タグ:チュウシャクシギ(Numenius phaeopus) ( 1 ) タグの人気記事

2015.4.21 旅の途中で・柳島海岸・チュウシャクシギ(In the middle of a trip)

シギチドリの渡りも本格化してきたので、そろそろ近場にもと思い、今日は柳島海岸に行って来ました。
海岸にはチュウシャクシギが数羽、上空には10数羽のチュウシャクシギが飛んでいました。
それ以外はコチドリが1羽だけいましたが、他のシギチドリは居ませんでした。

暖かくなってきて、やっと柳島海岸にもシギチドリが旅の途中で立ち寄ってくれるようになりました。

チュウシャクシギ、朝方は暗い曇り空だったこともあって色が綺麗に出ません。
Tyuusyaku-Shigi・Numenius phaeopus
c0269342_21524502.jpg

c0269342_13442494.jpg
c0269342_13554093.jpg
海岸の岩場で蟹を獲って食べています。
c0269342_13450167.jpg
c0269342_13482874.jpg
今日は波が高かったのでテトラポッドに避難します。
c0269342_13455549.jpg
c0269342_21531232.jpg
海岸には3羽、上空には11羽のチュウシャクシギがいました。
c0269342_13470472.jpg
c0269342_21573341.jpg
c0269342_13034507.jpg
干潮が近付いてきて波がおさまってきたので、岩場で蟹獲り再開です。
c0269342_13514805.jpg
飛翔も撮りましたが色がイマイチです。
c0269342_13495462.jpg
c0269342_13502002.jpg
c0269342_14294202.jpg
羽の表と裏。
c0269342_13510336.jpg
c0269342_13504478.jpg
イソヒヨドリの番いはこれから子育てでしょうか。
Iso-Hiyodori・Monticola solitarius
c0269342_13542313.jpg
c0269342_13544512.jpg
ps.探鳥地情報・柳島海岸

シギチドリはここには長居はしません。ほとんどが1日で抜けてしまいます。
チュウシャクシギは比較的よく居て、岩場で蟹を獲っているので、見れることが多いのですが、干潟には餌が無いので、干潟で餌を探すシギチドリは羽を休めるだけで、すぐに渡って行きます。
観察はGWとその前後が良いと思います。私もその頃にまた行こうと思います。
釣り人が比較的少ない平日の早朝が良いですね。
時々珍しいシギチドリが居るので、期待しながらワクワクして岩場を歩きます。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-21 14:16 | Yanagishima Coast