タグ:サシバ ( 8 ) タグの人気記事

2016.9.25 天空の勇姿・権現山・サシバ他

今日は権現山に鷹の渡りを見に行きました。予想に反してなかなか鷹が来てくれません。
それでも11時までの観察でしたが、サシバが10羽程近くを飛んでくれました。
天空を舞うその姿はサシバならではの美しさがあって、体の大きさ以上の優雅さがあって私が大好きな鷹のひとつです。

ピントがイマイチですが近くを飛んでくれました。
c0269342_13100508.jpeg
c0269342_13095621.jpeg
もう少し近くに来てくれたら目の色も出るのですが、私の機材では難しいです。
c0269342_13510954.jpeg

モズが高鳴きをしています。
c0269342_13101624.jpeg
エゾビタキがたくさん来ていました。
c0269342_13102905.jpeg
ps.探鳥地情報・権現山

晴れた日ならこれから1,2週間は鷹が観察できると思います。
ここの鷹は3方向(丹沢方面、内陸部、海側)から飛んでくるので、見逃さないように注意が必要です。
水場や林にはエゾビタキの他にサンコウチョウ、サンショウクイ、オオルリなどが来ているようです。

[PR]
by kitachan0123a | 2016-09-25 13:21

2014.9.28 秋空に舞う・矢倉岳・サシバ、ハチクマ、ノスリ、ハヤブサ

今日は満を持して鷹の渡りの観察に矢倉岳に行って来ました。
秋晴れの空にたくさんの鷹が乱舞しながら飛び交ってくれることを信じて、早朝からお出掛けです。
しかし矢倉岳から確認出来たのはほんの少しでした。
足柄万葉公園のカウント数を見ると100羽近く飛んでいるのですが、矢倉岳では確認出来ません。去年もそうでしたが、矢倉岳の北側の谷を通過する鷹は矢倉岳からは確認出来ません。そこをたくさんの鷹が飛んで行きます。お願いだから南側を飛んでください。
でも一度だけでしたが矢倉岳のすぐ横で数羽でしたが鷹柱を作ってくれました。あんなに近くで鷹柱を見たのは初めてです。それと今日もハチクマがすぐ近くで勇姿を見せてくれました。ハヤブサも近くに来てくれました。
数は少なかったですが紺碧の秋空に舞ってくれた鷹たちの勇姿が観れて、とても楽しい鳥見になりました。

サシバとハチクマ。今日は仲良しでした。一緒に鷹柱を作って渡って行きました。
私の編集の腕では逆光で真黒になった写真を綺麗に修正できません。真黒でごめんなさい。
c0269342_19443837.jpg
時には重なるように旋回しています。ぶつかりそうですね。
c0269342_08023523.jpg
サシバ、今日は鷹柱も見ることが出来ました。満足。でも写真は真黒です。
c0269342_19452980.jpg
遠くから来るサシバを待っていると、すぐ近くでお馴染みのピックイーと言う鳴き声が聞こえます。
何度か聞こえた後、すぐ近くの谷から現れました。今日は仲良しのハチクマ君と一緒です。
c0269342_19433777.jpg
数羽の鷹がすぐ近くで鷹柱を作ってくれました。逆光が残念。
c0269342_08153245.jpg
ハチクマ、幼鳥ちゃん。くちばしが黄色いです。鷹でも幼鳥の時は嘴が黄色いのですね。面白いです。
c0269342_19431362.jpg
背中はこんな感じです。まだ幼鳥なので羽根はすごく綺麗ですね。
c0269342_19432375.jpg
ハチクマ、こちらは立派な成鳥です。
c0269342_19450458.jpg
ノスリ、渡って行きます。
c0269342_19425837.jpg
背中も見せてくれました。
c0269342_19441054.jpg
ハヤブサ、飛びながら何か食べてました。喉が膨らんでます。
c0269342_19424005.jpg
ハヤブサ君も今日は秋空を楽しむかのようにゆったりと飛んでます。
c0269342_08220644.jpg
ps.探鳥地情報・矢倉岳
今日は足柄万葉公園でのカウント調査が90羽近くでしたが、矢倉岳では20、30羽ぐらいしか確認出来ませんでした。やはり矢倉岳の南側を通過する鷹が多いようです。
でも矢倉岳では今日も間近で鷹を観察することが出来ました。鷹柱もごく間近で観ることが出来ました。
でも今年は1日で観察出来る種類が少ないです。
例年ならオオタカやツミ、ミサゴ上手くいけばクマタカなども来てくれるのですが、今年はまだ来てくれません。次回は是非たくさんの種類の鷹を見たいと思います。鳥の神様宜しくお願いします。
足柄万葉公園のカウント数は1シーズンで2000羽ぐらいです。まだ1000羽も渡っていないので、まだまだたくさんの鷹が渡りをすると思います。
今年はハチクマが多いし低く飛んでくれます。この辺りではなかなか見られない鷹なのでハチクマ狙いで行ってみては如何でしょうか。でも来る来ないは運任せです。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-09-28 19:58 | 矢倉岳

2014.9.22 鷹の渡り前哨戦・矢倉岳・ハチクマ、サシバ、ノスリ

今日は矢倉岳に行って来ました。3回目の下見です。前回と前々回の反省を活かして準備は完璧です。
下見とは言いながら昨日はかなりの鷹がすでに渡りを始めているので、今日も飛んでくれることを期待しました。
ただ今日は朝のうちは空全体に薄雲が立ち込めていることや薄くガスがかかっていて視界が非常に悪かったので無理かなと思っていましたが、9時過ぎからは雲が晴れて視界も幾分良くなってきました。
視界が良くなってきた9時頃から渡りの鷹が現れ始めました。
まずはサシバでしたが、どうしたことか渡りをせずに矢倉岳の周辺を飛び回っています。時にはキッキッキッキッキとお猿のような声をあげて鳴きながら数羽で飛び回っています。
そうこうしているうちにサシバよりかなり大きな鷹が現れてダンスを始めました。
ノスリのダンスは見たことはありますが、こんなに大きな鷹のダンスは見たことがありません。
最初はクマタカかなと思いましたが、よく見るとハチクマです。このハチクマも矢倉岳の周囲を飛び回り出しました。
すると数羽で遊んでいたサシバとバトルが始まりました。

そんなこんなでビックリするような光景を見せてくれた後、鷹たちはそれぞれ富士山方向に向かって渡って行きました。

ほんの1時間ぐらいで、その後は2時まで粘りましたがサシバが1羽とノスリが1羽渡っていっただけでした。
でもとても充実した鳥見になりました。嬉しい。

ハチクマ、今日は2羽のハチクマが渡って行きました。
c0269342_18543002.jpg

c0269342_18545704.jpg

こちらはお友達のハチクマちゃんです。
c0269342_18551353.jpg

ハチクマとサシバのバトル。ハチクマ大きいですね。サシバが小さく見えます。
c0269342_01272694.jpg
c0269342_16560804.jpg
ハチクマのダンス。まずは急降下から。羽根をすぼめて一気に急降下します。時にはきりもみで急降下します。初めて見ましたが、すごくカッコ良いです。
c0269342_01322718.jpg
c0269342_17564340.jpg
止まる時は羽根を一気に広げて急ブレーキです。そしてまた上昇して急降下です。これを何度も繰り返してくれました。
c0269342_16593847.jpg
c0269342_01471314.jpg
c0269342_17592206.jpg
サシバ、今日は4羽のサシバが矢倉岳の周辺をキッキッキと鳴きながら飛び回っていました。
c0269342_13543298.jpg

いつもはゆったりと上昇気流に乗っていくサシバが今日は時にはハヤブサ並みのスピードで飛び回っていました。
c0269342_13444029.jpg
サシバのキッキッキと言う鳴き声も初めて聞きました。
c0269342_13593844.jpg
c0269342_13541191.jpg
c0269342_15164183.jpg
4羽のサシバが2羽づつ一緒に飛び回って、まるで戦闘機のドックファイトを見ているようでした。
c0269342_18091042.jpg
ノスリ、今日はサシバ君に押されておなとしかったです。
c0269342_14105273.jpg
ps.探鳥地情報・矢倉岳
今日は渡りの鷹が数羽だけでしたが、もう晴天の日であればたくさんの鷹が飛ぶと思います。例年よりも少し早いのでしょうか。
ここではたくさんの鷹を観ると言うよりも、たくさんの種類の鷹が上手く行けば1日で見ることが出来るところが魅力です。
渡りのサシバ、ハチクマ、ノスリ、ツミなどは勿論のこと、オオタカ、ハイタカ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、ミサゴ、クマタカまで見れることもあります。
しかもごく間近で見れるチャンスがあります。今日もハチクマが頂上の直ぐ横を飛び去って行きました。10mぐらいしか無かったと思います。去年はクマタカが同じように頂上の真上を飛んでくれました。

今年のピークはいつ頃になるでしょうか。私も後何度か行く予定です。
鷹見が初めてと言う方もこの時期であれば頂上にも鷹に詳しい人が居ると思いますので、いろいろ教えてもらえると思います。また、頂上まで登るのはちょっとと言う方には足柄万葉公園の東屋にも鷹見をしておられる方がたくさん居ますので、そちらでも十分鷹見が可能です。
興味のある方は一度行かれては如何でしょうか。但し、鷹は雨が降ったり曇りで視界が悪い時は飛びません。



[PR]
by kitachan0123a | 2014-09-23 01:41 | 矢倉岳

2014.4.10 春霞に飛ぶ・菜の花台・サシバ、ノスリ、オオタカ

今日も菜の花台に行ってしまいました。
鷹の渡りが毎回1,2羽ぐらいしか観察出来ていなくて、欲求不満状態だったので今日で終わりのつもりで行きました。
今日は春霞で視界がとても悪くて鷹が飛ばないのでは無いかと心配しましたが、菜の花台に来てみると霞はかかっているものの富士山も何とか見えて、これなら大丈夫だと安心しました。

着いてすぐに鉄塔でオオタカが出迎えてくれて幸先良しです。
着くのが早すぎたので少し待ちましたが、今日は渡りの鷹がたくさん来てくれました。
鷹柱は出来ませんでしたが5羽のサシバが次々に来てくれた時はとても嬉しかったです。
途中識別出来なかった鷹が何度か通過して行きましたが、帰ってから写真をよく見ると多分ハチクマと思われる鷹が通過していました。ピンボケだったので間違いかも知れませんが、勝手にハチクマと決めつけておきます。
今日はノスリも渡りのノスリとダンス好きの渡らないノスリが何度か近くに来てくれてました。

サシバ、今日は近くではっきり見ることが出来ました。
c0269342_18440177.jpg
上昇気流に乗って一気に上昇して行きます。
c0269342_18441443.jpg
c0269342_20334013.jpg
サシバは双眼鏡でもやっと見えるぐらい高くまで上がって一気に渡って行きます。それがカッコ良いんですね。
c0269342_18442528.jpg
ノスリ、何度も近くに来てくれました。上昇下降を繰り返すノスリダンスもしてくれました。
c0269342_18443763.jpg
c0269342_20495100.jpg
長旅で羽がボロボロです。目的地はもうすぐです。頑張ってください。
c0269342_18445724.jpg
背中も見せてくれました。
c0269342_20324672.jpg
勝手にハチクマ、首が長いのでハチクマと言うことにしておきます。う~ん、やっぱりサシバかな。
c0269342_18573887.jpg
オオタカ、鉄塔でお出迎え
c0269342_18453251.jpg
近くで何度か飛んでくれました。
c0269342_18581170.jpg
カワウも編隊飛行で渡りです。
c0269342_18460334.jpg
桜は満開の少し後でした。
c0269342_18464651.jpg
今日の富士山、霞がかかっってすそ野がはっきり見えません。
c0269342_19044487.jpg
ps.野鳥の能力・鷹の飛行判断能力
鷹は渡りのルートを目で確認していると言われています。最近では高速道路なども目印になっているとのことです。
しかし鷹の能力はこんなもんじゃ無いと思います。
サラリーマン時代の同期に飛行機オタクが居ました。オタクと言っても天下のT大の航空学科院卒なのでオタク呼ばわりは失礼ですが。
そのオタクの彼がグライダー乗りは凄いんだよ。空や地形を見ただけで空気の流れや気流などが分って、飛ぼうと思えば地上に降りないで上昇気流を見付けながらどこまででも飛べるんだよと言っていました。
飛べない人間がそんな芸当が出来るのであれば、何百万年、何千万年空を自由に飛んでいる鳥達はもっと凄い能力を持っているに違い無いと思います。
ウエザーニュースを見なくても少し先までの天気が分かる、Googleマップを見なくても一度でも通った場所の地形は3Dマップとして記憶されている、GPSが無くても自分が居る場所が分かる、日時も分かるなどなど。
こんなことを考えながら鷹の渡りを見ていると、また鷹の素晴らしさを感じてしまいます。

[PR]
by kitachan0123a | 2014-04-10 18:58 | 菜の花台

2014.4.5 今日も1羽だけ・菜の花台・サシバ

今日も春のタカ渡りの観察です。
2日間雨でタカが渡っていないことから今日こそはと意気込んで早朝から出発です。
空も青空で富士山方向も綺麗に澄み渡って視界良好です。
到着したらこの前は蕾だった桜も綺麗に咲いていて、花見気分のタカ観察で最高の条件です。
どこで写真を撮れば綺麗な写真が撮れるか場所の確認をしたりして、タカさんが来ることを信じて余裕の態度です。
観察を始めてすぐにハイタカがトビとバトルをして楽しませてくれて、幸先良しと益々期待大です。
その後はノスリが何度か飛んでくれて、さあ次こそはサシバの渡りの番だと双眼鏡で遠くを確認します。
しかし途中何度かノスリは飛んでくれましたが、1時間、2時間待ってもサシバが来てくれません。
お昼近くになった時、やっとサシバが1羽来てくれました。少し低めで近づいて来て、比較的近くで旋回しながら高度を上げて一機に東に流れて行きました。
でもこれが今日の最初で最後のサシバでした。
心残りはありますが春のタカ渡りの観察はこれを最後にして、これからはシギチドリと夏鳥の観察をしようと思います。

サシバ、逆光で雲バックなので綺麗に映りませんでした。
c0269342_17361010.jpg
ノスリ、今日は結構何度も来てくれました。
c0269342_17363044.jpg
カワラヒワ、朝一良い場所に止まってくれました。
c0269342_17371583.jpg
ホオジロ
c0269342_17374842.jpg
菜の花台から見た富士山
c0269342_17384138.jpg

[PR]
by kitachan0123a | 2014-04-05 17:42 | 菜の花台

2013.10.8 矢倉岳・サシバ、アマツバメ、クマタカ

昨日、今日と矢倉岳に鷹見に行ってきました。昨日は何と撮り鳥を始めて一度もシャッターを押さない日になりました。ショックで復路が20分以上余計にかかりました。おまけに今日は2時間以上も寝坊してしまいました。
今日は満足ではありませんでしたが、何とか鷹見の醍醐味の少しは味わえたと思います。
鷹たちは肉眼では見えないぐらい高く大空に舞い上がって、一気に西の方に流れて行きます。
これからの長旅を無事に終えて、また来年元気に戻って来てきれることを願いながら、暫く鷹たちを見送りました。

サシバ、一度だけ比較的近くを飛んでくれましたが、背景が悪いので綺麗に撮れませんでした。
c0269342_226910.jpg

鷹柱は今日は数回見られました。すごく高くまで上がっていました。多分、3000m以上上がっていたと思います。こんなに高くまで上がるのであれば雲の上を飛んでいる鷹もたくさん居るのではないでしょうか。
c0269342_21571359.jpg

クマタカ、今日は何度か偵察してくれました。
c0269342_21341016.jpg

アマツバメ、シルエット写真ですみません。今日はこれまでで一番たくさん飛んでいました。10羽以上いました。
すごいスピードで飛んでいます。たまに目に前を通り過ぎますが、シュンと風を切る音がします。
チゴハヤブサも居たのですが、写真は背景が悪いのと遠過ぎたのでダメでした。
c0269342_21365020.jpg

ノビタキ、矢倉岳の頂上に時々来ます。これから暖かい越冬地に向う旅の途中に立寄ったところです。
c0269342_22431260.jpg

今日の富士山、見えたり、隠れたりでした。
c0269342_22491320.jpg


ps.鷹の渡りの観察
始めて鷹の渡りの観察をして鷹の虜になってしまいました。こうして鷹ウォッチャーが誕生してくるのだな思います。
期待が大き過ぎたので結果は満足出来ませんでしたが、上昇気流に乗ってどんどん上昇していく鷹と鷹柱、一気に渡りの目的地に向かって流れるように飛んで行く姿が観察出来たこと、たくさんの鷹を短期間で観察出来たこと、何種類かの鷹をごく間近で観察出来たことが大きな成果です。
観察出来た鷹は、サシバ、ハチクマ、ツミ、ハイタカ、ノスリ、チゴハヤブサ、ハヤブサ、クマタカ、オオタカ、ミサゴです

ps.今後の予定
鷹見に思いの外時間を掛けてしまったので、他の鳥見が疎かになってしまいました。
去年の10月の活動を思い出すと色々と楽しみな鳥見をたくさん計画できそうです。
探鳥場所は、里山公園、早戸川林道、馬入ふれあい公園、神川橋、などですが、これに加えて丹沢湖、矢倉岳にはクマタカの求愛ディスプレィが観察できないか行ってみようと思っています。また北富士演習場には珍しい猛禽類が観察できないか行ってみようと思っています。結果はブログで報告します。
[PR]
by kitachan0123a | 2013-10-08 21:44 | 矢倉岳

2013.9.29 矢倉岳・鷹の渡り・サシバ、ハチクマ、ハイタカ、ツミ、ミサゴ、クマタカ、ノスリ

今日は鷹の渡りを見に矢倉岳に行ってきました。
一昨日に400近く、昨日は90ぐらい渡ったと言うことで、今日も期待していましたがダメでした。

4時30分に家を出て矢倉岳には7時頃には着いて観察を始めて、2時頃まで居ましたが渡りはサシバが数回渡って行っただけでした。残念ながら期待外れでした。鷹柱も出来ませんでした。渡りの観察は10月始めにリベンジします。

でも渡りではありませんが、色々な鷹が観察出来たので良しとします。これでハチクマとオオタカが見れればオールスター出演だったんですが。よく見たらハチクマいました。

サシバ、丹沢方面から矢倉岳を通過して富士山の南側の裾野を通過して行きます。
矢倉岳の南側を通過してくれれば間近に見ることが出来ます。今年は大半が北側を通過しているそうです。残念。
c0269342_1701036.jpg

c0269342_16585216.jpg

今日は鷹柱は出来ませんでしたが、それでも3羽のサシバが矢倉岳の南東側で上昇気流に乗ってどんどん高く上って行きます。この方角でもう少し矢倉岳の近くで鷹柱が出来ると間近で鷹が見れます。
c0269342_15373293.jpg

省エネ飛行で一直線に渡って行きます。
c0269342_15471421.jpg

中には富士山の手前で上昇気流を使って高度を上げる鷹もいます。良い写真が撮れるかも。
c0269342_1612161.jpg

c0269342_17524037.jpg

ハイタカorツミ、ハイタカはツミとバトルもしていました。
c0269342_15424728.jpg

c0269342_1681578.jpg

ミサゴ、何故か矢倉岳の上空に現れました。今日は鷹のオールスター出演です。
c0269342_1621353.jpg

クマタカ成鳥、前の記事ではお子ちゃまでしたが、立派な成鳥も矢倉岳の上空を旋回していました。→これはハチクマでしたね。
c0269342_15383946.jpg

ノスリ、この写真では判別は難しいですが多分ノスリだと思います。このノスリは渡りの途中だと思いますが、一気に西方向に飛んで行きました。
c0269342_17365565.jpg

矢倉岳からの今日の富士山
c0269342_2242593.jpg


ps.野鳥情報・神川橋のミサゴ
神川橋にミサゴが来ていないか見に行ってきました。バーダーの方が数名居ましたが、今年はまだ現れていないそうです。ミサゴの豪快な狩が見られるのはもう少し先になりそうです。

ps.野鳥情報・早戸川林道
1週間毎に行っていますが、まだほとんど野鳥が居ません。冬鳥が見られるようになるのは10月中旬以降だと思います。

ps.野鳥情報・里山公園
里山公園にも毎週行っていますが、まだほとんど野鳥が居ません。水場には時々キビタキが来てくれますが、他はいつもの留鳥のメンバーです。
[PR]
by kitachan0123a | 2013-09-29 20:39 | 矢倉岳

2013.9.18 矢倉岳・ハチクマ、サシバ

今日は矢倉岳に行ってきました。鷹の渡りを矢倉岳で観察する事にしたので下見です。
まだ時期的に早いのでたくさんのタカが見られることは期待していませんでしたが、少しは出てくれると思っていたのですが、ほとんど出てくれませんでした。家を出るのが遅かったので、到着がお昼近くになったので仕方ないかも知れません。
本番では早朝に到着できるよう頑張ります。

今日ちょっとだけ姿を見せてくれたのは、ハチクマ、ノスリ、鷹の素人にはよく分かりませんがサシバだと思います、それとハヤブサでした。

ハチクマ、結構近くを飛んでくれました。
c0269342_191163.jpg

c0269342_20345764.jpg

c0269342_22212640.jpg

c0269342_1945072.jpg

おしっこをしたのでしょうか?水のような物が写ってます。
c0269342_19171062.jpg

c0269342_19295936.jpg

c0269342_1927266.jpg

私には識別出来ませんが、サシバだと思います。
c0269342_19325553.jpg

c0269342_19333624.jpg

c0269342_1934208.jpg

矢倉岳からの富士山
c0269342_20494913.jpg


ps.探鳥地情報 矢倉岳
足柄万葉公園から歩いて1時間、私は7kgの機材を三脚ごと担いで登ったので、途中休み休みで1時間20分掛かりました。
コースは高尾山程度の山路でそれ程きつくはないですが、コース後半の胸突き八丁と言ったあたりに急な登りがあるので、機材を担いで登るのは大変危険だと思います。
観察場所は頂上の広場が良いと思いますが、それほど広くないのでたくさん人が押し寄せると入り切らないかも知れません。
鷹柱はこの頂上のかなり近くで発生するようなので、ごく間近で観察できると思います。櫓の上からはタカを上から観察できます。
[PR]
by kitachan0123a | 2013-09-18 19:01 | 矢倉岳