タグ:カワガラスCinclus pallasii Temminck ( 2 ) タグの人気記事

2015.4.9 幸薄い鳥見・秦野色々・カワガラス(Unhappy bird watching)

久し振りに晴れの予報だったので、遠足に行く小学生のように昨日から色々計画や準備をして夜明け前の出発です。
今日の目標はカワガラスの給餌のシーンを見る、鷹の渡りでサシバの綺麗な写真を撮る、水場で夏鳥と出会うと盛り沢山のメニューでしたが、何一つ目標達成出来ず、幸薄い鳥見になってしまいました。

カワガラス、雛が1羽だけ巣の近くで可愛い姿を見せてくれました。
Kawa-Garasu・Cinclus pallasii Temminck
c0269342_20152315.jpg
この子は巣立ちしてから数日経っているようで、餌をねだっても中々もらえません。
c0269342_20163422.jpg
親は巣の中に巣材を運んでいたので、この後2回目の抱卵を始めるのかも知れません。
c0269342_20175450.jpg
権現山の水場に居たシロハラ
Shirohara・Turdus pallidus
c0269342_20201002.jpg
シロハラは冬鳥なのでもうすぐお別れですね。
c0269342_20205168.jpg
c0269342_20213394.jpg
メジロ、たまには正面顏
Mejiro・Zosterops japonicus
c0269342_20221856.jpg
水浴びが大好きなメジロです。
c0269342_20224970.jpg
散った桜の花びらが良い感じです。
c0269342_20232650.jpg
ps.探鳥地情報・日向の渓谷

カワガラスの雛は巣立ちして独り立ち間近です。巣立ち後数日経っているので給餌のシーンはもう見られないと思います。
カワガラスの親は巣の中に巣材を運んでいたので、もう一度抱卵を始めるのだと思います。
これから抱卵を始めると、巣立ちは5月中旬になりますね。

ps.探鳥地情報・菜の花台

今日サシバは1羽も通過しませんでした。強い北風が渡りに何らかの影響を与えていると思われます。
こんな条件の時は鷹は無理をせず渡りをしないのか、それとも別のルートを通って渡っているのか興味深いですね。
明日の渡りの結果を見るといくらか謎は解けるかも知れません。
毎回期待を裏切られる鷹の渡りの観察ですが、失敗すればするほど仮説を検証したくなるのが面白いところかも知れません。でも何年かかるでしょうか。生きているうちに鷹の渡りの謎を解明できるか楽しみです。

ps.探鳥地情報・権現山

今日は夕方からの観察なので良く分かりませんが、夏鳥はまだですね。
去年は4月中旬にキビタキが来たので、今年もその頃までには来てくれるのではないでしょうか。
他にはセンダイムシクイも4月中には来てくれますね。
次回は夏鳥が来てから出掛けようと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-09 20:58 | Hinatayakushi Hill

2015.3.18 春を感じて・丹沢の清流・カワガラス(Feel spring)

今日は丹沢の清流にミソサザイとカワガラスを見に行きました。

ミソサザイは相変わらず巣作りに熱心でした。まだ求愛のさえずりは始めていませんが、さえずりの練習なのか時々数回づつ囀っていました。声も随分大きくなって清流よりも大きな音で鳴いていました。

カワガラスはもう巣に餌を運んでいました。まだ小さな餌なので雛は孵化して間も無いのだと思います。雛が大きくなると運んでくる餌も大きくなってきます。雛が食べられるサイズに合わせて餌を捕って来るんですね。凄いですね。
幼鳥が巣立ちして巣の外に出て来るのは4月初旬ですね。
子育ての邪魔をしないように静かに見守ることにして、長居はせずにサクッと見て引き上げます。

カワガラス、口に餌をいっぱい咥えて巣に帰ってきます。
Kawa-Garasu・Cinclus pallasii Temminck
c0269342_19225301.jpg
c0269342_19251668.jpg


[PR]
by kitachan0123a | 2015-03-18 19:32 | その他