タグ:サシバ(Butastur indicus) ( 4 ) タグの人気記事

2015.9.30 写真はイマイチですが・権現山・エゾビタキ他(The photograph is not good enough)

今日は午後から権現山に行って来ました。
鷹の渡りはイマイチでしたが、サシバが一度だけすぐ近くに来てくれたのと、何とサプライズでコウノトリが鷹の渡りと同じコースを飛んで行きました。ビックリ。
水場にはエゾビタキがたくさん来てくれました。
キビメスちゃんとのバトルやコウノトリ、サシバの写真も撮りましたがイマイチでした。

サシバ、塔のある広場に偵察に来ました。
Sashiba・Butastur indicus
c0269342_22104398.jpeg
c0269342_22110878.jpeg
コウノトリ、鷹の渡りと同じコースを辿って西方向に飛んで行きました。
Kounotori・Ciconia boyciana
c0269342_22114418.jpeg
c0269342_22121375.jpeg
c0269342_22123054.jpeg
エゾビタキ、反芻のように喉から木の実が出て来ました。不思議です。
Ezobitaki・Muscicapa griseisticta
c0269342_22143450.jpeg
キビメスちゃんとのバトル、ピンボケですが。
c0269342_22151649.jpeg
c0269342_22160223.jpeg
家族会議。移動日を決めています。
c0269342_22165227.jpeg
ps.探鳥地情報・権現山

鷹の渡りはまだ暫くは大丈夫ではないでしょうか。
ただ今年は少し早いような気がするので、10月に入って大渡りがあればそれが最後になるかも知れませんね。
水場には移動途中の夏鳥がまだ来ているので、こちらもまだ暫くは大丈夫だと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-09-30 22:32 | Gongen Hill

2015.9.22 秋晴れの空に乱舞する鷹たち・白樺峠・ハチクマ、サシバ他(Hawks dancing boisterously in the fine autumn sky)

白樺峠に行って来ました。目的は鷹柱を見る事です。
この辺りでも鷹の観察は出来ますが、数十羽の鷹たちが作る鷹柱は残念ながら見る事は出来ません。

早朝5:30には鷹見の広場でスタンバイ完了です。
午前中鷹たちは広場のすぐ上を通過してくれました。でもパラパラと飛ぶだけで鷹柱は出来ません。
前日に2400羽のサシバが渡って行ったので、もう在庫が不足しています。
鷹柱が出来始めたのは午後に入ってからでした。最初は20、30羽で、次第に数が増えていきます。
ついに50羽を超える鷹柱が出来始めます。最大はもう数え切れないくらいです。
鷹たちは秋晴れの空を楽しむかのように、大空で乱舞していました。

目的も達成できたし、すぐ近くを飛んでくれた鷹たちの写真も撮れたし大満足の遠征でした。

まずはハチクマです。
Hachikuma・Pernis ptilorhyncus
c0269342_14233781.jpeg
c0269342_17311134.jpeg
c0269342_14475117.jpeg
c0269342_15525434.jpeg
c0269342_14505206.jpeg
c0269342_21124746.jpeg
目が入ったよ。
c0269342_17350653.jpeg
ハチクマは個体によって羽や体の色や模様が違っているよ。見比べてみてください。
c0269342_14485032.jpeg
c0269342_15512660.jpeg
c0269342_14495047.jpeg
c0269342_01132474.jpeg
この子は体が真っ白です。羽も白いのかも知れませんね。
c0269342_01144564.jpeg
次はサシバです。
Sashiba・Butastur indicus
c0269342_15412627.jpeg
c0269342_17344574.jpeg
どんどん流れていきます。
c0269342_15432076.jpeg
c0269342_21140696.jpeg
高く舞い上がります。
c0269342_15494982.jpeg
c0269342_15553155.jpeg
c0269342_15503374.jpeg
c0269342_21154669.jpeg
乱舞するサシバ
c0269342_18245443.jpeg
白樺峠では何箇所かで鷹柱が出来ていました。上昇気流があちこちに出来るのだと思います。
c0269342_18225715.jpeg
ツミ、昼間は他の鷹にちょっかいを出していて、夕方から渡って行きました。
c0269342_21114032.jpeg
ps.探鳥地情報・白樺峠

今年の秋はもう終わりだと思います。このブログを見て行こうと思った人は来年まで待ってください。
鷹がすぐ近くを飛んでくれる場合と遥か彼方を渡っていく場合があって、日によっては沢山の数の渡りの鷹は出てくるけど、豆粒のような距離を渡っていく時もあります。
この日はとても条件が良かったらしく、鷹見の広場のすぐ上空を通過してくれる鷹が沢山いました。
それでも何百、何千と言う数の鷹が渡っていく光景は圧巻です。一度は見に行っても良いと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-09-21 12:16 | Shirakaba

2015.9.15 秋風に遊ぶ・矢倉岳・サシバ他(The hawk is idle for autumn wind)

満を持して今日は矢倉岳で鷹見です。
先日の下見では霧に泣きましたが、今日は若干のガスはありましたが、富士山方向、江ノ島方向共に見通し良く、空は晴れ渡って、風は東北東と鷹にとっては絶好の渡り日和です。
早朝4時出発で7時30分には頂上に到着です。
まずは8時過ぎに非渡りのノスリが頂上のすぐ近くを偵察に来ました。その後、サシバが2羽渡って行きました。
ハチクマが遠くで上昇気流に乗って舞い上がりましたが、渡りをせずに東の方に戻って行きました。
その後も何度かサシバが渡って行きました。ご一緒していた鷹見の方のカウントによれば21羽が渡って行ったとのことです。
サシバ達は時にはすぐ近くを、また時には上昇気流に乗って矢倉岳の遥か高空を渡って行きました。
今日は東北東のやや強目の風が吹いていましたが、風に乗ってまるで遊んでいるように矢倉岳周辺を通過して行きました。

サシバ、秋晴れの空にとても良く似合います。
Sashiba・Butastur indicus
c0269342_19580357.jpg
c0269342_20020095.jpg
近くを飛んでくれた時の写真は真っ黒で失敗作になりました。これはトリミングです。次回は綺麗に撮るぞ。
c0269342_19585453.jpg
雲のすぐ近くまで上昇していきます。
c0269342_20004453.jpg
ノスリ、非渡りのノスリですが、矢倉岳のすぐ真上を飛んでくれました。
Nosuri・Buteo japonicus
c0269342_20040616.jpg
これは遥か彼方のハチクマ君です。今日は渡りはせずに東の方に戻って行きました。後ろはサシバかな。
Hachikuma・Pernis ptilorhyncus
c0269342_20044148.jpg
ps.探鳥地情報・矢倉岳

今日は条件が良かった事もあって、矢倉岳頂上で観察しているだけで20羽以上のサシバが渡って行きました。
多分、頂上からは見えない北側の谷を渡っているサシバもかなり居ると思うので、50羽以上の渡りがあったかも知れません。
例年よりも1週間ぐらい早いようです。
今日は観察出来た鷹の種類は少なかったですが、多い日は10種類もの鷹が観察出来るそうです。
登山道は整備されて居るので大雨の影響などの心配はありません。例年と同じような整備状況です。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-09-15 20:18 | Mt.Yagura

2015.3.31 春風に踊る・菜の花台・サシバ(Grey-faced buzzard dance for a spring breeze)

今日は鷹の渡りの観察に菜の花台に行って来ました。
今日は所用があって午後からになるので、写真は撮れなくても姿だけ見れれば良いと思って行ってみました。
到着して2時間ぐらいはサシバは来てくれません。サシバ運が悪いので今日も来てくれないと諦めかけていましたが、2時を過ぎた頃からサシバが次々に現れてすぐ近くを飛んでくれました。
何時もは上昇気流を捉えて空高く舞い上がって渡って行くのですが、今日のサシバはちょっと強めの春風を楽しむかのように、踊りながら空を舞って渡って行きました。

サシバ、尾羽がかなり痛んでいますが、元気に渡って行きました。
Sashiba・Butastur indicus
c0269342_18045508.jpg
c0269342_19223794.jpg
c0269342_19314276.jpg
春は長旅の後なので羽が痛んでいる鷹が多いです。
c0269342_18053725.jpg
c0269342_18061084.jpg
このサシバは高空を渡って行きましたが痛んでいる所が無くて綺麗なサシバでした。
c0269342_18063037.jpg
おまけ、春の柔らかな陽を受けてきれいな声で囀っていました。ウグイスも綺麗な声で囀っていました。
c0269342_18433031.jpg

ps.探鳥地情報・菜の花台

春の鷹の渡りの観察はこの辺りでは菜の花台が良いようです。
私は秋は矢倉岳に行くのですが、春は矢倉岳を通過する鷹は少ないようです。
まだ始まったばかりなので、後2週間ぐらいはサシバの渡りが観察できると思います。
サシバの後はハチクマが渡って行くのですが、私はここでは観察したことがありません。
秋のような大きなピークはありませんが、例年であればピークは1週間ぐらい先になりますが、今年はいつもより早いような気がします。
高知県でもカウント調査が実施されていますが、高知で観察された鷹の一部がここを通過するようです。
高知県で大渡りが観察された2日後辺りが狙い目のようです。

桜の木があるのですがまだ蕾でした。去年はちょうど満開の頃に観察していたので、今年はやっぱり少し早いようです。
桜は今週末ごろに綺麗に咲くと思います。鷹の渡りもその頃がピークかも知れません。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-03-31 18:38 | Nanohanadai Hill