タグ:ノゴマ ( 1 ) タグの人気記事

2014.10.25 主役は僕だよ・狭山湖・ノゴマ、チョウゲンボウ

今日は午後から狭山湖で鳥見です。去年から計画していたノゴマの観察です。狭山湖には毎年この時期に渡り途中のノゴマが立ち寄ります。
ノゴマが立ち寄る場所は他にもありますが、私の家からは一番近い場所になります。でも多くても数個体しか居ないので、行っても無駄足になることもあります。
お昼頃に着いて、カメラの準備が終わって昼食を食べ始めた途端、ノゴマ君登場です。いつものパターンです。お願いだからゆっくりご飯を食べさせてください。
でもその後はなかなか出て来てくれません。これも何時ものパターンです。

でも今日はチョウゲンボウ君が来てくれて、ノゴマの待ち時間に私たちを楽しませてくれました。
すぐ目の前に止まったり、すぐ近くを飛んでくれたり、ホバリングを見せてくれたりで、まるで主役は僕だと言わんばかりです。本当に楽しかったです。チョウゲンボウ君ありがとう。

ノゴマ、今日は1個体だけしか居ませんでした。
c0269342_20572411.jpg
c0269342_00235669.jpg
c0269342_00242699.jpg
私のカメラではこの背景だとオートフォーカスが微妙にずれてしまいます。
c0269342_20593427.jpg
ちょこまか動くので綺麗な写真が撮れません。悔しい。
c0269342_21005545.jpg
せめて羽繕いを撮らせてください。でも枝被りです。
c0269342_21003083.jpg
チョウゲンボウ、バーダーがたくさん居ても全然気にしていません。
c0269342_21013840.jpg
何度も目の前を通過してくれます。
c0269342_21015647.jpg
カラスに虐められていました。
c0269342_21023252.jpg
ノスリも来てくれました。オオタカも居るよ。
c0269342_00250361.jpg
アオゲラ
c0269342_21035680.jpg
c0269342_00282226.jpg
ps.探鳥地情報・狭山湖

湖にはオシドリが居ました。他にはキンクロハジロ、オナガガモ、カンムリカイツブリなども居ましたが、まだ数は少ないです。カモ類の観察はもう少し先が良いですね。
ノゴマは数週間前から観察されており、11月中旬まで見られると思います。
1個体が滞在するのは長くて1週間ぐらいですが、次々にノゴマが通過していくので、ここでは1ヶ月間ぐらい観察出来ます。
まだ暫くはノゴマの通過があると思うので焦らなくても大丈夫です。
観察場所は広いのでたくさん人が来ても大丈夫ですが、サイクリングをしている人も居るので道を塞がないようにしてください。
それとノゴマが警戒するので遊歩道以外には絶対立ち入らなようにしてください。

ps.マナーを見つめて・自然を大切にしていますか?

私が毎年鳥の訪れを楽しみにしている場所の一つに春先にレンジャクが来てくれる高麗山があります。
ここにはレンジャクが好んで食べるヤブランと言う黒紫の実を付ける植物がたくさん生えています。
レンジャク達はちょうど移動の途中でこの地に立ち寄り、少しの間羽を休めていきます。その時に体力を付けるためにこのヤブランの実をたくさん食べます。
ヤブランは林道のすぐ脇のいたる所に生えていて、その実を食べるためにレンジャク達がすぐ目の前にやって来てくれるので、ほんの1,2メートル先のレンジャクの写真が撮れることから大変人気で多い日は数百人ものバーダーが訪れます。

ここで私が何時も気にしている事があって、バーダーの皆さんの多くが林道以外の場所に立ち入って写真を撮っていることです。
前述した通り、レンジャク達が何故この地にやってくるのかと言うとヤブランがあるからなんです。
そのヤブランをバーダー達が寄ってたかって踏み潰しています。
今年の春先、レンジャクが来る少し前に高麗山に行ってヤブランの実の付き具合を確認しましたが、去年よりもとても少なく感じました。

もう色々書かなくても分かっていただけると思いますが、本当にこんな事を続けていて良いのでしょうか?
私はこんな事をするような人には、私の地元には来て欲しくないとさえ思ってしまいます。
探鳥地をブログで公開すると色んな方に非難されます。こんな事があるので当然のような気がします。
これと同じような事例は他にもたくさんあると思います。

皆さんは本当に自然を大切にしていますか?

[PR]
by kitachan0123a | 2014-10-25 21:11 | 狭山湖