タグ:ミヤコドリ(Haematopus ostralegus) ( 2 ) タグの人気記事

2015.4.3 北帰行に向けて大集結・葛西臨海公園・ユリカモメ

今日は葛西臨海公園に行って来ました。
シギチドリの観察にはちょっと早いのですが、今日は強い南風が吹いて海も荒れれば、珍しいシギチドリが避難するためにやって来るのではないかと期待して行ってみました。
残念ながら渡りのシギチドリは1羽も確認出来ませんでした。

でもたくさんのユリカモメが渡りに向けて集結しているところを見ることが出来ました。
まだ夏仕様の真っ黒頭にはなっていませんが、真っ黒頭になったら渡りが始まります。

集結中のユリカモメ。
Yuri-Kamome・Larus ridibundus
c0269342_20192398.jpg
お散歩コンデジでは暗い曇り空ではモノクロ写真みたいになってしまいました。
c0269342_20255642.jpg
これから長旅です。十分体力をつけて頑張って渡っていってください。
c0269342_20190054.jpg
大集結です。
c0269342_20195164.jpg
段々黒くなっていきます。
c0269342_20262968.jpg
頭が少し黒くなってきたユリカモメ。
c0269342_20201660.jpg
ミヤコドリもたくさん居ました。
Miyakodori・Haematopus ostralegus
c0269342_20203614.jpg
c0269342_20204842.jpg
今日もオナガがたくさん居ました。
Onaga・Cyanopica cyana
c0269342_20210676.jpg
c0269342_20212290.jpg
c0269342_20215146.jpg
アオサギも婚姻色になって綺麗になってきました。
c0269342_20221670.jpg
ps.探鳥地情報・葛西臨海公園

シギチドリが観察できるのはもう少し先になりそうです。
でも、時々珍しいシギチドリが来るので、情報はこまめに収集しましょう。
今日はユリカモメが多分数千羽は集結していたと思います。
私は次回はシギチドリが観察できる4月下旬に行こうと思います。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-04-03 20:31 | Kasai-rinkai Park

2015.2.6 冬の風物詩・船橋三番瀬・ミヤコドリ、ハマシギ、ミユビシギ、ダイゼン、シロチドリ(winter attractions)

今日は午後から船橋三番瀬に行って来ました。
お目当ては三番瀬の冬の風物詩ミヤコドリの観察です。
ミヤコドリは随分前から三番瀬に来ていましたが、私の都合と潮目や天気が合わなくて今日になってしまいました。

今日はちょうどお昼頃が干潮だったことと、干潮時の水位が低いこともあって干潟は大きく拡がっていました。
最初、ミヤコドリが見付けられずに干潟を端から端まで2往復ほど歩いてしまいました。疲れました。
ミヤコドリはこの時期海岸に居る野鳥と比べると結構目立つ配色だと思うのですが、遠くからだと意外に見付けられません。

ミヤコドリ、三番瀬には当たり前のように居ますが、とても希少な野鳥です。
Miyakodori・Haematopus ostralegus
c0269342_20241726.jpg
マテガイを咥えています。丸呑みする鳥が多いですが、ミヤコドリは二枚貝を上手に開いて食べますが、マテガイも上手に中身を取り出して食べます。
c0269342_15130347.jpg
ミヤコドリの近くにはカモメがよく居ますが、ミヤコドリが餌を獲るのを見ていて横取りを狙っています。
c0269342_14054810.jpg
今日は100羽ぐらい居たでしょうか。
c0269342_20245954.jpg
目の虹彩が赤くて真ん中は黒い目です。
c0269342_10384197.jpg
飛ぶととても綺麗です。
c0269342_20230121.jpg
ハマシギ、今日はとてもたくさん居ました。浜はハマシギだらけです。
Hama-shigi・Calidris alpina
c0269342_20270177.jpg
飛翔、1羽が飛び立つと一斉に群で飛び立ちます。
c0269342_20274928.jpg
これで全体の5分の1ぐらいでしょうか。うーん、10分の1ぐらいかな。
c0269342_23054963.jpg
ミユビシギ、ちょこちょこ歩く姿がとても可愛いです。数羽の群で行動しています。
Miyubi-shigi・Calidris alba
c0269342_20284510.jpg
小さな群で行動しています。
c0269342_10404088.jpg
ダイゼン、全体では数10羽ぐらいでしょうか。それぞれが単独で行動していて、あまり団体行動していません。
Daizen・Pluvialis squatarola
c0269342_23044133.jpg
私はよく似ているムナグロと間違えることが良くあります。
c0269342_20294669.jpg
シロチドリ、全体ではこれも数10羽でしょうか。歩くのがすごく早いです。
Shiro-Tidori・Charadrius alexandrinus
c0269342_20303590.jpg
オナガガモ、淡水系のカモですが、海にも居るんですね。
Onaga-Gamo・Anas acuta
c0269342_20332830.jpg
ハジロカイツブリ、得意の潜水を披露しています。小さい体で結構潜水時間が長いですね。
Hajiro-Kaitsuburi・Podiceps nigricollis
c0269342_21005364.jpg
ps.探鳥地情報・船橋三番瀬

この時期は何と言ってもミヤコドリとハマシギの大群ですね。
後はミユビシギとダイゼンが小さな群で居ました。シロチドリが数羽居ました。
カモ類はハジロカイツブリ、スズガモ、オナガガモ、キンクロハジロが居ました。
海が荒れれば珍しいカモも入って来るかも知れません。

三番瀬に来る時は長靴が必須です。
綺麗な写真を撮ろうと思えば、干潟に入らないと鳥にも近づけないし、光の良い位置にも行けません。
でも鳥に近付いていくと、大抵は飛ばれてしまいます。逆に動かずに待っていると鳥の方から近付いてきます。
それに立っているより、しゃがんでいた方が鳥は近くまで来てくれます。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-02-06 20:53 | Sanbanse Coast