2014.11.9 冷たい雨・富士山・マヒワ

今日は雨の予報でしたが、どうしてもハギマシコをもう一度見たいと思って富士山に行って来ました。
午前中から雨で車で待機。午後から雨が止んだので2時間だけのチャンスです。
でも今日はマヒワが一度だけ来てくれただけでハギマシコは来てくれませんでした。
15時頃になると、冷たい雨が降ってきて、やがて雪に変わっていきました。
雪が積もるともう行けなくなるので、ここでのハギマシコ観察はこれで最後になるかも知れません。
今回私が見たハギマシコは300羽を超える群だったので、多分今年は富士山周辺の公園や丹沢辺りでもハギマシコが観れるのではないでしょうか。とても楽しみです。

マヒワ、先日撮った写真です。背景が白いのはガスが出ているからです。
c0269342_19573467.jpg
これもガスの背景です。
c0269342_19581196.jpg
c0269342_21144499.jpg
顔が髭のおじいさんみたいです。
c0269342_19583932.jpg
紅葉背景です。
c0269342_19591013.jpg
マヒワが食べているのはミヤマハンノキの実?種?です。
c0269342_19595851.jpg
c0269342_20004644.jpg
今日唯一撮れた写真。全体の1/3ぐらいがフレームに入っているので今日は100羽ぐらいの群れですね。
c0269342_20012031.jpg
ps.マナーを見つめて・素直な気持ちで

このコラムの意味と言おうか目的と言おうかを少し書きます。

野鳥観察のマナーは日本野鳥の会などのHPにも載っていて、誰でも理解できるごく常識的なことだけです。一度読めばすぐに理解できると思います。
バードウォッチングを趣味にしている人はほとんどが大人で、わざわざマナーの解説や講釈をするまでもありません。
でも実際はどうでしょう。大の大人が頭では解っているマナーを守れていない姿をよく見かけます。
特に鳥撮りの場所ではマナーが守られていない場面をよく見かけます。
なかなか出てこないお目当ての鳥が出てきた時などは我先にとマナーもへったくれもありません。
私はこの醜い光景が大嫌いです。

でも頭では解っている、分別のある大人が何故マナーを守れないのでしょうか?
私がこのコラムを書いているのは、その分別のある人達にマナーについてもう一度考えて欲しいと思っているからです。
マナーを見つめてと言うタイトルはそう言う意味を込めています。

さて偉そうに講釈しましたが、私もマナーを守っていないことがあります。
そんな時、面識のない人にも注意されたりします。

この趣味の仲間の特徴は、私もそうですが人見知りが結構多いということです。
そんな人はあまりお話が上手ではなくて、注意する時もつっけんどんで、そんな言い方をしなくてもと思うような時もあります。

でもよく考えてください。
人見知りの人が勇気を出して注意してくれているのです。
この歳になって家族以外で注意してくれる人なんか居ませんよ。注意してくれる人はとても貴重な人です。
こんな人達の言うことを聞かないでどうするのですか。
人間誰しも間違いは犯します。気付かずにマナー違反をしている時もあります。

そんな時、貴方は素直な気持ちで人の注意や忠告を聴いていますか?

[PR]
by kitachan0123a | 2014-11-09 20:11 | その他
<< 2014.11.12 山は紅葉... 2014.11.8 待ちぼうけ... >>