タグ:ハイタカ ( 4 ) タグの人気記事

2014.1.3 今年も鳥見三昧・葛西臨海公園、権現山・色んな鳥さん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
昨日は葛西臨海公園に、今日は権現山に行ってきました。
葛西臨海公園にはクロツラヘラサギとカツオドリを見に行きましたが見つけることが出来ませんでした。鳥見している人に聞いたところでは、どちらもまだ居るとのことでした。でもかなり距離があるので写真は難しいかも知れません。
権現山では写真は撮れませんでしたが、ミヤマホオジロが居ました。水場にも来ているようですが、今日は来てくれませんでした。

ハイタカ、おめでたいので鷹から
c0269342_20580902.jpg
ノスリとハイタカ
c0269342_20594810.jpg
ノスリ
c0269342_21033897.jpg
ハジロカイツブリ
c0269342_21074744.jpg
c0269342_21081910.jpg
コサギ
c0269342_21093137.jpg
c0269342_21095737.jpg
ズグロカモメ、よく分からずに撮っていましたが、帰ってから調べたら結構珍しいズグロカモメでした。
c0269342_17120414.jpg
蟹を採って食べていました。
c0269342_23332449.jpg

関東では滅多に見れないので、少しだけ珍しい鳥さんの第6段に認定です。
c0269342_23333837.jpg

ジョウビタキ
c0269342_21152095.jpg
c0269342_21150293.jpg
c0269342_21143732.jpg
シロハラ
c0269342_21162100.jpg
c0269342_21172251.jpg
c0269342_21170203.jpg
ルリビタキ
c0269342_21191191.jpg
c0269342_21194188.jpg
ps.今期これまでに観察できた少しだけ珍しい鳥さんを整理しておきます
第1段 ツツドリ・里山公園
第2段 ヨシゴイ・境川遊水池公園
第3段 クイナ・境川遊水池公園
第4段 ミヤマホオジロ・北富士演習場
第5段 コチョウゲンボウ・北富士演習場
第6段 ズグロカモメ・葛西臨海公園


[PR]
by kitachan0123a | 2014-01-03 21:22 | 秦野 権現山

2013.12.7 新しい仲間が来てました・里山公園・カシラカ、ビンズイ、ハイタカ

昨日里山公園に行ってきました。
新しい仲間のビンズイがたくさん居ました。シロハラもちょっとだけ姿を見せてくれました。
カシラダカはまだたくさんいるのですが、藪の中から出て来てくれません。
でもまだ暖かいからでしょうか、冬鳥はとても少ないです。
今日はノスリの代わりにオオタカ→ハイタカが少しだけ顔を出してくれました。

ビンズイ、里山公園にはお初でしょうか。
c0269342_22563168.jpg

落葉の中でビンズイの綺麗な色が引き立ちます。
c0269342_00393421.jpg

地面に降りて一生懸命に餌を探していました。
c0269342_00412608.jpg

ちょっと羽繕い。
c0269342_00400763.jpg

夕日に照らされているので色が赤くなってしまいました。
c0269342_20253430.jpg
枝に止まってくれないかと期待しましたが、そのまま遠くに飛んで行ってしまいました。
オオタカ→ハイタカはカッコイイですね。これから寒くなってくると、会える頻度が高くなってくるので楽しみです。
c0269342_20272064.jpg
カシラダカはまだたくさん居ました。
c0269342_20262124.jpg

[PR]
by kitachan0123a | 2013-12-07 20:28 | 茅ヶ崎 里山公園

2013.10.3 矢倉岳・クマタカ、ハイタカ、ハヤブサ、ミサゴ、ノスリ

今日は満を持して鷹の渡りの観察に矢倉岳に出掛けました。
前回同様早朝出発で意気揚々と矢倉岳頂上へ、今日はすでに何名かのバーダーの皆さんが鷹を待ち構えていました。
台風一過で快晴ではないにしても晴れが見込めること、風向きが渡りに適した東風であること、ここ2,3日は雨で渡りが出来ていないため在庫がたくさんあることなど、渡りの観察に最適な条件が揃っていて期待大です。
「鷹さん何時渡るの?」、「今日でしょ」のノリで期待に胸を膨らませて待つこと数時間、一向に渡りが始まりません。
午後になっても渡りの鷹が1羽も飛んで来ません。次第に雲行きも怪しくなってきたので、今日は諦めて後日再チャレンジすることにして下山、万葉公園に着いて鷹の観察をしている人から、つい今しがた20羽ほどが渡って行ったと聞いて残念と暫くその場で観察しましたが、その後渡りはありませんでした。
鷹は晴れていても暑い時は飛ばないとのことです。今日の暑さは尋常では無かったので、それが原因です。
あらためて野鳥観察の難しさを痛感しました。

でも今日は主役の登場はありませんでしたが、主役級の鷹と名脇役達が友情出演して傷心の私達を慰めてくれました。

以下は友情出演してくれた鷹さんたちです。

クマタカ、立派な成鳥が来てくれました。幼鳥の可愛らしさとは違って、森の食物連鎖の頂点である威厳さえ感じます。
c0269342_19313028.jpg

これだけ鳥の神様のプレゼントをたくさん受け取るとあとが怖いです。
c0269342_19383724.jpg

この時期に頻繁に出没するのは渡りの鷹を狙っているのでしょうか?
c0269342_1940230.jpg

オオタカ→ハイタカ、こちらも渡りの鷹狙いでしょうか?
c0269342_19413178.jpg

ハヤブサ、今日は何度も飛んでくれました。
c0269342_1943364.jpg

c0269342_19475713.jpg

ノスリ、こちらも数回飛んでくれました。
c0269342_19505945.jpg

ミサゴ、背景が良くないです。
c0269342_1952976.jpg


ps.矢倉岳の鷹の渡りの現在の状況
矢倉岳にはここ数年2000羽程度の鷹が渡りで通過しているとのことです。今年はまだ600羽程度のカウント調査状況なので、後1400羽ぐらい通過するのでは無いかと言うことです。
例年ならそろそろ渡りも終盤なので、ここ数日のうちで条件が揃えば大渡になるかも知れませんね。
[PR]
by kitachan0123a | 2013-10-03 19:35 | 矢倉岳

2013.9.29 矢倉岳・鷹の渡り・サシバ、ハチクマ、ハイタカ、ツミ、ミサゴ、クマタカ、ノスリ

今日は鷹の渡りを見に矢倉岳に行ってきました。
一昨日に400近く、昨日は90ぐらい渡ったと言うことで、今日も期待していましたがダメでした。

4時30分に家を出て矢倉岳には7時頃には着いて観察を始めて、2時頃まで居ましたが渡りはサシバが数回渡って行っただけでした。残念ながら期待外れでした。鷹柱も出来ませんでした。渡りの観察は10月始めにリベンジします。

でも渡りではありませんが、色々な鷹が観察出来たので良しとします。これでハチクマとオオタカが見れればオールスター出演だったんですが。よく見たらハチクマいました。

サシバ、丹沢方面から矢倉岳を通過して富士山の南側の裾野を通過して行きます。
矢倉岳の南側を通過してくれれば間近に見ることが出来ます。今年は大半が北側を通過しているそうです。残念。
c0269342_1701036.jpg

c0269342_16585216.jpg

今日は鷹柱は出来ませんでしたが、それでも3羽のサシバが矢倉岳の南東側で上昇気流に乗ってどんどん高く上って行きます。この方角でもう少し矢倉岳の近くで鷹柱が出来ると間近で鷹が見れます。
c0269342_15373293.jpg

省エネ飛行で一直線に渡って行きます。
c0269342_15471421.jpg

中には富士山の手前で上昇気流を使って高度を上げる鷹もいます。良い写真が撮れるかも。
c0269342_1612161.jpg

c0269342_17524037.jpg

ハイタカorツミ、ハイタカはツミとバトルもしていました。
c0269342_15424728.jpg

c0269342_1681578.jpg

ミサゴ、何故か矢倉岳の上空に現れました。今日は鷹のオールスター出演です。
c0269342_1621353.jpg

クマタカ成鳥、前の記事ではお子ちゃまでしたが、立派な成鳥も矢倉岳の上空を旋回していました。→これはハチクマでしたね。
c0269342_15383946.jpg

ノスリ、この写真では判別は難しいですが多分ノスリだと思います。このノスリは渡りの途中だと思いますが、一気に西方向に飛んで行きました。
c0269342_17365565.jpg

矢倉岳からの今日の富士山
c0269342_2242593.jpg


ps.野鳥情報・神川橋のミサゴ
神川橋にミサゴが来ていないか見に行ってきました。バーダーの方が数名居ましたが、今年はまだ現れていないそうです。ミサゴの豪快な狩が見られるのはもう少し先になりそうです。

ps.野鳥情報・早戸川林道
1週間毎に行っていますが、まだほとんど野鳥が居ません。冬鳥が見られるようになるのは10月中旬以降だと思います。

ps.野鳥情報・里山公園
里山公園にも毎週行っていますが、まだほとんど野鳥が居ません。水場には時々キビタキが来てくれますが、他はいつもの留鳥のメンバーです。
[PR]
by kitachan0123a | 2013-09-29 20:39 | 矢倉岳