はプチ遠征で富士山登山道の須山口に行って来ました。
本当は初夏の頃に行きたかったのですが今になってしまいました。
今日は須山口登山道の十里木高原周辺で探鳥しました。この時期はアトリ、カシラダカ、ミヤマホオジロやベニマシコ、ジョウビタキなどの冬鳥が観察出来ますが、ベニマシコは見付けることが出来ませんでした。
富士山も間近で紅葉と富士山と野鳥のコラボも期待出来るかも知れません。

紅葉とシジュウカラ
c0269342_16404247.jpg
紅葉とエナガ
c0269342_20452955.jpg
c0269342_20490828.jpg
紅葉とジョウビタキ
c0269342_21532419.jpg
c0269342_21534860.jpg
紅葉とヤマガラ
c0269342_20463912.jpg
紅葉とカシラダカ、カシラダカはあちこちに居ますが、まだ数は少ないです。
c0269342_20495265.jpg
c0269342_20501433.jpg
紅葉とミヤマホオジロ、今日はたまたま見付けることが出来ましたが、まだ数は少ないですね。
c0269342_20505600.jpg
一足先に観てきました。この辺りに来るのは何時頃になるかな。
c0269342_21301946.jpg
c0269342_20514946.jpg
c0269342_20491937.jpg
紅葉とアカゲラ
c0269342_20523298.jpg
紅葉とカケス
c0269342_20530589.jpg
スタート地点の風景
c0269342_23105084.jpg
今日の富士山。色んな場所で富士山と絡めて野鳥とのコラボが楽しめます。
c0269342_23083786.jpg
ps.探鳥地情報・富士山須山口登山道
富士山周辺は日本三大探鳥地のひとつです。三大探鳥地は軽井沢、奥日光、富士山です。
富士山周辺にはたくさんの探鳥地があって、平地から高山帯まで色んな標高の野鳥が観察できます。
ここ須山口登山道では標高500mから1500mぐらいで、森林に住む野鳥と草原性の野鳥が観察出来ます。
次回はもう少し寒くなってから朝霧高原に猛禽の観察に出掛けようと思っています。チュウヒ、コチョウゲンボウが狙いですが、ハイイロチュウヒとコミミズクも密かに期待しています。
私はまあまあ近くにこんな良い探鳥地があって本当に嬉しく思います。
少し時間はかかりますが茅ヶ崎からだったら高速道路を通らなくても行けるぐらいです。

ps.探鳥地情報・丸火公園
須山口の後、丸火公園に行ってみました。
夏場はキビタキやコサメビタキ、サンコウチョウなども来てくれます。
冬鳥はミヤマホオジロが有名なので、居ないか見てきましたが、ミヤマホオジロ以外の冬鳥も居ませんでした。
また少し時期が早いのでしょうか。もう少し寒くなってから行ってみようと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-11-04 21:05 | Suyama Trail