タグ:ミサゴ(Pandion) ( 2 ) タグの人気記事

2015.10.20 今日の3大スター・葛西臨海公園・ミサゴ他(Today's 3 super stars)

今日は久し振りに葛西臨海公園に行って来ました。
お目当は鳥類園に居ついているフレンドリーなミサゴです。
明日は早朝から出掛ける予定なので、今日は午後から3時間ほどの鳥見です。
鳥類園を一回りするとカメラマンはミサゴ、カワセミ、ヨシゴイの3つのグループに分かれて鳥撮りを楽しんでいました。
差し詰め今日の鳥類園の3大スターと言ったところでしょうか。
スターは他にもオオタカ、クイナ、アリスイなどが日替わりで楽しませてくれるようですが、コンスタントに出演してくれるのは3大スターのようです。

ミサゴ、私が到着した時にはすでに食事の大半を平らげてゲップをしているような状態でした。
Misago・Pandion
c0269342_19111110.jpeg
今日のミサゴ君は動きなしです。仕方がないのでダンスのポーズです。
c0269342_19125805.jpeg
またまた失礼します。糞飛ばしゲーム中。
c0269342_19150017.jpeg
ヨシゴイ、相変わらず開けた場所には出てきてくれません。
Yoshigoi・Ixobrychus sinensis
c0269342_19154777.jpeg
飛び出しが一瞬で写すのが難しいです。
c0269342_19313540.jpeg
カワセミ、やっぱりここのカワセミは近くに来てくれるので綺麗に撮れます。
Kawasemi・Alcedo atthis
c0269342_19240387.jpeg
飛び込み直前のポーズ。
c0269342_19264138.jpeg
お魚ゲット
c0269342_20065700.jpeg
喜びの雄叫び
c0269342_19285536.jpeg
ps.探鳥地情報・葛西臨海公園

この時期はあまり珍しい鳥は期待できませんが、今年はフレンドリーなミサゴが人気者です。
それと夏鳥がまだ移動の時期なのでサプライズがあるかも知れません。
今日は時間が無くてカモは観察出来ませんでしたが、まだ種類・数共に少ないですが、先日東京港野鳥公園に行った時よりは多かったです。これからどんどん増えていきます。
また渚にもシギチドリや水鳥が居るので、3大スターを観て、小鳥を探して、渚で探鳥して1日中観察しても時間が足りないくらいだと思います。


[PR]
by kitachan0123a | 2015-10-20 19:33 | Kasai-rinkai Park

2015.3.28 猛禽も恋の季節・江ノ島・ハヤブサ(The bird of prey is a season of the love, too)

春は猛禽も恋の季節です。ここ湘南でもオオタカ、ツミ、チョウゲンボウなどの子育てが見られるポイントがあります。
今日はハヤブサが毎年営巣する江ノ島に行って来ました。
もともと猛禽はとても神経質で人が近付くような場所では営巣しないのですが、ここでは人が近付けない断崖に巣を作るので、一定の距離を取って観察すればハヤブサは営巣してくれます。

ハヤブサ、飛び出しが撮れました。ちょっとピントが甘いですが嬉しいです。
Hayabusa・Falco peregrinus
c0269342_19445129.jpg
c0269342_19460713.jpg
c0269342_19464497.jpg
c0269342_19481693.jpg
交尾も見ることが出来ました。
c0269342_19492465.jpg
c0269342_19500450.jpg
c0269342_19505264.jpg
今日はゆっくり飛んでくれたので飛翔も撮れました。
c0269342_19522237.jpg
c0269342_19531773.jpg
c0269342_09391636.jpg
c0269342_09430091.jpg
c0269342_10312267.jpg
c0269342_12430448.jpg
c0269342_10313833.jpg
c0269342_21330627.jpg

ホバリングも見せてくれました。
c0269342_19534756.jpg
この場所には時々ミサゴも来てくれます。大きな魚を捕って来ました。
Misago・Pandion
c0269342_19545984.jpg
気が弱いミサゴでトビが来るとちょっと怖がってました。
c0269342_19564953.jpg
イソヒヨドリが盛んに鳴いていました。求愛?なのか、もう営巣しているので警戒で鳴いているのかも知れません。
Iso-Hiyodori・Monticola solitarius
c0269342_19584621.jpg
c0269342_19595837.jpg
ps.探鳥地情報・江ノ島

この時期はハヤブサの営巣が有名です。
猛禽はとても神経質で人が近付けるような場所では営巣しないのですが、ここではこれまで長い時間をかけて地元のバーダーの皆さんとこの地で営巣するハヤブサとの間で築いた信頼関係があるからこそ、ハヤブサは毎年営巣するのです。
今後もこの営巣地を大切に守るためには、地元のバーダーの皆さんが守っているハヤブサの巣と観察場所との距離を必ず守って鳥撮りしてください。
これが守れない人はこの場所には来ないでください。
もう一度書きますが、もともと猛禽はとても神経質で人が近付けるような場所では営巣しません。

地元の皆さんが決めている規制線を越えないように観察してくれるのであれば是非見に来てください。
岩場での観察になるので波の高い日は観察はやめましょう。潮が高くなって来たらすぐ引き上げましょう。
滑るので気を付けましょう。観光の人の通行の邪魔になるような場所では観察しないようにしましょう。

ここに行くには岩場を少し歩く必要があります。
遊歩道などはなく岩を飛び越えたり、大きな岩を乗り越えたりする必要があります。
撮影機材はバックパック型で背負って運べるようにして両手を空けて歩くようにしてください。
そう言う場所なので誰でも行けるわけではありません。念のために書いておきます。

もう一つ書いておきます。
ここで何人ものバーダーが大切な機材を落としたり、水がかかって高価な修理代を払う羽目になっています。
私は波が穏やかな日で、出来るだけ干潮時刻に合わせて出かけるようにしています。
履物や撮影場所には十分注意してください。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-03-28 20:18 | Enoshima Coast