タグ:ヤブサメ(Urosphena squameiceps) ( 1 ) タグの人気記事

2015.8.14 地味な仲間たち・山中湖周辺・ヤブサメ他(Quiet friends)

今日も朝田んぼを偵察しましたが何も居なかったので、小さい秋を探しに山中湖に行って来ました。
途中山越えの道はもう肌寒いくらいで、何と道の気温表示は2度になっていました。本当かな。20度の見間違いですかね。
山中湖では演習場と大洞に行きましたが、小さい秋は見つけられませんでした。
でも大洞の水場ではちょっと地味ですが、ヤブサメの水浴びを見ることが出来ました。

ヤブサメ、暗いので写真は綺麗に撮れませんでした。
Yabusame・Urosphena squameiceps
c0269342_20575794.jpg
こんなにじっくりとヤブサメを見たのは初めてです。
c0269342_20583890.jpg
ノビタキ、まだ夏羽ですね。
Nobitaki・Saxicola torquata
c0269342_21023138.jpg
こちらはメスですね。
c0269342_21030694.jpg
キビタキ幼鳥ちゃんです。もう随分大きくなりました。
Kibitaki・Ficedula narcissina
c0269342_21215894.jpg
ホオアカ、子育ても終わったようです。ご苦労様でした。
Hooaka・Emberiza fucata
c0269342_21002579.jpg
ホオジロ?幼鳥ちゃんかな?
Hoojiro・Emberiza cioides
c0269342_21015083.jpg
シジュウカラ幼鳥ちゃん。こちらも随分大きくなりました。
Shizyukara・Parus minor
c0269342_21043727.jpg
ヤマガラ、今日唯一色が付いた鳥さんです。
Yamagara・Parus varius
c0269342_21035701.jpg
ヒヨドリ、こちらも幼鳥ちゃんかな?
Hiyodori・Hypsipetes amaurotis
c0269342_21094064.jpg
ps.探鳥地情報・山中湖周辺

まだ早いですが、冬鳥の渡りは富士山周辺から始まります。宮ヶ瀬湖よりも1,2週間早く冬鳥が飛来します。
今日はそんな冬鳥の慌てん坊が居ないか見に行きましたが、流石にこんなに早くは来ないですね。
今はまだ夏鳥たちがたくさん残っていて、キビタキ、ノビタキ、ホオアカなどが来てくれました。
また幼鳥たちもかなり大きくなっていますが、たくさん居ます。

このコラムに追加します。

先日、演習場の水場に蛇がいました。そんなに大きくないしオタマジャクシを捕まえて食べていたので、あまり気にしていませんでしたが家に帰って種類を調べたら、ヤマガカシと言う毒蛇でした。
噛まれると最悪は死ぬこともあると言うことで、水場で観察する人は十分注意して下さい。
小さい蛇なので近くに居ても気が付かないかも知れません。

この日は3匹が水場に入ってオタマジャクシを食べていました。普段はゆっくりと動いていますが、オタマジャクシを捕まえる時は驚くほど俊敏に動きます。また水面を驚くほどのスピードで進みます。

写真を載せておきます。くれぐれも注意してください。

c0269342_17371385.jpg

ps.徒然・ガソリン代は驚きのワンコイン

原チャリが楽しくて乗り回しているのですが、走り過ぎてもう何度か給油もしました。
今まで乗っていた車は満タンにするのに1万円近くかかっていたのですが、今は何とワンコイン500円でお釣りが貰えます。
同じ距離が走れる訳ではありませんが、何だかとても得をしたような気になります。
走るのも楽しくて今は趣味はと聞かれたら、ツーリングと答えてしまいそうです。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-08-14 21:34 | Lake Yamanakako