タグ:ノビタキ(Saxicola torquata) ( 3 ) タグの人気記事

2015.10.22 待鳥来らず・真鶴岬・ヒヨドリ他(The bird which I was waiting did not come.)

一昨年、真鶴岬でヒヨドリの渡りの観察をしました。
その時はヒヨドリさんには申し訳ないのですが、ハヤブサの狩りの様子が凄くてとても印象に残りました。

そこで今回はヒヨドリさんには申し訳ないですが、ハヤブサをメインに観察しようと真鶴岬に行って来ました。
早朝7:30から観察を始めましたが、渡りのヒヨドリの数が少なかったのと、それが原因なのかハヤブサが現れません。
ヒヨドリ君にとってはとても安心して渡りが出来て幸いでしたが、私にはちょっと不本意な観察になってしまいました。

帰りにミサゴを見ようと神川橋に寄ってみましたが、こちらも姿を見せてはくれませんでした。

今日はハヤブサ君とミサゴ君に振られて待鳥来らずの1日でした。

今日の主役のヒヨドリ達です。海岸の林からどんどん出てきます。
Hiyodori・Hypsipetes amaurotis
c0269342_21051245.jpeg
海の上を飛んでいきます。
c0269342_21124235.jpeg
ハヤブサに襲われないように海面すれすれを飛んでいきます。
今回ハヤブサが来ないのでよく分かりましたが、ヒヨドリ達はとてもビビリで、カモメやカラスが近付いて来てもちょっとパニクリます。ハヤブサに最大限の警戒しているからですが、ちょっとビビリ過ぎです。
c0269342_21161994.jpeg
左上の群が渡って行きました。比較的小さな群で500羽ぐらいだと思います。
ハヤブサ君はこの岩の上で食事をして、そして待ち伏せします。
c0269342_21443465.jpeg
イソヒヨドリ、こちらは渡りはしないので鷹見の見物です。でも今日は鷹が来なかったけど。
Iso-hiyodori・Monticola solitarius
c0269342_21190842.jpeg
ノビタキ、1羽だけでしたが海岸の草むらに居ました。
Nobitaki・Saxicola torquata
c0269342_21272125.jpeg
c0269342_21310862.jpeg
c0269342_21381077.jpeg
ジョウビタキ、ここまで来ているので、もうすぐ近場の公園などにも来ますね。
Zyoubitaki・Phoenicurus auroreus Pallas
c0269342_21332114.jpeg
キアシシギの幼鳥
Kiashi-shigi・Tringa brevipes
c0269342_21221554.jpeg
ウミネコ、この風景に良く似合います。
Umineko・Larus crassirostris
c0269342_21285502.jpeg
こちらは神川橋のノスリです。
Nosuri・Buteo japonicus
c0269342_21242492.jpeg
ps.探鳥地情報・真鶴岬

まだ早いのか、それとももう遅いのか、渡りのヒヨドリの数が少なかったです。一昨年の5分の1ぐらいですかね。
早朝7:30から3時間ぐらい観察しましたが、ハヤブサも一度も姿を見せませんでした。
純粋にヒヨドリの渡りの様子を観察するには良いと思いますが、ハヤブサとの駆け引きも含めて観察したい場合は、今日のようにハヤブサが来ないとちょっと物足りないかも知れません。
でも海岸縁には色んな野鳥が居たので、それも含めてチャラと言ったところでしょうか。
ヒヨドリの渡りは例年なら10月いっぱいは観察出来るのですが、今年はどうでしょうか?

ps.探鳥地情報・神川橋

今日も午後からの観察なので午前中の状況は分かりませんが、一度も姿を見せてくれませんでした。
ここにミサゴが来るのは落鮎を獲るためなので、まだ落鮎が来ていないのだと思います。
今はもう少し上流の方で生きの良い鮎を獲っているのだと思います。
もう少し待ちましょう。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-22 22:01 | Manazuru Cape

2015.8.23 秋色ノビタキ・山中湖周辺・ノビタキ他(Autumnal scenery stonechat)

今日も小さい秋探しです。またまた山中湖に行って来ました。もう長袖のシャツだけでは寒いくらいです。
今日は念願の小さい秋を見つけました。もうすぐ秋色のノビタキがすぐ近くで歓迎してくれました。
演習場のノビタキは真黒な夏羽はほとんど居なくなって、秋色の羽に生え替わっていました。

ノビタキ、もうすぐ秋色のノビタキも綺麗です。
Nobitaki・Saxicola torquata
c0269342_22581330.jpg
c0269342_22583458.jpg
c0269342_22585966.jpg
換羽中
c0269342_23013610.jpg
c0269342_23020958.jpg
c0269342_23030327.jpg
お子ちゃま
c0269342_23050309.jpg
c0269342_23042020.jpg
c0269342_23053675.jpg
キビタキ
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_23063533.jpg
c0269342_23070136.jpg
ps.探鳥地情報・演習場

ノビタキはもうすぐ移動を始めるのだと思いますが、盛んに活動をしていました。
キビタキやホオアカもまだ居ましたが、こちらもそろそろ移動を始めると思います。
気温はすでに秋を感じさせるような涼しさで、朝や夕方はもう寒いくらいです。
これだけ涼しければ冬鳥ももうすぐ来るかも知れませんね。

ps.探鳥地情報・丹沢の林道

最近原付で丹沢の林道を走り回っています。
残念ながら鳥の写真は撮れていませんが、鳥が居そうな林道をたくさん見つけました。
今は鳥枯れの時期なので冬鳥の季節になってから詳しく調べようと思っています。
メジャーな探鳥地も良いですが、名も無き林道にサプライズが待っているような気がします。
この秋はメジャーな探鳥地のリポートもしますが、丹沢林道シリーズも掲載したいと思っています。
誤解の無いように書いておきますが、珍鳥情報をお伝えするのではありません。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-08-23 23:18 | Lake Yamanakako

2015.5.30 上手くいく時いかない時・奥日光・カッコウ他(When when I go well, I do not go)

昨日は奥日光に行って来ました。戦場ヶ原と小田代ヶ原を散策しました。
狙いはオオモズ、オオジシギ、オオアカゲラでしたが、全滅でした。
でも戦場ヶ原らしい綺麗な写真をたくさん撮ることが出来てとても満足な鳥見になりました。
中でもカッコウの托卵が上手くいった思われる後の満足げな顔と、托卵先のコサメビタキに追い回されたて托卵が思うようにいかなかった時の時の顏がとても対照的で面白かったです。

カッコウ、先週は富士山麓で托卵をするためにたくさんのジュウイチが集まっているところを、今週は戦場ヶ原で同じく托卵をするために集まっているたくさんのカッコウを観察出来ました。
この写真は草原からいきなり飛び出してきて、草原の木に止まったところです。多分、ノビタキかホオアカの巣に托卵したのだと思いますが、とても満足げに見えます。
Kokkou・Cuculus canorus
c0269342_12573294.jpg
カッコウは草原だけではなく、林の中でも托卵を狙って飛び回ります。林の中ではコサメビタキやキビタキの巣に托卵するのでしょうか。
c0269342_12583964.jpg
でも托卵先のコサメビタキに見つかると、もの凄い勢いで追い回されます。この時のビビリ顏が笑えます。
草原でもノビタキに見つかって追い回されていました。
c0269342_13002225.jpg
残念ながらピンボケですが、コサメビタキは体当りするのですが、その時は羽を全部閉じて矢のように飛んできます。早過ぎて写せません。この写真は攻撃の後に体制を立て直すために羽を広げたところです。カッコウはさぞかし怖いと思います。
c0269342_19195035.jpg
MAXビビリ顏
c0269342_16490576.jpg
ひと仕事終えるとそれぞれお気に入りの木に止まって鳴きます。昨日はあちこちで鳴いていたので合唱しているようでした。
c0269342_13033998.jpg
でもこんな枝はモズの止まり木になっているので、見つかるとモズにも追い回されます。
c0269342_13043806.jpg
今日は優柔不断で写真を絞り込めなかったので、めちゃくちゃ写真が多くなりました。ごめんなさい。
ニュウナイスズメ、とても綺麗なペアでした。
Nyuunaisuzume・Passer rutilans
c0269342_13222154.jpg
c0269342_13232295.jpg
咥えている虫が写らないように後ろから。
c0269342_13235126.jpg
ごめんなさい、写っちゃいました。
c0269342_13244915.jpg
c0269342_22002832.jpg
c0269342_22011937.jpg
花に囲まれて。
c0269342_13251517.jpg
僕も花に囲まれて。
c0269342_13254987.jpg
夜露に濡れた葉から水滴が飛びます。もう少し良いアングルでニュウナイスズメが撮れたら良かったです。
c0269342_14142497.jpg
c0269342_14321210.jpg
c0269342_14163185.jpg
c0269342_22015925.jpg
ノビタキ、戦場ヶ原にとても良く似合います。たくさん撮った自己満足写真。
Nobitaki・Saxicola torquata
c0269342_13290670.jpg
c0269342_13300960.jpg
c0269342_13305134.jpg
c0269342_13312698.jpg
c0269342_13320912.jpg
c0269342_13454129.jpg
c0269342_13473697.jpg
c0269342_13325837.jpg
c0269342_13463192.jpg
c0269342_13470383.jpg
ホオアカ、あまり良い場所には出てきてくれませんでした。
Houaka・Emberiza fucata
c0269342_13351858.jpg
c0269342_13413826.jpg
c0269342_13364398.jpg
c0269342_14283627.jpg
マガモ、可愛い雛たち。
Magamo・Anas platyrhynchos
c0269342_13513050.jpg
めっちゃ可愛い雛たち。
c0269342_13515283.jpg
遅れる子を待っていた母親が遅れないように優しく注意しています。
c0269342_13523466.jpg
こんな小さな雛でももう昆虫のような虫を捕まえて食べてます。
c0269342_13551125.jpg
アオジもいたる所で綺麗な声で囀っています。この時期ならではですね。
Aoji・Emberiza spodocephala
c0269342_14000473.jpg
c0269342_14003773.jpg
モズ、オオモズは見つけられませんでしたが、普通のモズはたくさん居ました。
Mozu・Lanius bucephalus
c0269342_14060588.jpg
c0269342_14065136.jpg
ここに居るだけで由緒正しいモズに見えてしまいます。
c0269342_14045568.jpg
キビタキ、あまり時間を掛けられなかったので少しだけ撮影しましたが、たくさん居ます。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_14101958.jpg
なかなか綺麗な場所には出てきてくれませんでした。
c0269342_14113542.jpg
コサメビタキ、近くには来てくれませんでした。
Kosamebitaki・Muscicapa dauurica
c0269342_14204543.jpg
c0269342_14212723.jpg
c0269342_14215054.jpg
オオジシギ、あちこちで鳴いて居るのですが、昨日は暑かったので姿を見せてくれませんでした。夕方にちらっとだけ。
Ohjishigi・Gallinago hardwickii
c0269342_14233664.jpg
アカゲラ、ひどい写真ですが。とても少なかったです。オオアカゲラはドラミングだけ聞きました。多分。
Akagera・Dendrocopos major
c0269342_14342910.jpg
今日の戦場ヶ原
c0269342_13144864.jpg
ps.探鳥地情報・戦場ヶ原、小田代ヶ原

日本三大探鳥地だけのことはあります。種類、生息数共にいつも行く探鳥地とは比較になりません。
でも今回は早朝9時頃までと14時過ぎからだけしか鳥が姿を見せてくれませんでした。
日中は暑かったからかも知れませんが全く姿を見せてくれません。私は夜明け前の4時頃から探鳥を始めました。
今回のお目当てのオオアカゲラですが、もう少しすると子育てが始まるのでその頃になればもっと姿を見せてくれるのではないでしょうか。
オオジシギもディスプレイフライトはなかったのですが、オオジシギは草原のあちこちで鳴いているので、こちらももうそろそろ始まるのではないでしょうか。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-31 14:58 | Okunikou