タグ:ルリビタキ(Tarsiger cyanurus) ( 3 ) タグの人気記事

2015.5.23 近くて遠い鳥・須走口五合目・ルリビタキ他(The bird that it is near and is far.)

今日は須走口五合目に行って来ました。
今日行った須走口五合目も含めて須走高原はルリビタキの大繁殖地です。
そのルリビタキの巣に托卵するためにジュウイチがここにやってきます。
今日のお目当てはそのジュウイチを見ることです。

小富士までのハイキングコースに入るとすぐにルリビタキが現れます。そしてすぐ近くに来てくれます。
次から次に現れて、もう犬も歩けばルリビタキに当たる状態です。

お目当てのジュウイチはあの独特な鳴き声でハイキングコースのあちこちで鳴いています。
ジュウイチ、ジュウイチと最初はゆっくりと、でも段々早くなって音色も高音になってきて、最後は早口言葉のようにジュウイチを繰り返します。
林の中にたくさんのジュウイチが居る状態を始めて見ました。多分5羽ぐらい居たと思います。
頭のすぐ上でも鳴いています。かなり大きな声です。2羽で鳴き交わし?もしています。

でも姿を見つけてもカメラを構えた途端逃げてしまいます。林の中の後ろ姿を何度も見ましたが、残念ながら写真は撮れませんでした。今日のジュウイチは近くて遠い鳥でした。
でもこんなに間近でジュウイチの声が聞けただけで今日は成果がありました。

梢でさえずるルリビタキ、これは遠くて遠い鳥です。
Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_22320307.jpg
同じくウソ。ウソもここで営巣します。
Uso・Pyrrhula pyrrhula Linnaeus
c0269342_22330495.jpg

同じくカッコウ。ジュウイチと同じく托卵を狙ってやって来ます。
kakou・Cuculus canorus
c0269342_22335163.jpg
同じく?、遠過ぎて何か分かりませんでした。
c0269342_22343961.jpg
同じくビンズイ。ビンズイもここで営巣します。
Binzui・Anthus hodgsoni
c0269342_22354186.jpg
ルリビタキ色々、ハイキングコースに入る前からお出迎えです。
Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_22371620.jpg
c0269342_22374416.jpg
c0269342_14384691.jpg
私の周りで偵察しています。
c0269342_22385700.jpg
c0269342_22394310.jpg
c0269342_18362019.jpg
c0269342_22402798.jpg
c0269342_22414397.jpg
コガラもここで営巣します。
Kogara・Poecile montanus
c0269342_22422788.jpg
ヒガラもここで営巣します。
Higara・Periparus ater Linnaeus
c0269342_22431083.jpg
c0269342_14391912.jpg
ビンズイ
Binzui・Anthus hodgsoni
c0269342_22434125.jpg
夜明け、ご来光
c0269342_22443017.jpg
今日の富士山
c0269342_23052566.jpg
ps.探鳥地情報・須走口五合目

今日はツツドリも居たのでトケン勢揃いです。あっ、ホトトギスは居ませんでした。
森林限界まで行こうと思ったのですが、まだ通行止めだったこともあって今日は行きませんでしたが、森林限界まで行けばカヤクグリ、イワヒバリ、ホシガラスなども見られるチャンスがあります。
幻の滝にやって来る鳥も1時間程待ってみましたが、何も来てくれませんでした。
オオタカが近くを飛んでいたので小鳥たちは近付けなかったのかも知れません。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-05-23 23:09 | Subashiri Trail

2015.2.2 小さな猛禽ハンターモズ・こども自然公園・モズ、ルリビタキ(Small bird of prey)

最近猛禽観察に出掛けることが多いのですが、勝率が低くてストレスが溜まってしまいます。
たまには確実に出会える小鳥を観察することにして、今日はこども自然公園に行って来ました。
お目当ては今シーズンまだ観察出来ていないトラツグミです。

何時ものトラツグミのポイントで待ってみましたが今日も現れません。これで3連敗です。
鳥撮りではこんな事も当たり前なので、作戦を変更して梅ルリビタキを狙うことにしました。
まだ梅はほんの少ししか咲いていないので、ルリビタキは来てくれるのですが、中々花のある枝には止まってくれません。

もう夕方になったのでそろそろ帰ろうとした時、可愛いモズちゃんがすぐ近くに来てくれました。
何時ものように餌を探すような仕草の後、何かを捕まえました。
モズちゃんはお腹が空いていたのか、捕まえてすぐに食べ始めました。
最初は私の方からは反対向きだったので何を捕まえたのか分かりませんでしたが、こっちを向いた時見えたのは、なんと小鳥の体の一部でした。
そうです、モズちゃんはシジュウカラを捕まえて食べていたのです。

モズは小さな猛禽と呼ばれて小鳥も襲うことは知っていましたが、目の前でその光景を見るとは思いませんでした。

今日は可愛い小鳥の観察のつもりでしたが、まだ猛禽観察が続いているようです。

ルリビタキ、梅はまだ蕾です。
Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus
c0269342_19320157.jpg
小さな蕾が付いてます。
c0269342_19331713.jpg
この木の後ろの木にはたくさん花が咲いていました。
c0269342_19341491.jpg
c0269342_19352545.jpg
アオジさんが一番良いところに止まってくれました。
Aoji・Emberiza spodocephala
c0269342_19355709.jpg
モズ、獲物を狙います。
Mozu・Lanius bucephalus Temminck
c0269342_19364607.jpg
残った部分をはやにえしようと枝に刺そうとしましたが、上手く刺さらないので食べちゃいました。
c0269342_19375554.jpg
可愛い顔です。これからシジュウカラを襲うモズちゃんです。
c0269342_22554616.jpg
ps.探鳥地情報・こども自然公園

梅はまだほとんど開花していませんが、もうすぐにでも開花しそうな蕾がたくさんあります。
梅絡みの写真はもう少し先の方が良さそうですが、今でも花が咲いている木もあるので狙っても良いですね。
梅の木には色んな小鳥が来てくれますがルリビタキも来てくれます。今日はメスだけでした。オスも来てくれるのでしょうか。
気紛れなトラツグミは今日も姿を見せてくれませんでした。

ps.探鳥地情報・朝霧高原

朝霧アリーナ周辺の農場や草原などを道路から観察して来ました。
チュウヒやハイイロチュウヒは数カ所で確認しましたが、写真が撮れる良いポイントが見つかりません。
コミミズクは農大農場付近を観察しましたが見つかりませんでした。
観察時間と時間帯が良くなかったので、夕方じっくり観察すれば居るかも知れません。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-02-02 19:44 | Kodomo-Shizen Park

2015.1.5 今日は幸せの青い鳥デー・こども自然公園・ルリビタキ(Happy blue bird)

昨日はこども自然公園に行って来ました。
この時期会いたい鳥のトラツグミに会いに行きました。
独身時代、甲子園口にある社宅に住んでいた事もあって、バリバリの阪神ファンの私にはとても愛着のある鳥さんです。
こども自然公園には初めて行きましたが、観察できる種類がとても多く、猛禽のツミも住んでいると言うことなので、それを支えるしっかりとした生態系もあるので、観察場所もたくさんあります。
残念ながらトラツグミは出て来てくれませんでしたが、鳥撮り歴50年のベテランバーダーさんに公園の見所をたくさん教えて頂いたので、トラツグミのリベンジも含めてまた行きたいと思います。

I went to a Komodo-Shizen Park yesterday.
I went to meet a Tora-Tsugumi(Zoothera dauma)of the bird which I'd like to meet this time.
Tora-Tsugumi(Zoothera dauma)is the bird which feels attached to me of Hanshin fan very much.
Hanshin is a professional baseball team and a mascot is a tiger.
Tora-Tsugumi(Zoothera dauma) is the design of the tiger.
I went to a Komodo-Shizen Park for the first time. There are very much kinds which can be observed, and Hawk also lives, so there is also a reliable ecological system with which that's supported.
Unfortunately Tora-Tsugumi(Zoothera dauma) had not appeared, but you told many interesting places of a park to Mr. expert Bader. I'd like to go.

ルリビタキ、とてもフレンドリーなルリビタキ君が出迎えてくれました。
Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus、Friendly Ruri-Bitaki・Tarsiger cyanurus, you met.
c0269342_09293757.jpg
c0269342_09314500.jpg
c0269342_10121144.jpg
たくさんのバーダーの皆さんに囲まれても平気です。
Even if it's circled by a lot of man, he doesn't feel afraid.
c0269342_09332063.jpg
c0269342_09310570.jpg
c0269342_09322399.jpg
帰る時もお見送りはこの彼です。来た時よりバーダーが増えてました。大人気です。
When I return, seeing off is this he. A spectator was increasing more than the time when I have come. Very popular.
c0269342_09302428.jpg
c0269342_09375911.jpg

ps.徒然・私のオリンピック

私が来たる2020年の東京オリンピックで探鳥地の案内のボランティアをしようと思った理由を書きます。

1964年の東京オリンピックの時、私は小学校の低学年でした。
田舎の貧乏な家だったので勿論観に行くことは出来ませんでしたが、子供心にでも日本選手の活躍を胸躍らせながら観ていたことを覚えています。
その時、オリンピックに出てやろうと思ったかどうかは覚えていませんが、この歳になってもう一度日本でオリンピックが開催されるにことになって、今度は是非参加したいと思うようになりました。

参加すると言っても選手は当然無理なので何かボランティアをすることにして、まずは英会話の勉強を始めました。今でも続けてはいますが、これはこれでなかなか身に付かず、未だに満足できる成果には至っていません。
不得意な英会話を勉強しながら、どうせボランティアをするのであれば、得意な分野で貢献したいと考えた結果です。

極めて単純な理由ですが、歳をとっても夢や目標は必要と思って、段々根気が無くなる年齢ですが頑張ることにしました。

ps.Boredom・Feelings to Olympics

The reason that I thought I volunteered for a guide in a bird-watching place by Tokyo Olympic Games in this coming 2020 is written.

At Tokyo Olympic Games in 1964, I was lower grades of an elementary school.
It was a poor house in the country, so I couldn't go to see Olympics, but I remember that an achievement of a Japanese player was being seen though I made heart leap.
Then I don't remember whether I thought I participated in Olympics.
I came to think but I'd like to participate in Olympics this time

I decide to volunteer, and I have begun to study English conversation.
I thought I'd like to contribute in the field at which I'm good if I volunteered, while studying weak English conversation.

It was a very simple reason, but I thought a dream and a target were necessary even if I got the year, and it was the age by which the perseverance is disappearing gradually, but I decided to exert myself.

ps.徒然・いつの間にか日本語の勉強に

英語化に取り組んでから記事を作るのにかなりの時間がかかるようになりました。
テレビドラマで人気作家が締め切りに追われているシーンを観ますが、少し分かる気がします。

最初は翻訳サイトを使えば原稿はすぐに出来ると思っていたのですが、意図する英文になりません。
翻訳サイトを変えても同じです。
原文を変えたり、文章の順序を変えたり色々試してみて分かりました。翻訳サイトの問題ではなく、元の日本語が悪いので翻訳出来ないと言うことです。

英語化しながら、ついでに日本語も勉強している今日この頃です。

ps.マナーを見つめて・悲しい事

久し振りにマナーを見つめてのコラムです。
先日アリスイの公園でテープが流されて、驚いたアリスイが逃げて、しばらく帰ってこなかったことをブログで見ました。
私がブログで掲載した直後だったこともあって、ブログを見て出掛けてきた人かも知れないと思って、とても悲しい気持ちになりました。
私のカメラ撮影の師匠のSさんからもブログは書くなと言われます。
私が迷惑を掛けていないと思っていても、迷惑を受けている人が居るよと言われます。

私のブログを参考に探鳥地に出掛ける人はお願いですからマナーを守って楽しく鳥見してください。
無責任に思えるかも知れませんが、私が出来ることはブログでこう書くしかありません。
インターネットでバードウォッチングのより良い情報収集や活用を進めるためには、バーダーがマナーを守ることが必須です。

ps.探鳥地情報・こども自然公園

閑静な住宅街にこんな自然のままの環境があるのが不思議なぐらいの公園です。
この時期はたくさんの種類の冬鳥が来ています。
都市部の公園でもよく見られるルリビタキ、ジョウビタキ、シメ、アオジ、カシラダカなどは勿論、今シーズンはウソやイカル、ミヤマホオジロも居るようです。トラツグミも毎年越冬しているようです。
林や葦原、池もあって池にはカワセミも来るので、カワセミファンのバーダーもたくさん居ました。
ツミも水浴びに来るという薄暗い小川もあって、ここも撮影ポイントの一つです。
梅園はこの公園の名所の一つで梅絡みの写真も撮れると思います。
広場の一角にある大きな木のうろには様々な鳥たちが水を飲みにやって来ます。

[PR]
by kitachan0123a | 2015-01-06 12:15 | Kodomo-Shizen Park