タグ:ハイイロチュウヒ(Circus cyaneus) ( 3 ) タグの人気記事

2015.3.8 出会いは何時も一瞬・山中湖周辺・ハイイロチュウヒ(Encounters are always instants)

今日は午後から山中湖に行って来ました。
ハイイロチュウヒの最後の観察のつもりでしたが、道路が荒れていて何時ものポイントまで辿り着けませんでした。
もう一箇所のポイントで待っていましたが、もう遅くなって諦めかけていた時、突然葦原の中から出てきてくれました。でも今日も近くには来てくれませんでした。
やっぱりここでは近くで写真を撮るのは難しそうです。

これで今シーズンのこの地での猛禽観察は終了とします。来年もまたハイイロチュウヒやコチョウゲンボウが元気な姿で帰って来て、ここで会えることを期待したいと思います。今シーズン楽しませてくれて本当にありがとう。

出会いは何時も一瞬で、だから尚更愛おしくなるのでしょうか。

ハイイロチュウヒ
Haiiro-Tyuuhi・Circus cyaneus
c0269342_21011913.jpg
遠くに山中湖を望みます。
c0269342_21011161.jpg
折角近付いてくれたのですがピントがあっていません。
c0269342_21143374.jpg

c0269342_22441301.jpg
ps.探鳥地情報・演習場

道路がかなり荒れているので普通車では走行は難しいと思います。四駆のしかもジープのような車高の高い車で無いと危険ですね。またぬかるんでいる場所もあるので無理は禁物です。今は行かない方が良いかも知れません。

ハイイロチュウヒはまだ居ましたが、ここは広すぎてどこに出てくれるのか分かりません。
出てくれても多分人がいると近くには来てくれません。
今日も私の方に近付いて来たのですが、私の姿を見つけると方向を変えて離れて行ってしまいました。

次回は夏鳥の渡りが始まる頃に素敵な出会いを期待して尋ねてみたいと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-03-08 21:11 | Lake Yamanakako

2015.2.12 それなりに楽しい鳥見になりました・奥駿河湾、浮島ヶ原・クロガモ、オオジュリン(It became the bird watching pleasant as such)

今日はちょこっと遠征して新しい探鳥地の調査です。
遠征先は奥駿河湾と浮島ヶ原と周辺の田園地帯です。
奥駿河湾ではウミスズメなどの海鳥を、浮島ヶ原周辺の田園地帯では猛禽を観察するのが狙いです。

今日は午前中はとても穏やかな天気でしたが、午後からは小鳥も飛ばされるぐらいの風が吹きました。
陸からの海鳥観察では海が荒れた方が湾内に珍しい海鳥が入って来るのですが、今日のように穏やかな天候だと、はるか沖合にいて観察出来ません。また猛禽観察ではあまり風が強いと猛禽が飛ばなくなって観察出来ません。
と言うことで、今日は天気に泣かされました。

でも普段見ることが出来ない鳥さんがたくさん観れたので、それなりに楽しい鳥見になりました。

ユリカモメ、小さくて可愛いので私は大好きです。
Yuri-Kamome・Larus ridibundus
c0269342_23445036.jpg
c0269342_23470487.jpg
オオセグロカモメ
Oh-Seguro-Kamome・Larus schistisagus
c0269342_23461915.jpg
ミサゴ
Misago・Pandion
c0269342_23474428.jpg
カンムリカイツブリ
Kanmuri-Kaitsuburi・Podiceps cristatus
c0269342_23484157.jpg
クロガモのお嬢さん、奥駿河湾では結構珍しいです。でもクロガモはやっぱりオスが良いですね。
Kuro-Gamo・Melanitta nigra
c0269342_23491735.jpg
オオジュリン、今シーズン初めて撮りました。ちょっと嬉しかったです。
Oh-Zyurin・Emberiza schoeniclus
c0269342_23503614.jpg
c0269342_23512656.jpg
オオジュリンっぽい写真、中から虫を取り出して食べます。
c0269342_09282166.jpg
カワセミ、ジロジロ見たら嫌われちゃいました。
Kawa-Semi・Alcedo atthis
c0269342_23521400.jpg
ハイイロチュウヒのお嬢さん、お嬢さんだけどちょっと怖い顔してます。
Haiiro-Tyuuhi・Circus cyaneus
c0269342_23530114.jpg
c0269342_23532728.jpg
c0269342_23544614.jpg
ノスリ、本当はケアシノスリが見たかったのです。
Nosuri・Buteo japonicus
c0269342_23550554.jpg
チョウゲンボウ、本当はコチョウゲンボウが見たかったのです。
Tyougenbou・Falco tinnunculus
c0269342_23553188.jpg
ps.探鳥地情報・奥駿河湾

この時期であればウミスズメが陸地から近いところで見れることがあります。
またクロガモ、シノリガモなども湾内に入って近くで見れることがあります。
今日は海が穏やかだったので腕内には珍しい海鳥は居ませんでしたが、海が荒れれば観られるチャンスがあります。

ps.探鳥地情報・浮島ヶ原周辺の田園地帯

チュウヒ、ハイイロチュウヒ、コチョウゲンボウ、コミミズク、ノスリなどの猛禽類が観察出来ます。
数はあまり多くないので、出現頻度は少ないですが、田んぼなので葦原などより観察し易いです。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-02-13 00:05 | Suruga Coast

2015.1.24 猛禽の季節・渡良瀬遊水地・ハイイロチュウヒ、チュウヒ、オオモズ(Season of Raptores)

冬は猛禽の季節と言うことで、昨日は朝霧高原、今日は渡良瀬遊水地に行って来ました。
お目当てはハイイロチュウヒ、コミミズク、コチョウゲンボウでしたが、素人が付け焼き刃の知識で猛禽を探しても全く見付けられませんでした。
野鳥観察の難しさを痛感した2日間でした。

でもとても綺麗な大陸型チュウヒとオオモズが観れたので良かったです。
ついでにツクシガモも探しましたが、こちらは見付けられませんでした。

大陸型チュウヒ
Tyuuhi・Circus spilonotus of the continent type
c0269342_22392564.jpg
綺麗な羽の色を上手く写せません。
c0269342_22393661.jpg
チュウヒは地面に降りますが、大陸型チュウヒは止まる木が近くにあると木に止まります。
c0269342_22395309.jpg
背中の色が綺麗です。もっと近くで撮れれば良いのですが。
c0269342_22403391.jpg
c0269342_22401139.jpg
c0269342_00293812.jpg
チュウヒ
Tyuuhi・Circus spilonotus
c0269342_00321410.jpg
強い夕日が当たるので赤くなってしまいます。
c0269342_22442603.jpg
次々に塒に戻って来ます。日没後は20羽ぐらいのチュウヒが塒に戻って来ました。
c0269342_22450208.jpg
たくさんのチュウヒが50m四方ぐらいの範囲に次々に戻って来ます。同じ場所で寝るんですね。面白いです。
c0269342_00183883.jpg
ハイイロチュウヒのメス。オスは現れてくれませんでした。
ハイイロチュウヒの塒は私が観察していた場所ではなかったです。でも毎日寝る場所が違うのかも知れません。
Haiiro-Tyuuhi・Circus cyaneus
c0269342_22461361.jpg
c0269342_21403561.jpg
チュウヒは10mぐらいの高さで飛んで来ますが、ハイイロチュウヒは葦すれすれで見え隠れしながら飛んできます。
c0269342_22462890.jpg
渡良瀬遊水地小鳥たち。この他にもたくさんの小鳥たちが居ました。
c0269342_08405962.jpg
猛禽たちはそんな小鳥を狙ってここに集まってくるのかも知れません。
c0269342_08411951.jpg
c0269342_08413874.jpg
c0269342_08420201.jpg
渡良瀬遊水地にはオオモズがまだ居ました。
Oh-Mozu・Lanius excubitor
c0269342_22533075.jpg
一度だけ近くに来てくれましたが枝かぶりです。
c0269342_22540027.jpg
飛び出しもお腹側です。背中側の方が良いのですが。
c0269342_22542678.jpg
お気に入りの枝に止まります。
c0269342_22545998.jpg
どんなに離れていてもその大きさと色から存在感抜群でどこに居るのかすぐに分かります。
c0269342_22552508.jpg
c0269342_22554328.jpg
100m以上距離があります。
c0269342_22560611.jpg
朝霧高原のノスリ。朝霧高原ではノスリしか見付けられませんでした。
Nosuri・Buteo japonicus
c0269342_22474876.jpg
c0269342_22473157.jpg
朝霧高原でもカラスに追われていました。
c0269342_22480290.jpg
朝霧高原の田貫湖に居たカナダガン。特定外来種です。首輪が付いてます。
Kanada-Gan・Branta canadensis
c0269342_22503979.jpg
とても人懐っこくて人があると近づいて来ます。
c0269342_22513210.jpg
ps.探鳥地情報・渡良瀬遊水地

さすが猛禽の聖地だけのことはあります。夕方になると次々にチュウヒが塒に戻って来ます。
ただ帰ってくるのは日が暮れてからで、それまでに帰ってくるチュウヒは少ないですね。
オオモズはまだ人気があるようで、今日もたくさんのバーダーが待っていましたが、中々近くには来てくれません。

ps.探鳥地情報・朝霧高原

ハイイロチュウヒもコミミズクもコチョウゲンボウも何も見付けられなかったので報告も出来ません。
今回は道の駅近くの草原以外を重点的に回って見たので、次回は道の駅近くで観察したいと思います。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-01-24 23:04