人気ブログランキング |

2014.7.16 富士山は快晴・須走口五合目・ルリビタキ、ビンズイ、ノビタキ、ゴジュウカラ

今日は須走口五合目に行って来ました。五合目はこれ以上無いと言うくらいの快晴でした。
前回は富士宮口五合目に行ったので、今度は吉田口五合目に行って奥庭山荘にも行きたいと思います。
須走口五合目は標高2000mと五合目の中では1番低いのですが、登山道は森林になっていることや、小富士と言う丘があって、そこまでのハイキングコースも森林を通って行くことで高山森林の野鳥が観察出来ます。
今日はルリビタキ、ミソサザイ、ゴジュウカラなどを観察しました。

ルリビタキ、今日は鳥友さんとご一緒させていただいたのですが、鳥友さんがルリビタキの巣を見付けてくれました。
邪魔にならないようにそっと覗かせていただきました。巣の中には大中小2羽ずつ合計6羽居ます。
c0269342_20174630.jpg
c0269342_18080321.jpg
小富士までの道中でゴジュウカラが子育てしてました。
c0269342_20203540.jpg
c0269342_18071569.jpg
目が合っちゃいました。
c0269342_20213837.jpg
逆立ちも出来るよ。
c0269342_20223043.jpg
ビンズイ、梢から梢を飛び交いながら盛んに鳴いていました。縄張りの主張でしょうか?
c0269342_20253987.jpg
c0269342_20264382.jpg
ノビタキ、幻の滝への道中でノビタキが子育てしてました。
c0269342_20275334.jpg
今日の富士山、快晴です。月も出ています。双眼鏡で微かに見える登山道にはたくさんの人が居ました。
c0269342_20584751.jpg
箱根・丹沢方向でしょうか。少しガスがかかって墨絵を見ているようです。
c0269342_21001432.jpg
ps.探鳥地情報・須走口五合目
標高が2000mなので、カヤクグリやイワヒバリなどを見るためには登山道を1時間ぐらい登る必要があります。
その途中や小富士へのハイキングコースでは森林に住む小鳥が観察出来ます。
また幻の滝への道中や幻の滝でも野鳥が観察出来ます。ただ、滝の流れている時期でないと野鳥はあまり来ないようです。
富士山五合目の鳥見と言えば奥庭が有名ですが、登山道を森林限界辺りまで登って高山の風景の中での探鳥もたまには良いのではないでしょうか。
登山客の皆さんと一緒にちょこっと登山気分も味わって、雄大な景色も見れてとても爽快な鳥見です。
但し、ちょこっとと言っても登山は登山なので平地での鳥見に比べたらはるかにきついです。しっかりした準備と無理をしないことが大切です。

ps.観察情報・餌を与える順序
今年は雛を見る機会が何度かありました。親鳥が餌を与える場面も見ることが出来ました。
その時に感じたことですが、親鳥は餌を1番大きな子に優先的に与えているような気がします。
人間の親なら兄弟で分け隔てなく餌を与えるのだと思いますが、鳥はまず1番早く巣立ち出来そうな子をまず巣立ちさせるためにそうしているのだと思います。
子育ても終了するまでいつも無事でいられるとは限りません。自然界では天候や外敵など常に危険と隣り合わせです。
子孫を確実に残すためのリスクマネージメントが適切に機能していて、生き残る確率も高くなる理にかなった戦略です。
優柔不断の経営者よりもよっぽどしっかりしています。
鳥さん達のこんな行動を見るにつけ、流石何億年も進化を続けている鳥類の偉大さを感じてしまう今日この頃です。

by kitachan0123a | 2014-07-16 20:35 | Subashiri Trail
<< 2014.7.19 Favor... 2014.7.15 シーズン到... >>